過去ログ

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

「滋賀でいちばん大切にしたい会社」パート1を発表いたしました。

滋賀県中小企業家同友会組織活性化委員会では、5月13日(木)午後6時から開催された第32回定時総会にて「滋賀でいちばん大切にしたい会社」パート1を発表しました。

当日は、坂本光司法政大学大学院教授を迎え「日本でいちばん大切にしたい会社~人を大切にし、大切にされる会社~」をテーマにした記念講演が行われましたが、その前段で、坂本先生もお迎えした席上で発表を行いました。

坂本先生も講演の中で「経営とは5人の永遠の幸せを実現するための活動であり、企業とはその場である」ことを強調。5人とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「顧客」「地域住民」「株主・関係者」であり、そのことを追求している企業こそが正しい経営であり結果として業績を伸ばしていること。5人の永遠の幸福を追求するからこそ経営者が変わり、英知を持って自立型企業となり、財務体質を強化(自己資本比率を50%にする)することができること。口先だけで社員を大切にすると言いながら、何年たっても業績が向上しない会社は本当に正しい経営をしようとする姿勢が経営者にないからだと手厳しく提言されました。
また「滋賀同友会がいち早くそのことに気づき、滋賀でいちばん大切にしたい会社を認定する活動を始めたことは大変立派なこと」だとはなされ、紹介された3社を近い鬱に訪問するとお約束もしていただきました。有り難うございました。

滋賀でいちばん大切にしたい会社パート1はこちらよりご覧下さい。
ファイル 486-1.pdf

「中小企業憲章」の人気

選挙ネタをもう一つ。

今回の総選挙で民主党はそのマニフェストに「中小企業憲章の制定」を上げています。これはH19年の参院選挙マニフェストに続いてですが、政権交代も予想される状況の中で、このマニフェストの持つ意味は大きなものがあります。

共産党も同様に「中小企業憲章」制定を公約に掲げていますが、とりあえず政権により近いと思われる民主党の案を見ると、『「次世代の人材育成」「公正な市場環境整備」「中小企業金融の円滑化」などを内容とする「中小企業憲章」を制定する。』と有ります。あれっ、たったそれだけですか?

ここには私達、中小企業家同友会がその40年に及ぶ実践の中で築き上げてきた「中小企業憲章」の本質=多様な地域ニーズの顕在化、社会的発言力の強化、中小企業省の設置、大企業の役割、ダイバシティ労働力との共生、1次産業との連帯、企業家精神の普及、伝統技術の継承・発展など多くの課題が全く省みられていません。

「中小企業は日本経済の根幹である」(憲章草案・第一次案・内部検討用)と言う根本的な精神も希薄だと言われてもしょうが無いのではないでしょうか。

民主党殿!もしこのまま貴党が政権政党になられて、民主党版「中小企業憲章」を制定されたとしても、日本の産業や中小企業の再生は成就しないと思います。是非、地域の中小企業と懇談・協議の場を持ち真に日本経済や地域経済の発展につながる中身を伴った「中小企業憲章」を目指してください。

もし、そうでなければ民主党版「中小企業憲章」は制定されない方が良いと、言わねばなりません。

また、民主党が議会で多数派となっている自治体では「中小企業振興条例」(憲章の自治体版)を制定して下さい。これに対する取り組みが消極的では、このマニフェストも説得力を持ちません。

今、日本経済は歴史的にも大変重要な局面であると言えます。是非、「現場の声」を聞き、「現場の力」を活かす政治を目指してください。

もし、あなた方が政権政党になったとしたら、その後の民主党殿の実行される事を私達中小企業家は重大な関心を持って見ていることを忘れないようにしていただきたいと思うのです。(M)

責任を取れ!?

ファイル 315-1.jpg

この不況の中、多くの企業が倒産に追い込まれています。そんな中ちょっと気になる話が・・・

「金融機関からお金を借りる場合、代表者は必ず保証人となります。代表者である以上、自分が経営している企業と一体となって、しっかり経営を行い、しっかり利益をあげ、しっかり返済してほしい、ということです。そして企業が返済できなくなったら、代表者は保証人として、しっかり責任をとる、ということになります。ここに異論はないでしょう。」(株式会社フィナンシャル・インスティチュートのメルマガより)って、異論あります!

