理念

1.三つの目的

1: 同友会はひろく会員の経験と知識を交流して企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。

2: 同友会は、中小企業家が自主的な努力によって、相互に資質を高め、知識を吸収 し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。

3: 同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく、社会・経済・ 政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。

2、自主・民主・連帯の精神

1: 自主というのは二つの意味を持っています。一つは、同友会はほかのいかなるところからも干渉や支配をうけないということです。もう一つは、入会も退会もまた行事への参加についても会員経営者の自主性を大切にするということです。つまり、会の主体性を守るということと、会員の自由選択権を保障するということです。

2: 民主にも二つの意味があります。一つは、会の運営を会員の要求や意見に基づいて行い、ボス支配がおこらないようにするということです。もう一つの意味は、 民主的なものの見方や考え方を積極的に広めていく、とりわけ企業内で実践して いこうということです。このことによって組織の自浄力は強化され、発展が保障されます。

3: 連帯は、会員同士の腹を割った裸でのたすけあいと、あらゆる階層の人たちと手をとりあっていく、外へ向けての融合、協力、団結をすすめる意味とがあります。 特に会内においては、経営者として全人格的完成をめざしての相互の高まりあいから生まれる深い信頼関係(高い次元でのあてにしあてにされる関係)が連帯の中身となります。

3、国民や地域と共に歩む中小企業~私たちがめざす中小企業

1: 豊かな国民生活の実現に貢献するものであり、企業活動が理念と実践の上で反国民的であってはならないということです。かつて第一次オイルショックによる人為的な物不足により、日本国中が騒然としていたとき、中小企業家同友会全国協議会はいち早く「私たちは、便乗値上げ売りおしみ等の悪徳商人にはならない」との声明を発表(1974年、第4回中小企業問題全国研究集会)したことは、私たちの経営の基本姿勢を表明したものです。

2: 中小企業はすぐれた製品やサービスを提供し、人々の暮らしの向上と地域経済の繁栄を保障するという社会的使命を負っています。地域と深いかかわりを持つ中小企業の発展は、雇用の創造の面でも、個性ある地域づくりの点でも大きな役割を果たしており、それだけに社会的責任も大きいものがあります。この社会的使命感と責任感こそ大切にしたいと考えます。

3: 地域は今さまざまな問題をかかえています。私たちはそれぞれの地域において地域経済のバランスのとれた活性化に中小企業家の立場から提言し、かつ自治体や地域 の人々と共に地域おこし、まちづくりに行動することが必要と考えています。

参考資料
赤石 義博中同協相談役幹事「同友会理念「自主・民主・連帯」の深い意味と日常的実践の課題」

--- 自主 民主 連帯
第一層
(会内でのあり方)
入会も退会も個人の意志決定による ボスを作らない、全ての会員が主体者 個人個人が尊重される団結
第二層
(社会との関係)
自主性を損なうような特定の関係を排除 民主的ルール尊重精神の一般化 中小企業の地位向上に他団体とも協力
第三層
(本来的深い意味)
個人の尊厳性の尊重
人間はそれぞれ「かけがえのない人生」をもっており、それだけでも個人として尊重されねばならない。
「個人の可能性」
全ての個人は、同時に何らかの才能の可能性をもっている。その可能性を見つけだし、どれだけ伸ばしきるかも、人間らしく生きる充実度の一つである。これを「題名のない伸縮自在の袋」と名付けている。
生命の尊厳性の尊重 にその根源がある。人間の命の重さに軽重はない。全ての人間の命の重さは同じである。
そこから。
「平等な人間観」 が生まれ、更にそこから一人一票という民主主義の原則が生まれてきた。
人間の社会性の尊重 人間はある時から群れ(むれ)をつくることにより、生きることをより確かにしてきた。そうした何万年・何十万年の体験から協力し合う事の重要さと基本的な行動様式として、社会性を身につけた。
「人間的信頼関係に立つ当てにし当てにされる関係」づくり
第四層
(第三層の深い意味を具体的に実践する事の普遍的意味
人間らしく生きる 生きる くらしを守る

①第一層と第二層の意味については、中同協発行のパンフレット「同友会運動発展のために」に詳しく述べられておりますから、そちらを参照して下さい。
②「21世紀型企業づくり」の根幹となる「人づくり」に当たっては、「自主・民主・連帯」の持つ深い意味をしっかり自分のものにしていくことが大切と思います。上の表の第三層・第四層の意味でも確認できるように、「自主・民主・連帯」とは人類が誕生して以来一貫して求め続けてきた切実で現実的な課題であります。
同時に人類にとって究極の課題でもあります。これは誰も否定できない普遍性を持っており、従って「同友会理念」に立った真に「同友会的な人育てのありかた」には、誰もが納得できる説得性があるのです。しかも、人間が行動を起こす時には必ず動機がありますが、その最も大きな動機となるのは「自主・民主・連帯」の第三層の存在に気づいて挑戦し始めたり、心を揺さぶられ意義を感じたときと言えます。
例えば「自主」の第三層(私は「題名のない伸縮自在の袋」と名付けています)の存在に共に学ぶ中で気づかせ、自らの袋に題名をつけ、より大きくすることに自分の人生の意義を感じて挑戦を始めたり、「連帯」の第三層である「人間の社会性の尊重」具体的には自分の働きや気遣いが「他人(ひと)様に喜ばれ、感謝される」ことに、自分自身の喜びや誇りを感ずる事が出来れば、やがて人間(社員)は自立的・能動的に動き出し、アメやむちと無縁の「情理の効率」を発揮することになるでしょう。
従って、社員が育ちその事によってすばらしい企業に成長している同友会会員の日常には、必ず同友会理念が具体化され生かされています。どんなことが同友会的であるのかを確認し、それを基本に自社で自分が出来ることは何かを考え、実践につなぐことが学びの大切なポイントと言えます。
* 詳しくは、拙著『「非情理の効率」を上回る「情理の効率」を』(1999年鉱脈社刊)第二部第三章、並びに同じく拙著『「経営理念」人と大地が輝く世紀に』(2001年鉱脈社刊)一章及び四章をご参照願えれば幸いです。

このページの先頭へ