リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 東近江支部

新会員オリエンテーションを開催しました

8月7日18時30分より、八日市ロイヤルホテルにて新会員オリエンテーションを開催しました。新会員3名、ゲスト1名、運営委員9名、計13名が「同友会運動の発展のために」を読み合わせを行いました。
ファイル 1813-1.png
 台風が迫る、足元の悪い中での開催でしたが多数御参加頂き、
同友会の理念、e.doyuや行事案内、使い方、諸先輩方々の入会後の経験談等を交えての討論をさせて頂きました。

 懇親会が天候の都合上キャンセルとなりましたが、9月の懇親例会に是非御参加ただくことをお願いして閉会しました。

 天候の悪い中ご参加いただき、本当にありがとうございました。

東近江支部 7月例会開催しました

東近江支部7月例会が、7月26日(水)18時30分から21時まで、G-NETしがで26名が参加し、開催されました。
 報告者に大津支部より㈱ドリームの寺田俊介氏、㈱ローカライズ 代表取締役の河村剛氏をお招きし、「知って、学んで、実践する」と題して、寺田氏より大津支部のソーシャルインクルージョンプロジェクトの取り組みをご紹介いただき、河村氏に実践のご報告をいただきました。
ファイル 1812-1.png
 ソーシャルインクルージョンとは、「社会的包容力」「社会的包摂」などと訳される、障がい者らを社会から隔離排除するのではなく、社会の中で共に助け合って生きていこうという考え方です。寺田さんは、同友会例会での障がい者雇用や児童養護施設との関わりの報告の学びから、このプロジェクトをしようと決意されました。

 現在プロジェクトでは、各関係機関とも連携しながら、大津支部のメンバーで、大津にある児童養護施設や養護学校の見学、実際の仕事の実演授業、障がい者の就労支援、また大津支部ならではの取り組みとして、養護学校を卒業した子供たちの自立訓練、就労支援を行っておられます。彼らの特徴を理解し、彼らに合った働き方を見つけ、長く働ける環境を作るという、長い目での支援に取り組まれているそうです。このような取り組みについて、職場体験の様子の写真や、児童養護施設で子供達と遊ぶ様子の映像を交えてご紹介いただきました。取り組みがすぐ実を結ぶことがないにしても、まずはコミュニケーションを取っていくこと、子供たちに楽しいと思ってもらうこと、そのようなことを通じて、子供たちに何かを学んでいってほしいと寺田さんはおっしゃいます。
ファイル 1812-2.png
 そのような中で、大津支部でパラダイムシフトをテーマにした例会を行い、障がい者雇用について、支援機関の方、雇用する経営者、実際に働く当事者の方に話をしてもらうことで、ハードルが高いと考えていた人も「やってみたらそうでもない」ということがわかり、このプロジェクトに多くの人が関わってくれるようになった例会になったそうです。
 このプロジェクトを通して、企業家の私たちができることは、「仕事」のことについては話せるはず、また同友会の仲間と一緒に取り組むことで、その人にあった形で取り組めるので、自分ひとりで抱え込むことなく、皆で取り組むことができる。また企業としては、いきなり雇用という形ではなくても、職場見学や仕事体験で、子供たちの発見や進歩に寄与でき、大人の壁、会社の壁を取り除くことにもつながる。実際の雇用では、企業として働きやすい環境づくりを行うことになる。大津支部のソーシャルインクルージョンプロジェクトでは、このようなことを通じて、ボランティアではなく、仕事を通して彼らの力を最大限活かして、会社も地域も活性化することを目指していると、寺田さんからご報告いただきました。
ファイル 1812-3.png
 ㈱ローカライズの河村さんには、プロジェクトに参加して出会った発達障害の女の子との縁、出来高制アルバイトとして洗車の仕事をしてもらうことになった経緯や現在の様子などをご報告いただきました。彼女の特徴を理解し、ビジョンや目標を共有をするなどの様々な工夫について、また女の子やその友達との日常の出来事、会話を、笑いも交えながらお話ししてくださいました。河村さんは、このように実践できたのは、福祉関係の方やたくさんの仲間がいる同友会の連携があったからとおっしゃいます。我々経営者が学んで、実践して、経営者が変わっていくことで、周りや地域を変えていく、そんな力に大津支部のインクルージョンプロジェクトをしていきたいと河村さんはご報告を締めくくられました。
ファイル 1812-4.png
 グループ討論では、「同友会での学びやつがなりを通して、我々ができること、実践していること」をテーマに話し合い、それぞれの会社での実践例や悩みを共有できました。社会の様々な問題に対して、全員が当事者であり、全員が何かしら関わっていこうという意識が高まった例会になったと感じました。

