過去ログ

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

大津支部 南比良同友の森に看板を設置しました!!

ファイル 682-1.jpgファイル 682-2.jpgファイル 682-3.jpgファイル 682-4.jpgファイル 682-5.jpg

26日(土)春の雪が積もる比良の麓で「南比良同友の森」の看板を設置しました。

昨晩から降り出した雪が5センチ程度積もり、ノーマルタイヤでは現地に入れずスタドッレスタイヤ+4輪駆動
の軽トラックで現場まで搬入しました。また雪と寒さなど結構厳しい天候の中での作業になりました。
しかしさすがに同友会のメンバーです。㈲神山建設の神山君がセメントや砂など資材の搬入をしてくれ、伊藤源の伊藤さんが
4トントラックで登山道入り口まで運搬、松井建設の松井君が手際よくセメントを練り足元を固めてくれました。
看板を担当してくれたアドバンの浜本君が木目を活かしたデザインに仕上げてくれました。
まさしく同友会のチームワークでまさしく地産地消の丸太看板ができました。
当日は南比良生産森林組合の役員さんもお手伝いをいただき、一緒に作業ができ喜んでいただきました。

その後場所を替えて、来年度の内容も話すことができました。

以下、パートナー協定企業(企業名のみ)ご紹介です。
         (順不同・敬称略)
1.㈱アドバン 2.㈱村田自動車工業所 3.㈲ミキ
4.㈲神山建設 5.滋賀労働事務相談所 6.㈲西常商店
7.㈱ピアライフ 8.ジャパン・エンカレッジ・コミュニケーション
9.㈱大津建材センター 10.野々口石油㈱ 11.㈲山村組
12.近江化成工業㈱ 13.洛東化成工業㈱ 
14.㈲サンエイ電設 15.㈱伊藤源 16.㈱川下造園
17.㈱辻井造園 18.㈲乾工作所 19.松井建設㈱
20.湖南精工㈱ 21.オーパル・オプテックス㈱
22.㈱坂田工務店 23.㈱あぐり進学 
24.税理士横井昭次事務所 25.岸本特許事務所
26.㈲ビルド・アップ 27.㈲エスワンコーポレーション
28.㈱比叡ゆば本舗 ゆば八 29.㈱リニアティ
30.㈱SION 31.飯野会計事務所 32.㈲豆藤
33.㈱BSCウォータースポーツセンター
34.桑野造船㈱ 35.㈱ナカテック 
36.つじくら司法書士事務所 37.ひらの事務所
38.㈱江口測量設計事務所 39.滋賀県中小企業家同友会 

(記:坂田 徳一氏 ㈱坂田工務店 代表取締役)

大津支部 『2010年度伸びる会社になるための経営基礎講座』の第6講が開催されました!!

ファイル 677-1.jpgファイル 677-2.jpg

3月24日(木)、大津支部の『2010年度伸びる会社になるための経営基礎講座』の第6講がびわ湖大津館で行われました。
「経営者に求められる基本姿勢」というテーマで、村田自動車工業所社長の村田健二様にご講義いただきました。

村田氏の講義では、一見難解で理解しにくいと思われる部分でもびんびん伝わってきます。おそらく、学びによって得られた確かな知識に、地道な実践によって得られた実体験が結びついて、そこからの訴えかけがあるからではないでしょうか。

前半は「中小企業における労使関係の見解」の読み合わせをしました。
今回の震災・長引く不況等、いかに環境が厳しくとも経営を維持、発展させ、縁あって採用した社員の生活を守る責任を果たすこと。
社員のことを対等なパートナーとして、心の底から大切にし、理解しようとする。そのバロメーターとして
・就業規則があること。
・社員と経営者のコミュニケーションが良好なこと。
・経理の公開
などがなされていることなどを学びました。
加えて、利益や会社の維持発展、社員の雇用はもちろん大切ですが、現代社会ではやりがいを見つけて社員と共有することの重要性が増しているということです。
中小企業憲章ができたからといって、すぐにそんな世の中になるのではなく、同友会や各企業がそういう世の中になるようにつとめていくのが大切であると教えていただきました。

