←前へ ↑一覧へ 次へ→

東近江支部 7月例会

2014/07/17

概要
 日 時:7月17日(木)18:30〜21:00
 会 場:八日市商工会議所 東近江市八日市東浜町1-5
 報告者:菓道 冨来郁   当主 南 万寿夫氏(東近江支部会員)
 参加費:無料
 報告テーマ:老舗和菓子屋の挑戦!指針作りでさらなる発展を。
        〜140年間の歴史を受け継ぐ4代目の苦悩〜
 概 要:菓道「冨来郁」は、五個荘にある老舗の和菓子屋。
     創業は1873年(明治5年)で、140年以上もの歴史があり、
    地域のみなさんから愛されるお店として有名です。最近では、
    インターネットを通じて、全国各地からの問合せも増えつつ
    あるそうです。
     学校を出てすぐに、外で和菓子づくりの修行をし、実家に
    戻ってこられた南さん。当初は、仕事に不慣れだったことも
    あり、うまくいかないこともたくさんありました。
     そして、必死の思いで努力をし、仕事も順調にいきはじめた頃、
    確かにやりがいは感じるものの、単調になりがちな業務であるため、
    なんとなく1日が終わっていくという毎日が繰り返されるようになりました。
     その後、南さんが、先代当主である父親から代を譲り受けたのは2007年
    (平成19年)のこと。「このままではあかん!」という思いが、日に日に
    南さんの中で強くなっていきます。
     そのような悶々とした毎日の中で、人生の岐路とも言える出来事が起
    こります。ちょっとしたきっかけが後押しとなり、2012年(平成24年)に
    滋賀県中小企業家同友会に入会。
     入会の翌年、「第34期・経営指針を創る会」に参加を決意。半年間も
    の間、指針作りに力を注ぎ、冨来郁として初めての経営理念が完成します。
    まさに今、この経営理念を社員全員に落とし込んでいくために奮闘中でいらっ
    しゃいます。
     素材にこだわり、代々受け継いでこられた和菓子の心を、大切な社員とと
    もに守り抜く。それを実現するためには、伝統を守るだけでは難しい。
    この楽観視できない状況下において、経営理念をかかげることで、目指すべ
    き方向が見えた今、社員と力を合わせ、地域の冨来郁ファンの応援も追い風
    にして、さらなる挑戦を続けておられます。
     ぜひ、この7月例会には、経営者の方々はもちろんのこと、頼れる幹部社員
    の方々もお誘い合わせの上、組織全体が一丸となって発展を遂げるためのヒン
    トを見つけにお越し下さい!

 申し込みは7月11日金曜日までにお願いします。

 申し込みはこちら
  ⇒http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/


2014.07.17_東近江支部07月例会_案内(南氏).pdf (2014.07.17_東近江支部07月例会_案内(南氏).pdf)