リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 経営労働委員会

第39期経営指針を創る会 第2講を開催しました

2017年6月17日(土)、10時から18時まで同友会事務局にて、第39期経営指針を創る会第2講を開催致しました。総勢25名が参加。受講生9名のうち3名が欠席となり、各班とも受講生2名での分科会となりました。
ファイル 1793-1.png
今回は出席の2名に充分な時間をかけることができ、理念へ近づいたのではないでしょうか。
第2講義のテーマは『経営者の価値観・人生観・経営の目的・顧客・社員・社会の見方』。ゴールは『経営理念の土台を固める科学性・社会性・人間性を具備する』です。
社員を本物のパートナーとするための理念、社会的存在意義と責任の自覚、3つの要素の確認をOB団からの質問によって、受講生に高めて頂きました。(混乱させました ( ;∀;) )
ファイル 1793-2.png
次回3講は、方針・計画に入る前の、自社分析とビジョンを考えて頂きます。
同友会ではビジョンを10年後のありたい姿を考えて頂きます。そのためには、SWOT分析の手法を使い、自社の強みを引き出して頂きます。そのためには、機会(外部環境分析)がとっても大切です)。創る会ではオプションコースも同時並行で開催しておりますので、課題作成期間は短いですが、有効に活用いただき、自社の強みやビジョンから、理念との整合性を深く考えて頂きたいと思います。
ファイル 1793-3.png

第39期経営指針を創る会 第1講スタート!

2017年5月19日(金)10時~20日(土)12時にかけて、第39期経営指針を創る会・第1講が「琵琶湖コンファレンスセンター」にて開催されました。会場も新たにいよいよ長い合宿、長い半年間のスタートです。
今期第1講は受講生が9名と19名のOB団の合わせて計28名が参加しました。
ファイル 1778-1.png
 開講に当たり、服部経営労働委員長よりご挨拶を頂き、その後は早速3つの分科会に別れ、課題として提出された経営理念検討シートに基づき、受講生の皆様が「何のために経営をするのか」、「自社の固有の役割とは何か」を中心に真剣に討論を重ねて経営指針創りを進めました。

 第39期のテーマ勉強会では、三重大学・人文学部准教授の青木雅生先生により、「2017年における情勢から見た『労使見解』と経営指針成文化の意義」について講義いただきました。21世紀の企業経営を取り巻く社会・経済・政治的環境を俯瞰することの大切さ、「労使見解」に見る経営者の責任と覚悟、またそれらを組み入れた指針経営を取り組むことがいかに今日の中小企業にとって重要であるかをご講義頂き、労使見解と指針経営のつながりについて理解を深める内容でした。
ファイル 1778-2.png
 その後、服部委員長から初の試みとして、立場と考え方の違いを理解することを狙いとしたワークとグループディスカッションが行われました。身近な恋愛のもつれ話を題材に、立場が違えば考え方も異なることについて理解が深まり、経営者と従業員の関係性や相互理解を深めるための大変有意義な時間となりました。長い一日をつなぐための、思考の切り替えという意味でも良かったという感想も聞かれました。
ファイル 1778-3.png
 夕食後は「夜学」として、各班の交流部屋で受講生一人ひとりに「自己紹介~生い立ちから現在まで」「これまでのターニングポイント」などについて40分づつお話をいただきました。とにかく受講生は自分のことを話す、OBは一切口を差し挟まずに聞くという姿勢に徹底して行われる夜学は、1日の大変な勉強会を終えた後としてはかなりハードな企画です。
 しかしながら、40分ひたすら自分のことを話すという作業を通して、率直に書けなかった素の自分の姿、大切にしている人生観、価値観などを再発見し、経営理念検討シートの課題に活かせることができた、という受講生の声も多く挙がっていました。どうしても課題として作成する経営理念検討シートには聞こえの良いことを書いてしまいがちなので、非常に有用な企画でありました。
ファイル 1778-4.png
 2日目は8:30より前日の分科会や夜学を通じてブラッシュアップされた経営理念検討シートに基づき、各班に分かれて分科会が行われました。分科会後には、小田柿氏より各受講生に第二講に向けての課題のプレゼンが行われました。
引き続き6月17日に行われる第二講では、一人も欠けることなく開催されることを望んでいます。(N.K) 