後半は、村田氏が2代目社長としてスタートを切られたところから、現在までのご苦労と成長をお聞きしました。
最初、先代と比べられ、社員とうまくいかなかったこと。
同友会に入ったときのオリエンテーションで、他では言えない悩みを聞いてもらえたこと。
経営指針を創る会で、経営者としての軸を育てていったことなどの具体的な体験談は、参加者の心を大きく揺さぶるものでした。

経営指針書ははじめ自分ひとりで創り発表していた時はうまくいかないことが多くあったが
現場のことを一番しっている社員と創り、具体的計画、具体的とりくみに落としていくことでいのちが入り、
今回7回目の更新を行ったとのことでした。
経営指針書の重要性と、創る会の内容の濃さに改めて気づいた参加者も多かったのではないでしょうか。

村田氏が言われるように、今回の講義は各論の基礎となるもので、シリーズの最初に置いて、経営者の心構えを持つようにするとさらによいように感じました。
また、経営指針を創る会の重要性も再認識するよい機会にもなりました。
多くの学びを与えていただいた村田氏に改めて感謝いたします。

経営基礎講座も第7講を残すのみとなりました。
4月21日(木)の大津支部総会がそれにあたります。
受講生の全員参加で完了を迎えられればと思います。
(記:中尾文男氏 ジャパン・エンカレッジ・コミュニケーション代表)

大津支部3月例会が開催されました!!

ファイル 662-1.jpgファイル 662-2.jpgファイル 662-3.jpg

2011年3月17日、大津支部3月例会がびわ湖大津館にて開催されました。
2社の企業PRタイムの後、県の副代表理事である金森弘和氏(㈱冨久や代表取締役)に、「二代目の苦悩を乗り越え、夢と喜びのある職場作りへ!~企業発展型の継がせる側、継ぐ側の考え方~」というテーマで報告していただき、会員・ゲストを含む21名が参加しました。
冨久やの二代目として生まれ、自宅と会社が隣り合わせの中、自然に継承へのレールが引かれるも、そのレールに乗るのがイヤで先代と反発しあう日々。素直に向き合えない時期は、先代が亡くなるまで続きました。そして35歳の若さで事業継承。認められるための原動力を、先代を越える業績をあげる事だけにしたため、経営改革をコンサルタント任せにしてしまい、そんな中、労働組合が組織される。待遇改善を求めるのではなく、職場の人間関係悪化が、会社そのものに問題があるという理由で。いかに自分が会社と向き合ってなかったかにようやく気づく。さらに、その頃同友会に入会し、全国行事に参加する中で、先輩経営者に諭され恥ずかしい思いも。そして同友会で出会った理念経営を実践し始め、「自社の弁当が、お客様の活力に」「お客様の活力は、会社を良くし地域を良くする」「地域が良くなれば、日本も良くなる」つまり「冨久やの弁当は日本を支える弁当」という思いで、経営されるほどに。それでも今なお、「何のために経営しているのか」「本物の経営者になっているかを」繰り返されているとの事でした。継承者への熱いエールもいただきました。
グループ討論では、継がせる側、継ぐ側が本音で討議し合い、お互いの思いを理解し会えたと思います。支部報告では、青木支部長より、この度の震災の被災者・被災企業への義援金のお願いもあり、支援はもちろんのこと、我々も元気な日本の復興のために、自社の発展を誓い合いました。(記:西村 常博 (有)西常商店 取締役)

大津支部 2010年度伸びる会社になるための経営基礎講座 第5講 開催しました!!

ファイル 642-1.jpgファイル 642-2.jpgファイル 642-3.jpg

2010年伸びる会社になるための経営基礎講座も後半に入りました。

第五講は西谷和夫氏(西谷経営技術研究所所長)の「売り上げアップ・収益アップ・マーケティングはこう進める」。2月22日(火)びわこ大津館で開講されました。

通常は5時間かけてする内容を2時間にまとめていただきました。講義の内容は実際に参加して聞いていただきたいので、タイトルと実習のいくつかをご紹介致します。

まずタイトル。

「会社の目的」「社長の報酬」「社長は儲けに集中せよ」「会社繁栄のステップ」「経営の仕組みをつくる」‥(以下多数)‥です。西谷氏はパワーポイントとホワイトボードを巧みに用いて説明されます。それぞれコンパクトにまとめられています。特に図表のわかりやすさ、豊富さが印象に残っています。

次にワーク。現状を打破するには、業界の常識、会社の文化、自分の考えをブレイクスルーする必要があります。やっていただいたワークには、頭を柔軟にし、現状を打破していくヒントがあるようです。

ワークの一例

・6ヶ月で売り上げを2倍にする。どんな策を実行しますか?

