←前へ ↑一覧へ 次へ→

湖南支部10月例会

2015/10/13

湖南支部会員の皆様
                  湖南支部長 北野 裕子
                  例会委員長 中村 明久

湖南支部 10月例会のご案内

とき:10月13日(火) 18:15〜20:30
場所:クサツエストピアホテル 2階

テーマ:『下請けからオリジナルへ
〜「出来ない」は「出来る」のヒントかも?〜』
報告者:河村 朱美 氏 株式会社古川与助商店 代表取締役

報告案内: 
  昭和37年母方の祖父が創業。西陣織の帯に入る金銀糸製造業を長年営む。その金銀糸をカットする技術に特化し、和紙、フイルム、不織布等を1mm〜10mmにカットし巻き上げる加工と、素材と素材を貼り合わせる加工を業務の中心としている。20代でアパレル関係の仕事に就くも、病気になり今の仕事を渋々手伝う事に。平成15年に3代目の代表になるが会社内、自分の中にも沢山の課題があった。それらを同友会の人脈でクリアーし平成18年に工場を新築移転。 この頃ナイロン不織布のカット加工が月3〜5トンあり、売上も順調に伸びていた。 しかし平成22年頃から加工が中国に移転し、その部門の売上が10分の1になり、大手企業の下請けの厳しさを体験する。
 そんな時、趣味で手織りを習い始め、仕事がなくなった金銀糸の機械で和紙糸を撚ってみたら綺麗な糸が出来たことから新たな展開に繋がるきっかけを見つける。
京都、滋賀の伝統産業の会社6社で2012年テントロンドンの展示会に参加し和紙糸、生地等に反響頂いた。自社で糸作りから販売を始め、その糸から生地を作り、オリジナル商品開発を始める。そこに至るまでのいくつかの(出来るかも〜〜)の発想と人と人が繋がって新商品ジャケットが誕生するまでの「可能性が可能性を呼んだ」実体験報告です。

報告者:プロフィール
1959年 草津市生まれ
2003年 代表取締役就任 (3代目)
2006年 新工場竣工
2012年 テントロンドン展示会出展 2015年 国際アパレルEXPO出展



☆☆☆お読みください☆☆☆

例会の出席依頼へのご回答は、できる限り自身でのご回答をお願いしております。
不参加であっても、edoyuへのご入力をお願いします。
≪締切 10月5日(月)18時 まで≫

例会終了後、希望者にて懇親会を予定しております。(4000円前後)
皆で例会の続きを…アツいディスカッションをしましょう♪
アンケートにて参加、不参加の登録をお願いします。

ゲスト、社員さんの申し込みはこちら
https://shiga.e-doyu.jp/s.event/


2015.10.13_湖南支部10月例会_案内(河村氏).pdf (2015.10.13_湖南支部10月例会_案内(河村氏).pdf)