第39期経営指針を創る会 オリエンテーションが開催されました。

去る、4月21日(金)18:00より、南草津のフェリE5階会議室にて、第39期経営指針を創る会オリエンテーションが、宮川バネ工業の宮川草平さん司会のもと開催されました。
参加は、39期の創る会受講者の8名(1名欠席)に加え、12名のOB・OGが参加いただきました。
ファイル 1760-1.png
はじめに、テーマ勉強会として、滋賀同友会専務理事の広瀬さんより「志の高い経営者集団 同友会とは」というテーマで、同友会の歴史をひも解きつつ、同友会理念・労使見解に基づく理念経営の実践の重要性について説明いただきました。いつもながら、わかりやすく大変ためになる報告でした。
ファイル 1760-2.png
続いて、総合座長の服部委員長より、「人を生かす経営と経営指針を創る会」というテーマで、同友会としての経営指針の体系と、経営指針を創る会とは何か?について報告いただきました。動画を使いながらわかりやすい説明でした。太陽の周りを回る地球という通説から、太陽もまた移動しているとするならば、地球は大宇宙の中でどういう動きをしているか、というシミュレーション動画を見せられて、見方を変えるということはこれほどまでにダイナミックに視野が変わるものかと感じさせられる報告でした。
休憩を挟んで、第1講の課題についてのプレゼンテーションを、滋賀ビジネスマシンの田井さんよりありました。
ファイル 1760-3.png
第1講の課題「気づき・学びシート」課題図書(「経営理念」「労使見解」「中小企業の経営課題」「変革と継承」)4冊を読んでの、気づきや学びを記入してきてもらいます。普段、あまり書籍を読むという習慣がない受講者には、一苦労かもしれません。
さらに、「経営理念検討シートⅠ」については、田井さんらしく丁寧でわかりやすい説明で、みなさんきっとマトを得た提出課題となること思います。
引き続いて、事務局(大原事務局長)からの連絡事項では、課題の提出方法が図解でわかりやすく説明していただいたほか、今回より第1講の会場が彦根新海浜の「琵琶湖コンファレンスセンター」になることなどの説明がありました。
参加者全員にとって有意義でためになる創る会になることを願ってやみません。