・銀座の一等地にネイルサロンを出店するには(お金は全くなし)

講義だけではなく、実際の体験を通して、気づきを得ることができるようになっていました。業種・立場はそれぞれですが参加者それぞれの学びの機会となりました。また、同友会以外の参加者が三人いらっしゃいました。ワークの一つに名刺交換を伴うものがあり、新しい出会いの演出にもなっていました。

 西谷様ありがとうございました。

 参加者のみなさんお疲れ様でした。

(記:ジャパン・エンカレッジ・コミュニケーション 中尾文男)

大津支部2月例会 ご報告

ファイル 636-1.jpgファイル 636-2.jpgファイル 636-3.jpg

大津支部2月例会は2月17日(木)午後6時15分から午後9時までびわ湖大津館で開催され、当日は会員・ゲスト等を含め46名が参加しました。
今回の例会は、東京同友会より奥長弘三氏(㈲コンサルタント朋友 代表取締役)をお招きし、「小さな会社だからこそできる~中小企業の魅力と可能性~」と題し学びました。
奥長先生は、全国の同友会の「経営指針作成」に深く関わってこられ、また滋賀同友会の経営指針成文化セミナー(現:経営指針を創る会)の講師を務めて頂いていました。

日本の中小企業では、労使が共に成長して、働きがいのある状況をつくっていく必要があり、労使見解の精神を自社にいかすことが求められています。
さらに近年の経済(社会)変化にふれ、強いモノが勝つ規制緩和(市場万能主義)、により格差が急速に進みました。しかしその流れが現在大きな転換期を迎えています。それは、世界的に中小企業に対する期待が増大しています。(EU小企業憲章やアメリカの中小企業政策)また日本でも昨年6月は「中小企業憲章」が閣議決定されました。
その中で、どのような地域社会を創るのか、私たち中小企業は期待に応えなければなりません。そして同友会でうまれた成功事例(愛媛のドレッシング等)を教えて頂きました。

全社一丸体制になるには、各自がばらばらでは出来ません。リーマンショックまでは、経営理念を共有するだけで良かったのですが、現在ではそれだけでは不十分です。
今は経営指針(経営理念・経営方針・経営計画)が求められています。経営理念で、自社の存在意義を明確にし、経営方針で中期(3~5年)の目指す目標をはっきりさせ、経営計画で役割分担を明確化する「全社一丸体制」が求められています。とまとめられました。

その後の懇親会は会員の明治亭(http://www.meijitei.jp/)さんに会場を移し、講師を囲んで経営課題について語り合いました。

次回大津支部例会は3月17日(木)18:30~びわ湖大津館にて、「2代目の苦労を乗り越え、夢と喜びのある職場作りへ~企業発展の継がせる側、継ぐ側の考え方~」のテーマで金森弘和氏(㈱冨久や 代表取締役・滋賀同友会 副代表理事)より事業承継について学びます。

大津支部 経営基礎講座第4講「会社をめぐる法の基礎知識Ⅱ~会社法の基礎・取締役の責任問題~」開催しました!!

ファイル 627-1.jpgファイル 627-2.jpgファイル 627-3.jpgファイル 627-4.jpg

去る1月21日(金)の午後6:30から、大津支部 2010年度伸びる会社になるための経営基礎講座 第4講がびわ湖大津館で開催されました。
 今回のテーマは「会社をめぐる法の基礎知識Ⅱ~会社法の基礎・取締役の責任問題~」と題し、滋賀第一法律事務所の玉木 昌美氏より報告を頂きました。
 
保証の問題では、保証人ではないのに請求される(親族だからという理由で)場合があることや、過払い金の返還要求や請求書と事項についても学びました。
また、一番多い紛争である債権の回収についても、押さえておくべきポイントが多数有り、少しの配慮が大切だと気付きました。さらに手形の裏書き問題や新会社法についても学ぶことが出来ました。
今回はいずれも実際に問題となったケースを紹介して頂くことで、いずれも自分の身近な問題としてとらえることが出来ました。
 次回は2月22日(火)18:30~びわ湖大津館において、第5講「売り上げアップ・収益アップ マーケティングはこう進める」のテーマで西谷和夫氏(西谷経営技術研究所 所長)より学びます。
 現在スポット参加を受け付け中です。詳しくは同友会事務局竹林(TEL:077-561-5333 e-mail:info@shiga.doyu.jp)までお問い合わせ下さい。(記:同友会事務局 竹林竜一)

