過去ログ

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

滋賀県信用金庫協会との懇談会が行われました。

ファイル 631-1.jpgファイル 631-2.jpg

 滋賀県信用金庫協会との懇談会が2月3日(木)午前10時半から正午まで滋賀中央信用金庫本店で行われました。
 滋賀県中小企業家同友会(以下、滋賀同友会)からは蔭山孝夫代表理事(滋賀建機(株)会長)、金森弘和副代表理事((株)冨久や代表取締役)、廣瀬元行滋賀同友会専務理事、大原学滋賀同友会事務局長、朽木弘寿滋賀同友会事務局員が訪問。西島喜紹長浜信用金庫理事長、松尾一仁滋賀中央信用金庫理事長、大西和彦湖東信用金庫理事長にご対応をしていただきました。
 蔭山滋賀同友会代表理事から中小企業憲章制定と中小企業振興基本条例の制定の取り組みが報告され「行政と金融の皆さんあげて地域中小企業が元気になる取り組みが、滋賀県を元気にします」と挨拶。西島長浜信金理事長は、増税ではなく地域経済対策をして税収アップが王道。緊急保証で倒産は減ったが廃業が増えている。地域振興のために旗を振る人間が必要。信金は地域金融として絶対に必要。目先の金利優遇でぶれない経営姿勢を強調。
 意見交換では、中小企業で働く従業者80パーセントの賃金が上がってこそ、地域経済が活性化する。そのためには中小企業の仕事づくり、経営再建支援が必要。中小企業憲章の精神で金融の円滑化を図ることなどを話し合い「どうしようもなくなってから相談に来られても打つ手がない。信金は中小企業の経営再建に知恵も汗もかく。早く相談に来てほしい」と強調されました。(M・H) 

日本政策金融公庫大津支店との懇談会が行われました。

ファイル 628-1.jpgファイル 628-2.jpgファイル 628-3.jpg

日本政策金融公庫大津支店との懇談会が2月2日(水)午後2時から3時まで公庫大津支店にて行われました。
滋賀県中小企業家同友会(以下・滋賀同友会)から蔭山孝夫代表理事(滋賀建機(株)会長)、坂田徳一代表理事((株)坂田工務店代表取締役)、大日常男副代表理事(山科精器(株)代表取締)、青木孝守理事((株)あぐり進学代表取締役)廣瀬元行滋賀同友会専務理事が訪問し、日本政策金融公庫大津支店 津島功支店長(中小企業事業統括)、鈴木智博総括課長、久野暢国民生活事業融資
課長にご対応をしていただきました。
蔭山代表理事より、社員の幸せや地域の繁栄を大切にする理念型の経営を進める若手経営者や後継者の育成に努めていること。昨年度は金融安定化法と緊急保証が功を奏して中小の倒産に歯止めが掛かっているものの、事業の再生や将来展望がなかなかつかめない状態であること。大企業の海外展開の下で、いまここの仕事はあっても、製造業の危機は根本的には変わっていないこと。今こそ中小企業憲章の精神で国家的に中小企業育成が必要であり、滋賀県も中小企業振興基本条例を制定して現場目線の施策立案が重要であると挨拶。

津島支店長から中小企業の育成を旨とする政府系金融機関として公庫のご紹介があり意見交換。

県内企業が回復し先が見えているところと、リーマン前の7割にも回復しない厳しいところとの二極化が進んでいる状態、その違いは経営者の強い意志と経営指針経営実践。脱下請けで医療分野に道を拓いている経験、地域の未利用資源を活用する中小企業や福祉分野との連携、規模の拡大を追求せず自社の事業領域を見直し深めニッチな市場で勝負する戦略、東アジア市場を視野に入れた戦略など、
同友会会員企業が取り組んでいる事業も紹介。経営指針経営による全社一丸の体制と、行政、金融機関からの応援が合ってこそ成果が生まれると懇談しました。(M・H)