株式会社アド・プランニング 川邉和明

第38期経営経営指針を創る会 第6講(経営指針の発表)がおこなわれました

第38期経営指針を創る会は、1月21日ラフォーレ琵琶湖で最終6講を開催しました。
大学准教授、受講生社員さんなど総勢34名が参加。受講生12名のうち1名の病欠者を除き、脱落者なく終講致しました。
ファイル 1715-1.png
第6講のテーマ講義は、受講生に向けていの応援歌です!
テーマ講義①は、三原康郎税理士事務所の三原代表より、『指針経営を進めるために』と題して講義頂きました。理念・方針・計画ができただけでは経営は進みません。個人個人の行動計画まで落とし込む必要があります。目標達成に向け『がんばれ!』だけではなく、誰が何時までに何をどこまでやるのかという行動を明確にすることです。これが明確でないのに目標が達成されたとしたら、それはタマタマです。タマタマなので達成要因が分かりません。つまりPCDAを回すことができないので次にはつながりません。(科学性の欠如)
喫茶店の経営を例にすると、売上アップを図るには顧客単価を上げるか、来店数を増やすしかありません。まず来店数を増やすにはどうするのか?を考え、出てきた答えを再び、それを実現するにはどうするのか?と5回ぐらい考えると、本当にやらなければならないことが見えてきます。
ファイル 1715-2.png
テーマ講義②は、㈱エース産業機器の荒木社長より、『わが社の指針経営』と題して講義頂きました。自身の経営体験(失敗体験)からの気づきをお話し頂きました。
赤字経営からの脱却を目指し率先垂範してこられました。奮戦の結果会社は黒字化しましたが、信頼していた弟さんの退職、生活苦からのパートさんの退職と、頑張ってこられただけにショックだったそうです。主人公は私で社員さんはアシスタント。会社に理念もなく、どんな会社にしたいのかという思いもなく、あるのは、売上・利益目標のみだったそうです。そこでやっと気づいたそうです。人が辞めない会社を目指そうと決意されました。そして創る会の受講へ。『金持ちになってやる』から『みんなが幸せになる』と思いが変わった経緯は、新たに指針経営を始められる12名に受講生の皆さんに大きな応援歌になったと思います。
ファイル 1715-3.png
 その後、分科会に分かれ、受講生より経営指針書の発表が行われました。OB団はもちろん、受講生の社員さん、経営者も参加。緊張感のある中で経営指針書の作成にあたってを説明し、理念、方針、計画が発表されました。指針書に対する社内外の質問にも受講生は応じておられましたが、OB団からは指針経営にしがみつき、自らを磨くために支部例会や創る会OBへの参加など応援の意味を込めてメッセージが送られました。
ファイル 1715-4.png
応援歌といえば、夜の懇親会は恒例のTHE DOYOU【宮川ホットブラザース(宮川氏、廣瀬氏、高橋氏、玉置氏)】による演奏会で盛り上がりました!
 次回、39期は4月のオリエンテーションからスタートします。参加枠がまだありますので、問い合わせは滋賀同友会事務局までお願いします
ファイル 1715-5.png

人間尊重経営についてのいくつかの考察~経営指針を創る会第5講講義要旨~

人間尊重経営についてのいくつかの考察

 滋賀県中小企業家同友会第38期経営指針(経営理念・経営方針・経営計画)を創る会の第5講が2016年11月26日に(土)に行われ、宮川卓也さん(滋賀同友会副代表理事、宮川バネ工業(株)会長)より「労使見解を基に人間尊重経営を考える~人間尊重経営についてのいくつかの考察~」をテーマに問題提起が行われました。抽象的なイメージになりがちな人間尊重経営を、具体的にどう捉えるかを分かりやすく問題提起した内容ですので、概要ですがご紹介いたします。
 
ファイル 1700-1.jpg
 経営指針書(経営理念+経営方針+経営計画)を作っても、会社経営の力にならない場合があります。その第一の理由は、「労使見解の精神」の不理解からだと言えます。

人間尊重の経営は手段?・目的?・信仰?

 まず、人間尊重の経営について定義しましょう。「同友会運動の発展のために」(中同協発行、新版6ページ)には以下のように解説されています。
・社員の自主性・自発性を尊重し、自由な発言を保障して、個人の人間的で豊かな能力を引き出す社風を育てる
・経営指針に基づく全員参加型経営や自由闊達な意思疎通のできる社風を目指す。そのために民主的なルールを尊重し、平等な人間観の下で、創造力を発揮する民主的な社内環境を整備し、社員の能力の開花を目指します。
・労使がともに学びあい、育ちあい、高次元での団結、あてにしあてにされる関係を作り出すこと。社員にも社外での自主的活動(PTA,ボランティアなど)への参加を促し
一言で言うと「『労使見解』の精神に基づいて、経営者と社員が共に育ちあうことを目指す経営」だと言えます。
ファイル 1700-2.jpg
 かつて(いまも?)同友会では「人間尊重の経営で飯が食えるか!?」と言う議論がありました。そのように問う人は、人間尊重の経営を「手段」として捉えているのでしょう。そうすると、経営指針書も「儲けるための手段」ということになります。