大津支部12月例会が開催されました

ファイル 618-1.jpgファイル 618-2.jpgファイル 618-3.jpgファイル 618-4.jpgファイル 618-5.jpg

「同友会と共に歩んだゆば八の経営~ゆば八の経営~」

2010年12月16日、大津支部12月例会が開催され、会員ゲストを含む32名が参加しました。会員である琵琶湖汽船㈱川戸常務の協力で、ビアンカ船上にて3部構成で行われました。
第1部は、大名刺交換会と企業PRコーナーと題しまして、通常の例会の名刺交換では話し足りない部分を補っていただく時間を設けました。今回は、かなり以前からの会員と、新しい会員が多かったので、新旧の交流が出来たようです。また、企業PRコーナーでは、ぜぜ社労士事務所の牧氏と㈱TAF広房の嶋本氏に企業PRしていただき
ました。
第2部は、大津支部会員の㈱比叡ゆば本舗ゆば八の八木幸子代表取締役に「同友会と共に歩んだゆば八の経営~ゆば八の経営~」というテーマで報告していただきました。
内閣府から「女性のチャレンジ賞」を受賞するまで活躍されている八木氏ですが、事業継承は、ご主人の急逝による突然のこと。そこで、限られた命、悩んでいる時間がもったいないと一念発起。「念ずれば夢かなう!」の信念のもと、メディアを有効活用した「比叡ゆばブーム」を国内外に発信されました。その間、どんな困難な時でも「ありがとう・大丈夫」を愛(合)言葉に乗り越えられ、また転んでもタダでは起きない精神もお教えいただきました。
同友会においては、全国行事の重要性を力説していただき、全国の経営者とのネットワークづくりや、そこでの学び・気づき・幸せづくりの実践を報告いただきました。
第3部は、望年交流会を行いましたが、「船上パーティー」でしたので、普段の交流会と違ってセレブな気分も味わえました。会員企業から出していただきましたビンゴの景品も、ミシガンのランチクルーズの券から、仰木の棚田米まで多岐にわたっており、大変盛り上がった交流会になりました。
第1部、第2部、第3部が船内の別々の会場でしたので、普段乗ることの出来ないビアンカを堪能することも出来て、大変楽しい望年例会になりました。
(記:(有)西常商店 西村 常博)

大津支部 経営基礎講座第3講「会社をめぐる法の基礎知識Ⅰ~労働法の基礎~」を開催しました!!

ファイル 607-1.jpgファイル 607-2.jpgファイル 607-3.jpg

大津支部
2010年伸びる会社になるための経営基礎講座
 ~これだけは知っておきたい経営のイロハ~
第三講 ”会社をめぐる法の基礎知識Ⅰ ~労働法の基礎~”
 「採用から退職までの法律問題、賃金体系、就業規則他」が
12月9日(木)クリスマスイルミネーションも美しいびわこ大津館で行われました。

そもそも「就業規則」は何で作るのか。それは従業員に見せることになる。
憲法に例えれば、その「前文」ともいえる経営者の思いを入れることで、
オリジナリティが出るとともに従業員に対して説得力を持つものとなる。
このようなわかりやすい比喩や実際に起きた実例を、
パワーポイントの各画面ごとに入れていただき、
初心者にもわかりやすい内容にかみ砕いて伝えていただきました。

以下、項目を列挙致します。
「労働法とは?」…労働法という法律はなく、労働関係法令の総称
「経営規則とは?」…労使双方の信頼の上にたった『納得』『理解』が必要
「採用決定後の提出書類」…最近ではあまり提出を求めない書類もある
「試用期間」…何ヶ月くらいが妥当か。また、「場合により延長する」旨の一文を入れておく
「割増賃金」…実際に計算してみました
「管理監督者の範囲」…あの有名なハンバーガーチェーンであった実例
「慶弔休暇」…誤解を生まないように作っておく
「休暇」…起算日、繰り返し等について明確に
「セクハラ」「パワハラ」…その他のハラスメントについても
「懲戒(始末書・顛末所)」…事実関係を認めてもらうところが大切
「退職」…欠勤が一定以上続いたときのルールがポイント
「不利益変更」…労働契約内容変更では「合意原則」が大切
等、経営者側が気をつけること。トラブルになった時にどうリスク回避するか。
労働法をよく知った上で、日頃から準備をしておくことが大切であることを伝えていただきました。
(記:中尾文男)