東近江支部 6月例会開催しました

東近江支部6月例会が21日(水)18時30分から21時まで八日市商工会議所で開催され、21名が参加されました。

報告者には大津支部、株式会社アーム保険設計の上田幹人氏をお迎えし、「共育(共に育つ)していますか?」 ~共に学び、共に育つ企業作りを始めましょう~をテーマに報告をしていただきました。
ファイル 1784-1.png
~共に育つ機会を創る~
なぜ社員共育が必要なのか?
経営者の皆さんは人材育成や社員共育の必要性を感じているのではないでしょうか。しかし社員の想いとはギャップがあることが少なくありません。経営者自身が社員と共に学ぶ機会を創ることこそが必要なのだと話されました。
 資料を見ると、中小企業は大企業に比べて離職率が高い傾向にあります。人材を定着させていくためにも共育は必要です。人材の定着において有効とされるものに賃金の問題はありますが、従業員が安心して働くことのできる環境作りも有効とされています。
 従業員は長ければ約40年、会社で働きます。入社後どのような道をたどりながら会社で頑張っていくのか。そうしたビジョンを見るためにも共育は必要となります。
 目の前の仕事で忙しいとう現状はあるものの、経営者自身が共に学ぶ場作りを行い、共に学んでいくという姿勢が必要なのです。
ファイル 1784-2.png
~共育ち体験~
 上田さんの報告後、グループに分かれて「月刊共育ち」体験をしました。テキストは「思い込み」を考えるというテーマでした。
まずグループで読み合わせをし、「思い込み」で失敗したこと、迷惑だった経験。「思い込み」で失敗しないためにはどうすればよいですか?というテーマでグループ討論を行います。自社であった思い込みによる失敗や社員同士の思い込みによる関係の悪化など、様々な体験も含め討論しました。
 実際に共育ちの実践をしている経営者さんからは、日を決めて、継続的に行っていくことが大切。全員が大きく変わったかと言えばそうではないが、確実に発言に変化のあった社員もいる。意見交換の場に経営者が入らないことで自由に話せる雰囲気作りを行っているなど、実際の体験も含めグループ討論を行うことが出来ました。
やはり経営者自身が社員と共に育つと強く想い、想いを実践し、継続していくことの必要性を感じた例会でした。
ファイル 1784-3.png

THE後継者&会計入門 開催しました

東近江支部研究グループ会「THE後継者&会計入門」を5月25日木曜日、19時より㈱プライウッド・オウミにて開催しました。
 今回は新しく滋賀オカダの岡田様を交え、6名での開催です。
 中小企業の会計に関する基本要領を読み進め学習し、各社の現状、課題などを話し合いました。
初参加の岡田様より『参加しやすく良い勉強会でした』とのご意見頂きました、入門編として参加しやすい形で進めています。
経営者、後継者の方々誰でも参加出来る様になっていますので、どちら様もご参加ください。
今後は、企業訪問、工場見学なども交えながら研究会を進て行く意向です。
ファイル 1768-1.jpg