商工中金大津支店との懇談会が行われました。

ファイル 625-1.jpgファイル 625-2.jpg

(株)商工組合中央金庫(以下・商工中金)大津支店と滋賀県中小企業家同友会(以下・滋賀同友会)との懇談会が2月1日(火)午前10時から商工中金大津支店で開催されました。
滋賀同友会からは蔭山孝夫代表理事(滋賀建機(株)会長)坂田徳一代表理事((株)坂田工務店代表取締役)廣瀬元行滋賀同友会専務理事、大原学滋賀同友会事務局長が訪問。商工中金大津支店の富家正彦支店長、諸橋賢太郎次長と懇談しました。
蔭山代表理事より「中小企業の景況は大変厳しいのですが、滋賀同友会は600名の会員を維持し、全国の同友会でも組織率は第8位という高いポジションにいます。それは、理念型の経営を実践する若手経営者の育成に力を入れているからです。経済評論家の内橋克人さんは、理念経済を説いています。市場があれば日本を離れてどこにでも出てゆく儲け一主義の経営から、地域の暮らしや社員の幸
せを経営の目的として経済活動を進めることです。このことに早くから着手してきたからこそ、滋賀同友会の今があります」と組織の状況を紹介。昨年6月に閣議決定された中小企業憲章と、滋賀県中小企業振興基本条例制定に向けた動きも報告しました。

この後意見交換。

滋賀県を外から見ると、大手製造業の存在と関連中堅中小企業の堅実な状況、製造業以外でも琵琶湖を取り巻く地域ごとに特色のある物産、素晴らしい自然環境があり、地場産業でも後継者が育っていることなど魅力があること。しかし、現場で内側にばかり目を向けているとその魅力を実感できないこと。滋賀は豊かであるがゆえに危機感が弱く外部発信が弱いのではないか等、実際に地場産業と百
貨店が取り組むブランドづくりの事例も交流しながら話し合いました。
また、従業者数20名以下の中小零細企業が全体の90%を占め、事業承継では4割が課題を抱えており、企業の2極化が進んでいいることも紹介され、セーフティーネット保証が終了する前の対策として、必要な資金手当を進めていることなどもご紹介をしていただきました。

東近江支部「ネットビジネス研究会」が開催されました

1月27日午後6時30分から、東近江支部ネットビジネス研究会が開催され6名が参加しました。

今回は東近江支部3月例会で報告予定の「サクラス」さんの第一回リハーサルを行ないました。

寝具メーカーの下請け縫製工場ですが、単価も数量も低下していく中で後継者の村山社長は前途に希望が見出せません。

しかし、同友会や偶然であった新しい素材に触発され、それまで全く未経験だったインターネットでの販売を始めます。分からない事だらけでしたがNetBiz研の仲間達に教えてもらったり教えたりしながら、今では年商2000万円に手が届くところまで来ました。

今では会社の利益はほとんどネットビジネスで出すように成長してきました。次回もう一度リハーサルを行いより分かりやすい報告にしたいと思います。

その後、当研究会の新しいサービス「工場さんドットコム」の事例を作るための打ち合わせを行ないました。

次回は2月21日開催の予定です。

滋賀銀行との懇談会が行われました。

ファイル 622-1.jpgファイル 622-2.jpg

 滋賀銀行との懇談会が1月27日(木)午後4時から5時まで滋賀銀行本店で行われました。
 滋賀県中小企業家同友会(以下・滋賀同友会)の蔭山孝夫代表理事(滋賀建機(株)会長)、坂田徳一代表理事((株)坂田工務店代表取締役)、青木孝守理事((株)あぐり進学代表取締役)井内良三理事(
(株)タオ代表取締役)坪田明理事(大津発條(株)代表取締役社長)、永井茂一理事((株)ピアライフ代表取締役)廣瀬元行専務理事、大原学事務局長、朽木弘寿務局員の9名が訪問。滋賀銀行の
大道良夫頭取、磯部和夫専務取締役、井上康彦常務取締役、西澤由起夫常務取締役、衣斐孝芳調査役と懇談しました。
 まず、蔭山滋賀同友会代表理事は昨年6月閣議決定された中小企業憲章と、嘉田知事が昨年11月県議会定例会で表明された中小企業振興条例の制定について紹介。「大企業の業績回復が地域経済に波及しない状況で、中小企業の活力を引き出すことこそが産業振興の柱です。滋賀同友会は行政、金融機関の皆さん一体となって、中小企業振興に努めたい」と挨拶。
 大道滋賀銀行頭取は、景況改善といわれる中でも、地方と中小企業の厳しさは一層深刻であり、輸出型企業の持ち直しも海外移転で先行き不透明と強調。「ビジネスモデルを見直し、企業の維持継続のお手伝いにお役立ちしたい」と挨拶されました。
 このあと、一昨年12月から昨年12月までの条件変更の状況、企業格付けとコンサルタント事業、顧客とのリレーション強化、エコノミックガーデニングによる地域振興、NPO法人などコミュニティービジネスへの金融支援などについて意見交換を行いました。
(M・H記)