大津支部 第1回「南比良同友の森」森林づくり活動ご報告

ファイル 608-1.jpgファイル 608-2.jpgファイル 608-3.jpgファイル 608-4.jpg

「比良の森林を知る~歩いて・見て・味わい・楽しむ~」が一二月四日(土)午前九時から午後二時まで開催されました。
当日はAコースとBコースに分かれて活動をしました。   
Aコースでは、ゴミ袋を片手に、比良駅前からの清掃トレッキングを楽しみました。道中、山道に差しかかると突然増えるゴミと不法投棄の多さに愕然。持っていたゴミ袋が一瞬で満杯になりました。またBコースでは、現地の清掃活動と、看板用の丸太の伐採と搬出体験を行いました。
「木材価格の下落や山村の過疎化・高齢化により「放置された人工林」は大きくなりすぎ、光も届かない森林になります。鹿等の影響もあり若木や下草が育ちにくい状況になります。その結果、土が剥き出しの状態となり、山の貯水能力がなくなり、大雨で土壌流出という災害につながり、それが琵琶湖にながれ、悪影響を及ぼします。この山の現状では、植林ではなく、間伐が大切になります。出来るところからスタートし、本来の山の姿である針葉樹と広葉樹が混在する状態(針広混交林)にしていきましょう」と坂田氏より山の現状について報告を頂きました。以前は、薄暗かった山でしたが、間伐された直後の山は、時折まぶしい光が差し込めるまでになっていました。
その後、山桜の記念植樹を行いました。
南比良生産森林組合の中村理事長より、南比良を取り巻く歴史と文化について説明を受けた後、昼食では豚汁と朽木産鹿ハムに舌鼓をうち、第一回目の活動を終了しました。
(記:同友会事務局 竹林竜一)

大津支部 経営基礎講座第2講「経営者に必要な企業を守る保険の知識」

ファイル 589-1.jpgファイル 589-2.jpg

経営基礎講座 第2講「経営者に必要な企業を守る保険の知識」
講師 株式会社リニアティ 代表取締役 山口雅史 氏
11月11日(木)午後6時30分から約2時間、『企業を守る保険の知識』についての講義が琵琶湖大津館にて行われました。
 今回は23名が出席され、保険の定義、歴史から、経営者が知っておくべき保険の知識まで幅広く学びました。
 保険というのは、知っていそうで全然知らないもので、保険のルーツは、古代バビロニアまでさかのぼるそうです。商人が借金をして買った商品などが盗賊により損害を受けた場合に、その借金を返さなくていいという制度があり、リスクの移転という保険思想の源流であったようです。
 歴史に始まり、続いて保険の定義です。マーネスという人の言葉で「万人は一人のために、一人は万人のために」の精神に基づく制度が保険であると、つまり相互扶助の制度であるということでした。
 前半の講義も中盤となり、ここでクイズが出てきました。交通ルールに関してのクイズでしたが、思ったよりも難しく、全問正解された方は1、2名という結果になりました。知っているようで知らないことが多いのだと、みなさん思い知らされたようでした。。。
 後半は、リスクの対策についての講義でした。自分の力による対策の基本として、リスクマネジメントがあり、その基本手順として、①リスクの発見、特定、算定、②評価、③リスク対策の選択、④定期レビューというステップがあるようです。
 最後に防災上のアドバイスとして、車上あらしが増えてきている現状において、少しでも被害に遭わないために、いくつかのポイントを教えていただきました。
 自社を守るため、自分自身の身を守るため、保険を知り、リスク対策の重要性を再認識した2時間でした。
 次回第3講は、12月9日(木)、『「会社をめぐる法の基礎知識Ⅰ」労働法の基礎』をぜぜ社労士事務所、牧伸英所長よりご講義いただく予定です。
(記・辻倉)

ページ移動