東近江支部 5月例会開催しました

東近江支部5月例会が、23日(火)18時30分から21時まで、G-NETしがにて開催され、25名の方が参加されました。

今回は、「海外ビジネス はじめの一歩 ~とりあえず見てみよう!やってみよう!~」と題して、前出産業株式会社 代表取締役 前出博幸氏 にご報告をいただきました。

ファイル 1781-1.png
近江八幡市生まれ、滋賀県育ち、大学時代は関東で過ごす。性格は、「競争することができない明るいオタク系」とのこと。

前出産業の2代目社長。社長になって21年目。
その前は、サラリーマンを10年間。OA機器関連の開発&研究。

ご家族は7人、ご自身の表現としては「ごく平凡な大家族」。
客観的に見れば、平凡という言葉では表せないほどの美人の奥様&イケメン息子3兄弟。

会社は、昭和28年頃に創業。当時は、縄の製造販売が主な事業。
設立は、昭和49年1月19日。資本金2000万円。従業員数140名(うち正社員30名)
事業所は4ヵ所(上田・竜王・野洲・相模原)。年間売上 5.7億円。

前出産業・経営理念
「新しい価値を創造・提供し、豊かな環境・文化創造に貢献する。」

3つの柱事業+将来のための新事業
①電子部品受託製造
②派遣・業務請負
③金属加工業+今年秋ごろよりセラミック加工
④将来のための新事業
1)医療機器事業
2)観光事業
3)環境関連事業 ・・・etc

このように、今の前出産業があるのは「すべて中小企業家同友会のおかげ」とおっしゃる前出社長。
ファイル 1781-2.png
経営指針を創る会(2002年第17期)に参加して経営理念を作成。
「自分が何をやりたいか?何のために?楽しむ!」ということを軸に考え続けた。
その中で大切にしてきたことが以下の4点。
①同友会で学んだことを、継続して実践する。
②凡事徹底で他社と差別化(改善提案3878件/年)
③新しい価値
④とりあえずやってみようの精神
 1)行動してから考える
 2)徹底して考える。壁は、自分の成長のために現れる。
 3)壁が見えているから素晴らしい
 4)たまには「やりませんか?やります。」に落とし穴。
    ⇒2020年不況に備えて
    ⇒2045年AIの時代に備えて

海外ビジネスのきっかけとは・・・
「ウォーキングポール」の設計・製作の依頼で、宮川バネ工業株式会社の関連会社であるエムスとのご縁がきっかけ。中国の深圳にて、初めて海外ビジネスに触れる。

薪ストーブ開発のために、自然エネルギーで自給自足するオーストリアへ現地見学に。

そして、2012年に「海外ビジネス研究会」を発足。
発足メンバーは、新産業創造部会+HIP滋賀メンバーを中心に、近江化成工業・小林社長、大洋産業・小田柿社長等、5社+1大学だった。

<海外視察>
第1回目・・・中国・広東省、ベトナム・ハノイ
第2回目・・・ベトナム・ホーチミン、カンボジア・プノンペン・シェムリアップ
第3回目・・・タイ・メーソット、ミャンマー・ミャワディ・ヤンゴン・バガン
第4回目・・・中国・北京、モンゴル・ウランバートル
第5回目・・・インド・チェンナイ・コインバトル・デリー・アグラ・バラナシ

6年間、計5回のアジア視察研修会より学んだこととして・・・
①アジアの若者は、未来を夢見て目がキラキラ
②アジアの人たちは親日が多い
③中国は別として、アジアの国であれば、中小企業でも充分に社会貢献できる
④社会貢献が最初にないとタダの搾取になってしまう
⑤現地語はNGでも、最低英語は話せないと厳しい

結果として、平成27年10月より、研修生3名をミャンマーから受入れ。

また、JICA(中小企業海外展開支援事業)への挑戦も開始。
ファイル 1781-3.png

前出社長は、最後に「動けば変わる」というメッセージで、ご報告を締めくくられました。

ご報告後は、あえてグループ討論の時間は設けず、質疑応答形式としました。
各グループから多数の質問があり、前出社長が時間ぎりぎりまで熱心にお応えになっていた姿が印象的でした。

(報告書作成:小南一樹)

東近江支部自転車チーム DOYU JACK ビワイチ行いました!