 では、「目的」だとすると、どうなるでしょう。
 例えば、経営が苦しく赤字になってきて「クビ切り」が頭に過ぎったとしましょう。労働法では30日前か30日分の給料を払えば良いとあるので、そうしようとする。それでも、解雇権の乱用にはお咎めがあります。
 労使見解には、労使関係とは一定の雇用関係であると同時に、現代においてはこれを軸にして生じた社会的関係でもあると定義づけています。つまり、雇用関係だけなら労働法に抵触しないし、そうしなければならない理由があれば解雇をしても良いが、社会的関係と捉えると、それだけではすまなくなります。
 中小企業は地域の人を社員として雇用しています。同じ地域社会、、滋賀、日本、世界を構成している仲間が、わが社で働いてくれているという社会的な関係があります。
 そうすると、経営が苦しいから法に則って「はい、さようなら」と考えることが出来るのでしょうか。世界を共に作っている仲間と思えば、苦しくても雇用を維持することに全力を集中する、たとえそれが無理でも再就職をどうするかまで考える。社会的関係とはそう言うことであり、人間尊重の経営を目的だと考える以上は、そういう事態にしないことは当然ですが、厳しい局面に至っても安易な解雇を行わない姿勢を貫くことが必要なのです。
 結局、「手段」「目的」の、どちらかだけではないことは確かです。

 最後に、「信仰」にしてしまっている人。
 信仰とは絶対者に対する合一的な態度です。労使見解がそうなってはいけません。だって、労使見解には答えは書いていませんから。そのかわり、一文一文が重いんです。そこを読み解き、いかす能力が問われます。
 例えば先に紹介した「人間尊重の経営」ですが、旧の「同友会運動の発展のために」には「個人の尊重」と定義づけられていました。新版にはそれが見当たりません。そこで、「人」と「個人」と言うことを考えてみましょう。
 「人」とは「人一般」としては捉えられない存在です。それを理想の「人一般」で定義づけてしまい、異質を認めないような条文に変える憲法改訂案が出されています。大事な視点は、欠点もある「個人」が社会を構成していることが自然な姿であり、そこに社会発展の推進力があると捉えることです。だから現憲法は国民の権利として「個人」を尊重すると定めています。「個人」とどのように向き合うかがキーワードであり、人間尊重の経営も、そこが要です。信仰にしていては、そういうことにまで考えが及ばないでしょう。
 皆さんの経営指針書の中にも、人間尊重を目指して、こういう経営をしてゆきたいというご自身の姿勢、メッセージがビンビンと伝わって来るには、わが社において個人をどう尊重していくかを明確に定めることが大切になります。

社員は幸せにしてやるもの?

 アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグは、社員さんの満足を衛生要因+動機づけ要因の理論を提唱しましたが、これは重要なことです。
 経営理念には「こういう会社を目指す」ということが出発点になりますが、社員さんは「いやぁ、カンニンしてください」ということが多いのです。
 一人ひとりの社員が達成感、成長感を持っていくことが理想ですから、社員と共に経営理念やそれを補足するものをテキストにして、共に学んでいくことが決定的に必要となります。朝礼や飲み会だけではたらないのです。そういうことと、経営者が率先して労働環境を整備し、働きやすい職場づくりに向けて時具体的に努力していくことが重要です。

「人間尊重の経営」では、儲けることはいけないこと?
ファイル 1700-3.jpg
 労使見解には経営者は企業の全機能をフルに発揮させて、利益を確保すると書かれています。
 利益を出すことについては、3つの考え方があると思います

 上場企業は株主価値の最大化のための利益を位置づけます。個人の金儲けのために、株を売り買いし、株価を上げるのが投資家の最大の命題です。

 利益を経営者と社員が食うために位置づけている会社は、多少の赤字でも「食えれば良い」となり、チョット儲かれば、浪費してしまいます。

 同友会は、わが社の理念の実現を目指し、理想の会社、地域住民と国民の幸福目指してなにをしていくか、働いてゆくのかを考えています。そのために利益が必要なのだと考えています。だから、利益を出すことは絶対条件なのです。
 ただし、どのような志があっても、同友会らしいやる方で利益追求することは言うまでもありません。

 社員のチョットした言葉や態度に腹が立つことがあります。「人間尊重の経営」では、こんな場合も我慢しなければならないのでしょうか?

