←前へ ↑一覧へ 次へ→

高島ブロック例会「不況でも安定した受注をしてきた会社力の秘密」

2013/10/16

○高島ブロック10月例会のご案内
〜リーマンショックのときでも受注増。そして、いまも絶好調。なぜ仕事が絶えないのか?、その会社力の秘密を探る〜

いつもお世話になります。
さて「同友会運動を通じて、一人ひとりが地域を担う経営者としてさらなる高みを目指そう!」をスローガンに、本年度も学び合い活動を進めております。
つきましては、10月例会を以下の通り開催いたしますので、会員の皆様はもとより、幹部社員さん、会員外の経営者の皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

と き:10月16日(水)18:30〜21:00
             (開場:受付開始18:00〜)
ところ:安曇川公民館2階カルチャールーム
    電話:0740-32-0003
報告者:中前直也氏 (株)ティグ水口 専務取締役
          滋賀県中小企業家同友会 理事
テーマ:不況でも安定した受注をしてきた会社力の秘密
    〜社員共育を実践し「滋賀でいちばんたいせつにしたい会社」作りへ〜
参加費:無料

○ガスを吹き付けながら空気を遮断してアルミやステンレスを溶接する、TIG(ティグ)溶接を専門に行っている会社です。大手メーカーから委託を受けて製作するほか、建設現場の足場や鉄道車両の作業台、飛行機のタラップ、螺旋階段など多種多様な製品の溶接作業をしています。その中でも,有名なアーティストの高さ45メートルにもなる巨大なコンサートステージを受注し完成させるなど、熟練の溶接技術と発想も兼ね備え、色々な業界より仕事を請け負っている会社です。中前専務は1991年に現在の社長様の娘さんと結婚、同時にティグ水口に入社。2006年に専務取締役に就任。後継者の立場としてどうか?と、社長様に進められ同友会に入会。その中で、例会や経営指針を創る会などにも参加し、指針書を作り発表するが社内には響かず挫折する、しかし社員さんとディスカッションを繰り返し現在の指針書が完成されました。社員さんの平均年齢32歳と非常に若い会社も特徴で、専務としての立場から現社長の思いも含めて6年間の間、人を大切する環境づくりをもっとうに社員さんと共に歩み続けておられます。結果、社内の団結力が深まり、リーマンショック時にも仕事が絶えなかった経営力になっています。

※参加の可否は、e.doyuシステム、もしくはアップしている案内にて10月9日(水)までに事務局までご返答ください。

滋賀県中小企業家同友会
TEL 077(561)5333
FAX 077(561)5334    
一般申込みWeb http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/index.cfm


10月例会(中前氏)案内v1.pdf (10月例会(中前氏)案内v1.pdf)