←前へ ↑一覧へ 次へ→

湖南支部8月納涼会(街おこしジャズストリートとスカイラウンジのジャズ演奏)

2009/08/11

湖南支部会員の皆様
会員外経営者・後継者の皆様

              湖南支部長     川崎 博治
              湖南支部例会委員長  坪田 明
  
 下記のとおり湖南支部例会を開催いたします。
今回は納涼会となっております。お気軽にご参加ください

          記
と き:8月11日(火)18:15〜21:30
ところ:クサツエストピアホテル
テーマ:「高槻を音楽があふれる楽しい街に
     〜さびれ行くわが町のために町衆が立ち上がった〜」
講 師:北川 潤一郎氏
    高槻まちづくり梶@元社長
    HP http://www.0726.info/tmc/
スケジュール:
   18:15〜 開会・会員PR
   18:30〜 講演開始・質疑応答
   19:50〜 講演会終了
   20:00〜 エストピアホテル25Fスカイラウンジにて
        納涼会&ジャズ鑑賞
   21:00  閉会
【講演内容】
 毎年5月に、十数万人が集う市民主催のJAZZフェスティ
バルが行われているのをご存知でしょうか?入場無料、ほとん
どアマチュアバンドだけで行われる野外演奏会、ステージも街
中のちょっとした空きスペース、支えるボランティアが100
0人以上、市内を走るバスの中でも生演奏が・・。とにかく破
天荒で、不思議なイベント、経済効果はおそらく数億に上ると
試算される、それが高槻ジャズストリート(TJS)です。
 今年4月に開催された滋賀同友会30周年記念事業のびわこJA
ZZフェスティバルin東近江を始め、最近増えている多くの
市民主催の音楽イベントに影響を与えています。そのTJSの
財政を支え、まちづくりに係わる様々な事業も行う高槻まちづ
くり株式会社からTJSの発起人でもある北川潤一郎さんにご
講演いただきます。一時はシャッター通りになりかけていた商
店街も他県からの出店が始まり町に賑わいが戻ってきています。
しかしほんの10年前まではこの高槻も、ゴールデンウイーク
などはゴーストタウンと化すくらい寂れていました。きっかけ
はなんだったのか?開催に至るまでの様々なドラマ!この話を
聞いたら「街の活性化?どうせ無理」と思っている貴方もきっ
と考え方が変わると思います。そう、私達の街を変えるのは私
達自身ですから。

備考:参加の可否をe.doyuにて8月10日月曜日18時までにお願いします。
 納涼会にの参加の可否はアンケートでお答えください。
(納涼会のキャンセルは10日月曜日18時まで。
             以降は費用が発生します)

  :ゲスト、社員さんの申込みは こちら↓
     http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/  


09.08.11_湖南支部08月例会_チラシ(北川氏).pdf (09.08.11_湖南支部08月例会_チラシ(北川氏).pdf)