←前へ ↑一覧へ 次へ→

東近江支部 10月例会

2016/10/19

テーマ:『エネルギーの自立は地域の自立
     〜未来の課題解決は創電ではなく省エネと節電〜』
講 師:田中優氏
と き:10月19日水曜日 18時30分~21:00
ことろ:ホテルニューオウミ TEL:0748-36-6666
     http://www.newomi.co.jp/
     近江八幡市鷹飼町1481番地
 申込みはコチラ
  https://shiga.e-doyu.jp/s.event/

講師紹介
田中 優氏  1957年東京都生まれ。
 地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。
2012年末に岡山に移住。2013年5月、自宅では電力会社との電線をカットし電力会社に頼らない太陽光パネルと
独立電源システムの生活、「オフグリッド生活」を始めた。
 現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、
「ap bank」監事、「一般社団法人 天然住宅」共同代表、「自エネ組」相談役を務める。横浜市立大学、
恵泉女学園大学の 非常勤講師。 公式HP 田中優の持続する志 http://www.tanakayu.com/

 2011年3月11日まで、深く考えることなく電気を消費してきたように思う。電気代がもう
少し安くなればいいな。その程度だった。しかし私たちは見てしまった、永遠に続くと思って
いたものが一瞬にして壊れてしまうところを。そして安全神話が崩れ去ってしまったところを。
自分たちが日常使っている電気はどのように生まれ私たちの暮らしへ届いているのか。
そしてそれに関わる人体への影響自然環境の問題だけではなく経済や未来にも大きく関わっています。消費行動を意識し変えていけば世の常識が変わります。正しく省エネと節電が理解できればお金に良し、環境に良し、未来にも良い。そして楽しく電気を生み出せば、心豊かな未来が見えてきます。
この機会に、そもそも電気・エネルギー・資源とは?そして実は知らないお金の流れについてしてこれからの持続可能なエネルギーの使い方について社内でも家庭でも明日からできるヒントと気づきについて深く学び合いたいと思います。