滋賀県信用保証協会との懇談会が行われました。

ファイル 620-1.jpgファイル 620-2.jpg

 滋賀県信用保証協会との懇談会が1月24日(月)午後1時半から2時半まで保証協会にて行われました。
 滋賀県中小企業家同友会(以下・滋賀同友会)からは蔭山孝夫代表理事(滋賀建機(株)会長)、坂田徳一代表理事((株)坂田工務店代表取締役)、宮川卓也副代表理事(宮川バネ工業(株)代表取締役)、永井茂一理事((株)ピアライフ代表取締役)、上田誠理事((株)植杢専務取締役)廣瀬元行専務理事、大原学事務局長が訪問し、保証協会の北村邦彦専務理事、氏原義美常務理事、森良雄常勤理
事、奥村久一郎経営支援室長、清水秀男業務部長、田中武彦総務部長、木下茂樹総合企画部長、平尾則之総務課長にご対応をしていただきました。
 廣瀬滋賀同友会専務理事が進行を担当。蔭山滋賀同友会代表理事と北村保証協会専務理事にご挨拶を頂戴し、保証協会レポートの概要説明を受けて懇談を開始。
緊急保障制度が今年3月で打ち切りとなったあとの借換保証、中小企業の事業承継と個人保証、中小企業振興基本条例による中小企業支援の内容、小規模企業の保証協会活用、保証付融資借換の際の保証料負担、中小企業の延命ではない企業再建等々について意見を交わしました。
 最後に、坂田滋賀同友会代表理事から「中小企業憲章では中小企業を初めて社会の主役であると政府が宣言しました。主役であるならばそれにふさわしい扱いと自助努力もが必要。経営環境は厳しいが、それを愚痴るのではなく、創意工夫、自助努力と仲間とのつながりで自力で路をきり拓くしかない。そういう企業を今後も強力に支援していただきたい」まとめ、懇談会を終了しました。(
M・H記)

第34回きょうされん全国大会inしが 第2回実行委員会が開催されました

ファイル 621-1.jpgファイル 621-2.jpgファイル 621-4.jpg

第2回実行委員会が開催されました

 2011年10月22日(土)・23日(日)[第1回実行委員会報告では22日(金)~23日(土)となっていました。]に大津市内で開催される『第34回きょうされん全国大会 第2回実行委員会』が開催されました。
 
 1月22日(土)午後2時より「コープぜぜ 2階ホール」で開催された第2回実行委員会には、作業所関係者を中心に50名の出席があり、滋賀同友会からは大会実行委員長に就任された蔭山 孝夫 代表理事、矢島 俊行 ユニバーサル委員会々委員長、高橋 信二 副委員長、廣瀬 元行 専務理事、竹林 竜一 事務局員の5名が参加しました。


「発達保障」50周年にあたって

―「個人」「集団」「社会」の発達は、「よい経営者」「よい会社」  「よい経営環境」をめざす同友会の目的と同じ!!―

 実行委員会は、蔭山実行委員長の開会挨拶に続き、「ミニ学習会」が行われました。報告者は、加藤 直樹 きょうされん滋賀理事長・立命館大学教授で、テーマは「発達保障 50周年にあたって」でした。 
 加藤氏は、近江学園を源流とし、我が国の障害者福祉の父と呼ばれる 故 糸賀 一雄 氏が唱えた有名なテーゼである「この子らを世の光に!」は理念そのものであり、真の人権保障を謳ったものである。その理念を実証し理論的根拠を導き出した 故 田中 昌人 氏の「発達保障論」は、「障害の有無に関係なく、到達速度は違えども人間としての成長過程は皆同じである」と解説されます。
 その発達のフィールドは、「個人」「集団」「社会」の発達の系であるとし、各系が緊密に連関していく事が大切で、とりわけ「集団の発達の系が個人の発達の系や体制(社会)の発達の系を民主的に発達させていく上で重要な位置にあり,集団の系が解体するとき、個人の系や体制の系の発達も実現していかなくなる」と話されます。
 会員の皆様には、この言葉の「個人」を「経営者」に、「集団」を「会社」に、「体制」を「経営環境」に読み替えてみては如何でしょう。