 「労使の矛盾や紛争がまったくなくなることはありません」(労使見解5ページ)。
 個人とは、自分がかわいいし、自分がいちばんです。そう言う生き物だから、矛盾があります。これをどう克服するかはとても重要なことですが、労使見解には答えは書いてありません。
 経営指針書には単年度の計画を立てます。これを社員一人ひとりに降ろして、個人の単年度計画を作ってもらいます。これを中期計画と経営理念とに串刺しになるようにしていくことです。そうなると、目先の社員の短所に、キリキリしなくてすみます。「何のために」「いつまでに」「誰が」「何をするのか」をちゃんと作っていれば、大丈夫です。

「仕事」と「作業」について

 作業とは「1+1=2」でマニュアルの世界です。でも、これが出来ないと会社として存立できません。「1+1=3→4→5→6」にするのが経営者の仕事です。これは大変だから、経営者も「1+1=2」の作業をいつまでもやっているのです。これは思い違いです。
 「1+1=2」の作業は、人を雇ってやってもらうことです。そうすれば、雇用も増えます。
 人間尊重の経営は、労使見解の精神で社員と共に育つ経営です。教育訓練にお金をちゃんと遣うことも大切です。
 1000人以上の会社は社員の教育に月1469円遣っているという調査があります。いわんや、わが社なら最低でも月1500円はかけないと追いつきません。そういうこともしないで、社員に自発性や創造性を求めていくことは、経営者の責任を果たしていないと言えるでしょう。
(記 M・H)

第38期経営経営指針を創る会 第5講を開催しました。

 2016年11月26(土)午前10時より滋賀県中小企業家同友会とKE草津ビリのの会議室にて「第38期経営指針(経営理念+経営方針+経営計画)を創る会」の第5講が開催されました。

 経営労働委員会・服部委員長のご挨拶。長い一日のスタートです。
 受講生11名・OB&OG団15名・事務局3名、計29名にご参加頂きました。
ファイル 1694-1.jpg
 第5講は、テーマ勉強会からスタートです。
 宮川卓也前経営労働委員長から、「労使見解をもとに人間尊重経営について考える」をテーマに報告して頂きました。

※「労使見解」⇒http://www.doyu.jp/org/material/doc/roushi1.html

 労使見解の文言を経営にどう生かすのか?憲法にも触れながら、人としてでなく、一人ひとりの『個』と向き合うことが前提であり、経営者のするべきこと、経営理念の深み、重みが経営者が理解しているかなど、根源に迫る報告でした。
ファイル 1694-2.jpg
 各分科会では、今回課題として提出していただいた最終段階となる経営指針書を受講生の皆さんに発表してもらい、OB団からの質問に精一杯答えて頂きました。
 経営指針書の全体として理念が生きているのかを問い続けました。
ファイル 1694-3.jpg  
 分科会終了後、本日2回目のテーマ勉強会、企業変革支援プログラムⅡの説明を服部委員長から説明頂き、現時点での経営者による到達度評価から、課題分析のツールとしての活用が提起されました。

 いよいよ、次回は最終第6講です。今まで7か月間の学びを指針書に落とし込んで、模擬指針書発表に臨んで頂きます。受講生の皆さんあと少し。
「がんばって!」

記:川崎

経営指針を創る会 第4講開催しました

第38期経営指針を創る会も第4講となりました。受講生を含め、26名が同友会事務局で経営理念・方針と向き合いました。

全6講の折り返しとなり、課題は3カ年経営方針検討シートと財務分析、3カ年利益計画に基づく討論を行いました。
ファイル 1689-1.jpg
 毎回続く経営理念の再検討ですが、固まりつつある方、原点にもう一度立ち返る方、そして悩み続けている方、それぞれ経営指針書策定に向けて奮闘されていました。
 方針、計画の策定に進むにあたり、経営理念にどうつながっていくかがポイントになります。
 目先の課題解決も必要ですが、第3講の自社事業の分析シートを一歩進めた経営方針検討シートの策定により、いろいろなことが見えてきたと思います。
 第5講は、一気に経営指針にまとめていくこととなります。作業も増えていきますが、まとめ直す中で、再度経営理念を見つめ直すことができます。後もう1歩です。頑張って下さい。
ファイル 1689-2.jpg
しかし、経営指針書の策定は、ゴールではありません。OB・OG団も常に指針経営に取り組んでいます。共に、同友会の仲間として、良い経営をめざしましょう。

