記事一覧

高島ブロック8月例会が開催されました。

ファイル 541-1.jpgファイル 541-2.jpgファイル 541-3.jpgファイル 541-4.jpgファイル 541-5.jpg

8月9日(月)18:30より高島ブロック8月例会が安曇川町泰山寺の150年の古民家を移築して造られた田舎暮らし体験施設「風結い(かざゆい)」にて18名の参加者で行われました。

報告者は、28歳の若さで(株)澤村の代表取締役、山里暮らし交房「風結い」を運営する「結びめ」の代表をされている澤村幸一郎氏。『“風結い”から学んだ人が集う魅力ある地域づくり』というテーマで報告を頂きました。

まず助言者の坂田徳一代表理事(坂田工務店)からは「今までの大手企業による売上げ競争原理が本当に良いのか?これからは共存しながら繁栄する地域づくりが必要では?その為には同友会を通じて良い仲間づくり・環境づくりを」その一つのかたちがこの風結いとの紹介を頂き、報告が始まりました。

(株)澤村は昭和25年に澤村氏の祖父が建築設計の工務店を創業、現在では総合建設業として幅広い事業展開をされています。
年々減少する公共工事に対する危機感から地域に根ざした住宅建築を中心とする組織体制へと転換します。しかし、土木と違う部分で生き残りをかけるという強い思いと建築にこだわる社員達と共に個々の目標を設定、時には1泊かけて全社員と研修を行ってきた事で、その中から会社の進むべき道が出てきたそうです。
(株)澤村の社員はノルマという言葉には強い反発があるそうです、目標とすることでポジティブに向き合えるんだとか。

澤村氏の中では“やりがい”という言葉がキーワードだそうです。
20歳の時に父親である社長が余命半年と告げられ、家に戻る事を決意しますが、社長は大学を卒業させ暫く修行をさせるなど澤村氏を不安にさせない様にしていたそうです。そして家業に戻ったある日、社長からパソコンの中にある社員80名のスケジュールを見せられます。それを見ながら「社長の仕事は面白くはない、社長の仕事は頭を下げる事、謝る事とお願いする事しかない。しかしそんな仕事でも多くの社員を背負っている、そんな社員にやりがいを持たせられたら、これほどやりがいのある仕事はない。」と教えられたそうです。そして25歳で経営者になります。

“時代によって求められるものは変わっていく”80歳を超える祖父である会長が「当たり前と思うな、変わらないといかん。」という言葉をよく使われるそうです。それはダーウィンの進化論でも言われている賢いものや強いものが残るのではなく「変われる」ことこそが重要ということを、身を持って体験されていたからでしょう。

時代の変化でコンクリートから人への様に木材も見直されています。(株)澤村では5本の柱を持ち3:2の勝利の法則があるそうです。5つの事業を行い3事業採算が取れれば後の2事業新しい事に取り組めるというものです。例えば、周囲から見れば公共事業が伸びている時代に単価の安い木造住宅建築という大手はまず手を出さない事業に取り組み、お荷物と言われようが笑われようが自社の誇りや熱い思いを持ち続け、今の公共事業低迷期に住宅事業で物件数を飛躍的に伸ばし、勝利事業になっているそうです。これからも時代のニーズを先取りし育て、時代の変化に順応した会社が求められていくのでしょう。そして、自分たちが街を創れると現在、高島市内で「環の街」創りにも着手しています。

また「結びめ」という都会から自然が豊かな高島に移住してもらおうという取り組みが坂田さんはじめ安曇川流域森と家づくりの会メンバーとのひょんな出会いの中から始まったそうです。
都会からの移住を支援し、地域共生、地域産材の利用を目指して活動をしています。
田舎暮らし体験では、ちまきづくりをしたり自分で家を建てる体験などして、家を建てる大変さを知ったり、今までイベントをしても建てたお客さんが来られる事はなかったのに、この活動では、お土産を持参してやって来られる。人と人との繋がりの大切さを学ばれたそうです。

グループ討論では報告をふまえて「自社を発展させていくために、あなたは地域の中で何をしていますか?」のテーマで3つのグループに別れてディスカッションを行いました。

参加者からは「やりがいは社員の成長と教わり実践される若き経営者の姿に熱意を感じた。」 「自分の課題でもあるなと思うことが盛り込まれていた、楽しんで仕事をしていきたい。」 「自分の信じた道を計画的に長い目で実行して行く勇気を持って行こうと思いました。」 「人とのふれあい、人との繋がりの重要性がわかりました。」「澤村社長の熱意と志に感銘を受けました。」など多くの感想が寄せられました。

今回、新入会員さんの川原林弘康さん(川原林工務店)、ゲスト参加の高木誠一郎さん(高木農園)にも良い学びの場になったようです。川原林さん、今後も積極的にご参加下さい!高木さん、ぜひ入会して一緒に学びあいましょう!そしてこの高島をみんなで盛り上げて行きましょう!    (M.F)