第3回実行委員会にむけて

 大会事務局より、
  ①実行委員会の組織状況 ②大会テーマの素案 ③企画案 ④スケジュール等の報告と提案がありました。
 課題は、事務局、専門部会等で論議を積み上げ第3回実行委員会で論議される事になりました。
 同友会では、引き続きユニバーサル委員会を軸に大会への参加について協議をすすめて参ります。
 なお、次回実行委員会の「ミニ学習会」は同友会がチューターを務める予定です。
 閉会にあたり、小野 幸弘 大会副実行委員長(北近江支部会員・運営委員)より閉会挨拶がありました。

 次回 第3回実行委員会は、2011年3月に開催される予定です。

大津支部 経営基礎講座第4講「会社をめぐる法の基礎知識Ⅱ~会社法の基礎・取締役の責任問題~」開催しました!!

ファイル 627-1.jpgファイル 627-2.jpgファイル 627-3.jpgファイル 627-4.jpg

去る1月21日(金)の午後6:30から、大津支部 2010年度伸びる会社になるための経営基礎講座 第4講がびわ湖大津館で開催されました。
 今回のテーマは「会社をめぐる法の基礎知識Ⅱ~会社法の基礎・取締役の責任問題~」と題し、滋賀第一法律事務所の玉木 昌美氏より報告を頂きました。
 
保証の問題では、保証人ではないのに請求される(親族だからという理由で)場合があることや、過払い金の返還要求や請求書と事項についても学びました。
また、一番多い紛争である債権の回収についても、押さえておくべきポイントが多数有り、少しの配慮が大切だと気付きました。さらに手形の裏書き問題や新会社法についても学ぶことが出来ました。
今回はいずれも実際に問題となったケースを紹介して頂くことで、いずれも自分の身近な問題としてとらえることが出来ました。
 次回は2月22日(火)18:30~びわ湖大津館において、第5講「売り上げアップ・収益アップ マーケティングはこう進める」のテーマで西谷和夫氏(西谷経営技術研究所 所長)より学びます。
 現在スポット参加を受け付け中です。詳しくは同友会事務局竹林(TEL:077-561-5333 e-mail:info@shiga.doyu.jp)までお問い合わせ下さい。(記:同友会事務局 竹林竜一)

高島ブロック第6回物づくり研究会が開催されました。

ファイル 626-1.jpgファイル 626-2.jpgファイル 626-3.jpg

地産地商(外商)を目指す高島ブロック物づくり研究会が1月21日(金)午後5時から7時まで(有)藤戸工務店さんを会場にして開催され5人が参加ました。
この日は廣田ブロック長(物づくり研究会長)から、アドベリーを素材にした商品づくりについて話題が提供されました。アドベリーの商品化はアドベリー生産組合で行われており、道の駅や製造各添付で販売されています。この日は、素晴らしい食材であるアドベリー(ボイズンベリー)を高島ブランドの機能性食材として活用や、高島産の高付加価値野菜とあわせた神戸フレンチレストランへの販路、販売プロモーションについて、同友会メンバーの福月さんより冷凍のアドベリーとアドベリーの冷凍果汁を提供していただき、現在商品化されているジャムを味わいながら、ディスカッションしました。
また、高島商工会が行う「びわこ高島産直市」へ小松菜と小松菜パンで参加する打ち合わせが行われました。
次回は、2月15日(火)午後5時から藤戸工務店で開催します。

東近江研究G「ユニバーサルネットワーク研究会」が開催されました

1月21日午後1時30分から、きぬがさ作業所において、東近江支部ユニバーサルネットワーク研究会が開催され8名が参加しました。

各施設の近況報告では県の監査の姿勢が少し変わってきている事が報告されました。

福祉業界を取巻く法体系がめまぐるしく変化する中で、一部に対応の遅れや現状にそぐわない部分が出てきています。従来は施設運営を円滑に進め、時間を掛けて対応する事を待つ姿勢がありましたが、今年に関しては、杓子定規な姿勢が目だったようです。

「文面通り」を至上として、法を社会の上に置くのではなく、あくまで法の理念を社会の現実に活かしていく姿勢がなければ現場が混乱してしまいます。県当局の反省を促したいところです。

その後、愛知同友会・稲沢支部作成の劇「雪解けの陽~ガンバレ町工場」を観賞しました。

町工場を経営する若い経営者の悩みや気づきを、同友会の企業、社員、顧客との関係の中で描いた劇です。素人劇ですが、さすがに経営者自身が演じているだけにリアリティがあり、大変感動しました。
次回は2月16日開催の予定です。