←前へ ↑一覧へ 次へ→

高島ブロック経営報告会

2010/03/08

滋賀県中小企業家同友会
高島ブロック会員の皆様へ

                  ブロック長 上田 誠

==3月実践経営報告会のご案内==

お世話になっています。
さて、下記の通り地域資源を活かした新しい仕事づくりへのヒントを学び合うために、実践経営報告会を開催いたします。
つきましては、万障繰り合わせて全員のご参加をお願いいたします。
また、お知り合いの経営者にもご参加呼びかけを、宜しくお願いをいたします。会員外の経営者と共に学び合いましょう。

日 時:3月8日(月)18:30〜21:00(受付開始 18:00〜)

場 所:安曇川公民館(安曇川町田中89 電話0740-32-0003)

テーマ:「リボーンで地域を元気に!〜新しい連携で始まる、食と環境ビジネスにかける思い〜」

問題提起者:海東英和氏 合同会社リボーン 代表社員
    http://foodpia.geocities.jp/yume_reborn/
スケジュール:
    18:00〜開場 受付開始
    18:30〜開会・ご報告
    19:50〜経営課題討論会
    20:40〜補足報告
    21:00 閉会

○合同会社リボーンは高島市の産業底上げをテーマに立ち上げた地域の農産業振興・雇用を考える会社。
○理念は「もったいない」の実践を時代は求めているが、貴重な食材を廃棄している現実がある。さらにそれらを税金で駆除している現実がある。
○それらの食材に今までにない加工を施し、新鮮で安全な食材として高付加価値商品に生まれ変わらせること。現在の活動内容
@廃鶏を健康的な環境で飼い直し、新たな商品価値としての旨鶏肉の加工販売。鳥を焼く穴あきフライパンや、特製醤油タレ等の試作開発等
A駆除された鹿肉(年間600頭)を食材として活かす為の調査研究及び商品開発 高島ベニスンとしてIT販売も含めた全国展開を目指す。
Bブラックバスの食材化とマーケットづくり。
○の事業を通じて、エコツーリズムのモデル地域である高島市のオリジナルな旨いものを世に出すことができ、活かされていない命も、観光客も地元の商工関係者も三方よしの展開となります。今回は、代表社員の海東氏より、リボーンにかける地域振興への思いを語っていただき、自社の新しい仕事づくりのヒントにいたします。

参加費:無料

*参加の可否はe.doyuシステムまたはFAXにて3月2日(火)迄にお願いします。
お問い合わせは:滋賀県中小企業家同友会
 事務局 草津市草津町1512(担当 廣瀬)
 TEL 077(561)5333 FAX 077(561)5334
 Eメール info@shiga.doyu.jp
 e.doyuアドレス  http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/


高島ブロック3月例会案内10.03.pdf (高島ブロック3月例会案内10.03.pdf)