 滋賀県中小企業家同友会東近江支部の自転車チームDOYU JACKのビワイチが、4月29日(土)~30日(日)に行われ9人が参加しました。
 初日は近江八幡運動公園を午前9時に出発。午後から雷雨に見舞われ、メカトラにも合いましたが、何とか宿泊先の「つづらお」にて懇親を深めることが出来ました。
 廣瀬は、翌日お仕事のため、彦根松原のコンビニにて本体を離れました。皆さん、ありがとうございました!。

ファイル 1763-1.jpg

ファイル 1763-2.jpg

東近江支部 3月例会を開催しました

3月22日水曜日午後6時30分から9時まで東近江支部3月例会が八日市商工会議所で開催され、29名が参加しました。
 報告者は、大橋 慶之氏(㈱三省堂 代表取締役)より「『先代が残してくれたもの、私が残したいもの』
~プロの道具屋としての誇りが社員の成長に!~」をテーマに報告頂きました。
ファイル 1745-1.png
 大橋氏は、大学卒業後県外で就職されますが、先代である父親の願いもあり、三省堂へ入社。しかし、
まもなく病気で他界され、経営が分からないまま3代目として代表に就任されました。
 建築資材の加工機械や工具類の販売、足場などを行っていましたが、建築工法や新素材が生み出されるなど、
従来品の売り上げは減少。また、20代の後継者として古参の社員さんとの軋轢もあり、孤立状態に。
 一から仕事を覚え、営業も現場もすべて自分でできれは認めてくれるだろうと働きますが、
状況はあまりよくなりません。大橋氏は一から採用を仕様と自身が面接をして若手の採用に
取組まれます。
ファイル 1745-2.png
 そんな中、同友会に入会。先輩経営者に経営指針を創る会の受講を決意。経営指針書を作成されます。
経営理念を発表し、社員を外部研修に出すなど積極的に教育にも取り組まれます。しかし、
大橋氏の中で経営理念がしっくり来ておらず、社内外への対応がぶれるなど苦労され、もう一度
創る会を受講し、現在の経営理念にたどり着きました。
 ご自身も社員も経営理念に対してどう行動しているか、軸がぶれないので言うべきこと、やるべき事
がはっきりし、曖昧ではなく具体的な行動ができるようになったと振り返られます。同友会の
月間共育ちを利用して、社内での教育にも取り組まれ、上下関係で意見の言えなかった若手から
意見が出てくるようになり、社風が良くなってきたと報告されました。
 建築業で職人集団と言われますが、お客様は地域の人であり、わが社は建設業でなく
サービス業で、新しいサービスをこれから社員と共に創りだしていきたいとまとめられました。
ファイル 1745-3.png

東近江支部 THE後継者&会計入門 開催しました

 東近江支部の研究グループ会、THE後継者&会計入門が、2月21日火曜日午後7時より、株式会社プライウッド・オウミにて開催され、6名が参加しました。

 ファイル 1722-1.png

今後の研究会スケジュール、基礎的な会計のお話を公認会計士さんから説明をいただき、各社の悩み、課題などを深く掘り下げて話し合いました。
 今後は、会員さんはもとより、後継者の方もお誘いして、経営者として必要や知識などを学び、各社の実践について交流していきたいと思います。
次回は3月15日7時より、同じく(株)プライウッド・オウミにて開催予定です。