前半はその通りでしょう。しかし後半は完全に違うと思います。

事業に失敗はつき物です。計画経済で無い限り利益を上げる企業と、経営に失敗する企業が必ずあります。今日の勝者が明日の敗者であることも珍しくありません。破綻する企業は、破綻させようとしてそうなっているものではありません。金融機関はその「貸し倒れリスク」に対して金利を取っている訳です。しかも借主は担保まで入れています。

アメリカでは、もし返済不能になっても差し出した担保以上の債務を借主に負わせることは無いと聞きます。

また日本でも、表のように巨額の借入金ほど代表者の個人保証を求められていません。金融機関は小額の、そして力の弱い企業ほど個人保証を求めているのが現実です。

その結果、倒産で個人破産した経営者で再起業を実現したのは13.7㌫(H14年中小企業白書)。アメリカの再起業率が50㌫前後であるのと比べると圧倒的に低いのが現状です。

日本の個人保証制度は金融機関の優越的地位の濫用に当たる疑いもあります。間違った、悪しき世界の非常識“個人保証”を是非、なくしましょう!我が社も個人保証はしない主義です。(M)

中同協第41回定時総会に参加して参りました

ファイル 297-1.jpg

7月9日10日と東京・椿山荘で開催された中同協第41回定時総会に出席してまいりました。ことしは中同協40周年となっており「40年誌」が配布されました。特に同友会理念の進化をテーマにまとめられており読み応えがあります。また「中小企業憲章草案」も発表され、これから滋賀同友会でも「憲章」の意義、中身の学習・論議が求められます。現在の「グローバル恐慌」のすさまじさは、我々経営者に自社だけの努力では限界があることを再認識させました。地域で他の中小企業と連帯の輪を広げ、地域経済を再興しつつ「憲章」の精神を国家産業振興の指導理念として広く普及することが求められています。この時代にふさわしい具体的提案を発信する同友会の先進性・主体性に改めて感激しました。分科会は「会員増強運動の実践交流」分科会に参加しました。サブタイトルは「役員と事務局の意思統一こそ組織前進の要」とあり、その具体的な実践報告がなされました。G討論でも半数が各地同友会の事務局長で、厳しい労働環境に負けず志を掲げて奮闘しておられる姿に感動いたしました。しかし、同時に会勢を強固なものにする事が自社と地域と、そして運動そのものを強化していく唯一の道なのだということも改めて認識させていただきました。ある同友会の事務局長が感極まって涙しながら話される姿に、同友会運動の清新性、純粋さを垣間見てなにか清清しい思いになりました。仲間を増やす取り組みは、ある意味同友会運動そのものであると改めて教えていただけた分科会でした。(M)(写真は夜の東京タワー。ビューティフル!)

滋賀同友会第30回定時総会開催概要決まる~記念講演は横石知仁氏((株)いろどり副社長)に。

第9回理事会(1月9日開催)で、第30回定時総会の概要が審議決定しました。今から参加のご予定を、宜しくお願い今します。

ファイル 96-1.jpg基調講演には、地域循環型の新しい滋賀県経済を担う中小企業・自営業の進む道のヒントとなるように、横石知仁氏((株)いろどり副社長)をお招きしました。ご期待下さい。

1.[事業名]
 滋賀県中小企業家同友会第30回定時総会
2.[事業目的]
 2007年度の活動内容を総括しての教訓から、2008年度の活動方針を決定します。地域経済活性化の担い手となる強じんな同友会づくりをめざし、理念型経営の更なる普及と実践そして典型事例の創出、全員参加型の支部活動で、会員相互の絆づくりと仲間づくりを行い、2010年度に1200名(組織率10パーセント)を実現するため同友会活動を会の内外へと発信する場とします。
3.[実施日時]5月14日(水)16:00~20:45
4.[実施場所]クサツエストピアホテル
5.[参加費 ]会員:参加費無料 会員外は有料(金額未定)
6. [実施プログラム]
 第1部:総会議事 16:00~17:10
 第2部:セレモニー・記念講演 17:30~19:00
 第3部:懇親会  19:20~20:45
7.[講師]
  横石知仁氏 (株)いろどり 代表取締役副社長
■1958年9月28日生まれ 1979年3月徳島県農業大学校卒業。
■同年4月上勝町農業協同組合へ営農指導員として入社。
■1981年以降16年連続して農産物の売り上げを伸ばす。
■1986年彩を開発し、1991年特産品開発室長に就任。山の資源を生かした商品開発で全国的な注目を浴びる。
■1996年4月上勝町に転籍。産業情報センターと株式会社いろどりの責任者として彩をはじめ、特産品の企画販売を行う。同年高齢者が使える情報ネットワークシステムを開発。
■2002年4月より役場を退職派遣で株式会社いろどりの取締役。
■2005年5月代表取締役副社長に就任。
■2005年4月放送の奇跡体験アンビリーバボーでは過疎と高齢化に悩む町を再生させた再現ドラマが放送された。
■テレビ、雑誌、新聞等多数
■2007年7月「News Week(日本版)」世界を変える社会起業家100人に選出される。

滋賀同友会プロモーションビデオをWeb公開しました

滋賀同友会プロモーションビデオを公開しました。通信環境に最適なファイルでご覧ください。
http://www.shiga.doyu.jp/info_pr_video.htm

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