ファイル 1689-3.jpg

第38期経営指針を創る会第3講が終了しました。

第38期経営指針を創る会 第3講
ファイル 1660-1.jpg

 9月17日(土) 第38期経営指針を創る会(以下、「創る会」という。) 第3講が同友会事務局で開催され、27名が参加しました。
 第3講は、「自社の歴史に学び、外部、内部環境の分析」を通して、自社の固有のお役立ちを見いだすことが着地点です。
分科会では、「略年史」と照らし合わせ内部・外部環境との整合性から業績の要因を探り、自社のドメインに落とし込むことを目標に討論をすすめました。
ファイル 1660-2.jpg

「ドメインとは何か?」
 ドメインとは、経営理念を創る際、その理念を実現する「お役立ち」の方法を規定するもので、製品・サービスの「物理的」な面ではなく、「機能と役割」を探っていくものです。
 例えば、「印刷業」は、「物理面」では「製造業」に分類されます。さらに、「印刷・・同関連事業」へと細分化されます。そこで「お役立ち」へと深めることで「機能的ドメイン」は、「販売促進支援事業」というふうに規定することが出来ます。
 「機能的ドメイン」は、「どのようなサービス、商品を提供して地域や社会にどう貢献していくか!」の核をなすものです。
 分科会では、自社事業のキーワードからドメインを導き出すために討論をすすめました。
ファイル 1660-3.jpg

 いよいよ次回は10月15日(土)に第4講が開講されます。創る会も後半戦に突入し、「経営指針書」を完成させる上でより具体的な「方針」や「財務」、「経営計画」等の論議に入ります。
 

第38期経営指針を創る会ニュースVol.2 第1講を開催しました!

滋賀県中小企業家同友会
第38期経営指針を創る会ニュースVol.2
発行:平成28年8月20日(土)

ファイル 1643-1.jpg
ファイル 1643-2.jpg

第38期経営指針を創る会第2講が終了しました。

第38期 経営指針を創る会 第2講 まとめ記事

平成28年8月20(土)午前10時より、残暑厳しい夏空の下、滋賀県中小企業家同友会事務局にて「第38期経営指針を創る会」第2講が開催されました。11名の受講生と18名のOB団が参加しました。
ファイル 1647-1.jpg
分科会は第2講のテーマ「経営者の価値観、人生観、経営の目的、顧客、社員、社会の見方」とゴール「経営理念の土台を固める 科学性・社会性・人間性を具備する」に基づいて行われました。4班に分かれて事前課題である「経営理念検討シートⅡ」の報告、また活発な議論が交わされました。
ファイル 1647-2.jpg
そして第3講に向けて、「わが社の略年史」シート、また今期より新たに取り入れられた「年齢構成表」の解説が行われ、併せて「自社事業分析」シート作成のためのSWOT分析の手法を、ワークショップを通じて学びました。

第2講の分科会での報告は、そのテーマにもある通り、経営者としての経営姿勢を問い正し、経営者自身が真に大切にする価値観や人生観の再発見、社員を本物のパートナーとするためにどう向き合うかなど、どれだけ自分と向き合えるが問われる非常に重要なパートでもあります。それだけに「今まで考えたこともなかったことに気づけた」という受講生の方がいる一方で、「もう一度一から考え直します」と、迷われる中でも大変刺激を受けておられるように感じられました。
ファイル 1647-3.jpg
次講の課題は、より客観的にまた具体的な中期経営方針や計画の組み立ての前段階として自社の事業分析をしっかりと行うことです。それらがスムーズに行えるようになるためにも、ぜひ今回の第二講での分科会での議論や自分と向き合う時間の確保をしていただければと感じました。

                                                                                          by加賀山

ページ移動