記事一覧

2010年度龍谷大学理工学部学外実習生合同受入研修会が行われました

ファイル 552-1.jpgファイル 552-2.jpgファイル 552-3.jpgファイル 552-5.jpg

 滋賀県中小企業家同友会新産業創造委員会と(協)HIP(ヒップ)滋賀が主催する龍谷大学理工学部学外実習生合同受入研修会が8月23日(月)午前10時から午後5時まで龍谷大学REC滋賀ホールで開催され、滋賀同友会会員企業18社で実習する34名の学生と、受入企業から18名の計52名が参加しました。

 坪田明新産業創造副委員長を司会に開会。大日常男新産業創造委員長は「今年で11回目になる学外実習の合同研修です。働くことを疑似体験し、仕事の現場を体験することで会社とはどんなものかを知っていただきたい。ネット社会になり要領よく人生を送ろうとする風潮がありますが、働く中で苦労をいとわないという姿勢が人生成功の基礎になることを学んで欲しいと思います。」と開会の挨拶を行いました。
 龍谷大学を代表して内田欣吾学外実習委員長(龍谷大学教授)からは「学生の諸君、学外実習という貴重な体験を通して学び、就職やこれからの人生に活かしてください。同友会の皆様、大変にお世話になります」とご挨拶を頂戴いたしました。
 この後実習生と受入企業全員が自己紹介し「よろしくお願いします」と元気良く挨拶を交わして講義をスタートしました。
 第1講は「学外実習で学んで欲しいこと」①「中小企業立国」のDVDを鑑賞し、「Think Small First・地域経済と中小企業」をテーマに、廣瀬滋賀県中小企業家同友会専務理事が問題提起しました。
 「中小企業立国」DVDでは戦後焦土と化した日本の復興を侍史・自立の精神で担った中小企業家の熱い思いと、2度のオイルショックを経て「私たちは悪徳商人にはならない」宣言をし、「国民や地域と共に歩む」同友会理念を確立してきた経過。一昨年のサブプライムローン破綻を景気にした金融危機と戦後最大の不況を総括し、中小企業こそが地域経済の担い手であり、中小企業振興を経済政策に中心に据え、中小企業振興条例、中小企業憲章の実現で、中小企業立国を作り上げようと提起しました。
 廣瀬専務は、リーマンショックの影響により特に日本の打撃が大きくなってしまった経緯とヨーロッパ小企業憲章を紹介しながら、「何でもかんでも競争ですませる市場競争原理の社会ではなく、多様な人々や企業、経済面では小企業のことを一番に考え大切にされる共生型の社会こそがこれからの地域振興に欠かせません。多国籍化する大企業の国際競争力をさらに強くする政策では、富は国内で循環しません。日本が、人間らしく生きることを保証された真の先進国となる為には、中小企業が主役となる経済構造の実現による地域づくりが必要です。皆さんもThink Small Firstな生き方を」と中小企業家同友会全国協議会が2003年から政府に提唱し今年閣議決定された中小企業憲章を紹介しながら問題提起しました。
 昼食後は午前の問題提起を元に「地域経済を元気にするために必要なこと」をテーマにグループ討論を行いました。
 第2講は「思うは招く~夢があれば何でもできる~」のテーマで4月13日に東近江支部総会での㈱植松電機 植松努専務の講演DVDを鑑賞した後、「あなたの夢はなに」をテーマにグループ討論を行いました。
 グループ発表では「どうせ無理という言葉をついつい言ってしまいますが、その言葉が夢を壊してしまうということに気づき驚きました。」「プロ野球選手(野球関連の仕事)になる、化学を勉強していて消防用の実用的で軽い難燃性の繊維をつくる、世界一周旅行をする等の意見が出て、その夢のために努力していることを聞いて勇気づけられました。」「夢を持つことは勇気がいることで、夢に近づいていこうという姿勢(自分に自信を持ち、否定的な考えをしない)が大事であり、日頃からできるだけ自分の夢を意識して行動することが大切だと思いました。」「大学であきらめかけた事や、努力もせずに無理と決めつけていたことにもう一度チャレンジしようと思いました。」と発表されました。

合同研修を終えた学生のレポートからは
①学外実収に臨む姿勢として「自分の夢、将来にかけるものを掴む重要な気づきの場」であることを知り、実習に取り組む意欲を高めていただけました。
②グループ討論では、これから一緒に研修を受ける仲間や企業の経営者や社員のみなさんと直接討論することが大変新鮮で楽しく、今後の就職活動の為にもなると感じていただけました。
③中小企業に対する理解とイメージが大きく変化しました。中小企業が企業の圧倒的多数であり雇用の担い手でもあり、大企業が多国籍化する中で地域雇用やきめ細かいサービスを担う中小企業の存在こそが人間らしく生きることが出来る地域に欠かせないことについて受け止めてもらえた様です。
 これから3週間、修了研修の9月10日(金)まで実習が続きます。
 最後に、全員が「有り難うございました」とお礼を交わして合同研修を終了しました。(実習担当:A・T記)

==学外実習修了研修ご案内==
対 象 実習生全員 受入企業の会員と担当者
日 時 9月10日(金)13:30~17:00
会 場 龍谷大学REC小ホール
報告者 魚谷未夏さん JICA滋賀デスク(国際協力推進員)
テーマ「世界とのつながりから考えよう~学ぶこと・生きること~」
※ケニアで青年海外協力隊員として活躍された魚谷さんから、自分たちの暮らしが世界とつながっていること、広く高い視点で物事を考えることの大切さをお話しいただきます。未来を担うみなさんに、是非聞いて話し合ってほしい内容です。
※実習受入企業以外の皆さんの参加も歓迎します。事前に滋賀同友会事務局までお申し込み下さい。
滋賀県中小企業家同友会
TEL077(561)5333
FAX077(561)5334