東近江支部 2月例会開催しました

 支部例会が、2月15日水曜日、午後6時30分より、八日市商工会議所で開催され、24名が参加しました。
 今回の報告者は、東近江支部会員の山本直彦氏(A・I労務サポートオフィス 代表)で『まちの元気が、自社の元気に!~社労士がまちづくりをやる理由~』をテーマに報告していただきました。
ファイル 1733-1.png
 湖東で生まれ育った山本氏は、大学卒業までいろいろなことにチャレンジしつつも、大きな目当てや目標を持てずにいたと振り返られます。就職活動も長男であることから地元を選び就職。
 しかし、目的がなかったこともあり、昼夜を問わず仕事に打ち込むも、気持ちがついてこず、休職を繰り返すなどしんどい時期がありましたが、上司の励ましもあり、35歳で独立起業を決心。
 2000年の結婚を機に、妻の支えもあって社会保険労務士をめざし、猛勉強。合格後すぐに事務所を開設。八日市商工会議所を中心に地域の経営者のために何かできることを一つずつ取り組まれます。
ファイル 1733-2.png
 同友会への入会で経営指針を作成、YEG入会後、東日本大震災で復興支援に取り組むなど、地域に生きる個人として、また起業家として真剣に取り組まないと、子どもたちの未来がないと、地域の活動に積極的に取り組まれます。
 山本氏は、良い会社・良い経営者・良い経営環境を実現するためには、地域の起業家が率先して経営や地域の課題のために汗をかかないとよくならないと言い切ります。
 生まれ育った町を誇りに思える地域に、そして子どもたちにもそう思ってもらえるような、大人の姿をこれからも見せていきたいと報告されました。
ファイル 1733-3.png

東近江支部 12月例会を開催しました

東近江支部12月例会が、21日(水)18時から20時まで、八日市ロイヤルホテルで開催され、27名の方が参加されました。

今回は、「出会いが人生を創る~まだまだ青春真っ只中~」と題して、有限会社山田保険事務所 代表取締役社長 山田竜一氏 にご報告をいただきました。
ファイル 1711-1.png
愛知県生まれ、滋賀県育ち。まずは、ご自身の半生を、写真付でご紹介。
大学を卒業後、紆余曲折。教職への道を断念し、フリーターや自動車部品メーカーを経て、製菓会社へ入社。そこでの、人生の師匠<山﨑裕基氏>との出会い。
その後、ブライダル業を経て、宅建試験に合格。不動産業へ転身。
2000年37歳の時に、人生の師・山﨑氏と再会し、やわらぎ住宅へ入社。

ここで、またもや転機が。父親の健康上の問題により、39歳の時に、事業を継ぐことを決意。保険業の研修生として、安田火災に入社し、イチから下積みを開始。2年の研修期間を経て、父親が経営している保険代理店と合併し、2003年2月に有限会社山田保険事務所を設立されます。
ファイル 1711-2.png
山田保険事務所の設立後、やわらぎ住宅・山﨑社長からの勧めで、2006年9月に中小企業家同友会に入会。入会後の約3年間は、例会に参加しても、ただ報告を聴くだけの受け身の姿勢だった。
 そのような中、社内において社長就任の話が挙がってきた。ちょうど良いタイミングで、宮川バネ・宮川卓也社長(当時)より、一本の電話が。「火災保険を見積もってほしい」
これをきっかけとして、腹を割って今後の展望等の話をしたところ、「第30期経営指針を創る会」の参加を強く勧められる。一大決心にて、参加を決意。

 経営指針を創る会に参加する前は、以下のような状況だった。
・自分自身が営業マン。人が動かなければ、自分が動くことで穴埋めをする。
・売上至上主義。過程よりも結果重視。経営が分からない。
・経営計画書も、売上、利益が中心。長期の見通しが無く、短期展望。
・「人を育てる」という発想ではなく、「能力のある人材」を求め、採用していた。
・自信を持って、社員に意見や指示ができない。

会社環境としては、以下の通り。
・経営理念が無い。会議は売上会議。財力=会社力。社員からの主体的な意見が無い。
・中長期ビジョンが無い。福利厚生が曖昧。営業戦略が個人任せ。

 創る会受講後、様々な変化があった。
・2011年4月、48歳で社長就任。
・従業員、役員に感謝するようになった。人材が会社を創る。
・父親との関係修復。
・人材育成や教育の実践。社員1人1人に向き合う時間が増えた。
ファイル 1711-3.png
経営指針書については、当初、なかなか社員に浸透しなかった。
しかし、その後も諦めず、毎年作成し発表。少しずつではあるが、浸透しつつある。今でも、それは継続中。

今後の山田保険の展望としては、お客様のために「全国展開」を成し遂げる、とのこと。

そして最後に、山田社長の人生観として、以下の熱い想いをメッセージされました。
続きを読む

ページ移動