←前へ ↑一覧へ 次へ→

東近江支部 7月例会(郷土愛で乗り切るTPP)

2013/07/19

日 時 7月19日(金) 18:30〜21:00  受付開始18:00〜
会 場 八日市商工会議所1F会議室 東近江市八日市東浜町1−5
報告者 森 建司氏 新江州株式会社 取締役会長 循環型社会システム研究所 所長
参加費 無料

 滋賀県には極めて先進的な三方よしの思想が古くからあります。経済は成長発展したにも関わらず、自然破壊・資源枯渇・家族崩壊・地域崩壊・格差拡大が起こっています。この自己矛盾のまま経済至上主義社会を発展するのではなく、持続可能社会への大変革をする時期がきているのではないでしょうか。
地域とともにある中小企業は、今後どのような役割があるのか。自立した魅力あふれる地域とはどのようなものか。
選挙と買い物で社会が変わる。各自が経済や政治を変える力を持っていると森会長はおっしゃいます。
消費者と生産者が生み出す「幸せ経済社会」とは。現在の身を犠牲にするような
社会から「もったいない(循環)、おかげさま(共生)、ほどほどに(制御)」をベースにした環境倫理の意識への大転換必要性。
2004年より持続型ライフスタイルの情報提供をしたいと「MOH通信」を発刊されています。また今秋から「滋賀地域力ネットワーク」を設立される森会長が思うTPP参入しても負けない地域つくりについて、各自の意識と実行力の必要性についてお話しいただきます。
どのような地域になれば、魅力あふれると実感できますか?講演の後、お互いの意見をグループ討論で話し合いましょう。

 お申し込みは ↓
  http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/


2013.07.19_東近江支部07月例会(森会長).pdf (2013.07.19_東近江支部07月例会(森会長).pdf)
2013.07.19_東近江支部07月例会(森会長).jpg (2013.07.19_東近江支部07月例会(森会長).jpg)