記事一覧

トップ > 今月の企業訪問 > びわ湖かがやきカンパニーvol.65 2016年10月 鈴木ヘルスケアサービス株式会社

びわ湖かがやきカンパニーvol.65 2016年10月 鈴木ヘルスケアサービス株式会社

びわ湖かがやきカンパニーvol.64 2016年10月

鈴木ヘルスケアサービス株式会社

彦根を中心とする湖東エリアで介護事業を展開する鈴木ヘルスケアサービス。鍼灸院から介護事業に乗り出し、15年で県下5箇所に事業拠点を置き、変化が著しい介護業界で躍進を続けています。代表取締役の鈴木則成さん(滋賀県中小企業家同友会北近江支部彦根ブロック会員)を訪ねました。(取材/7月14日)

ファイル 1720-1.jpg
ファイル 1720-2.jpg
ファイル 1720-3.pdf

地域のニーズに応え
鍼灸院から介護事業へ

 介護事業に参入されるきっかけとは。

鈴木 昭和52年頃より父が彦根で鍼灸院を営んでおり、大学や他院で鍼灸やカイロプティックを学んでいた私は、平成4年に家業に入りました。在宅訪問の鍼灸治療をしていたとき、「今の介護サービスに不満がある。民間でもいいから良いサービスを受けたい」との声をよく聞いていました。ちょうど介護保制度が始まる前で、鍼灸師にもケアマネジャー(介護保険制度の中で利用者のサービス管理をする人)の資格を取得できるようになり、また、地域の皆さんが困っていた介護サービスに関してお役に立てたらとの思いから、平成11年に訪問介護をスタートし
ました。そして、介護保険制度が施行された翌年の平成13年、デイサービスをスタートしました。
 鍼灸治療院が始めた介護サービスということで信用度もあり、利用者のニーズを把握しながら徐々にサービスを拡大し、現在では、居宅介護支援事業所3か所、通所介護サービス事業所4か所、グループホームと小規模多機能ホームを各1か所運営しています。

業界8割を占める女性介護職員
出産・子育てを経ても
働きやすい職場に

 高齢化という社会情勢を背景に介護事業者が増えています。御社独自の取り組みとは。

鈴木 少子高齢化が進み、ケアハウスや介護サービス付きの高齢者住宅が相次いでできていますが、異業種から介護事業へ参入する企業の中にはサービスの質が追いついていないケースもあります。
 サービスは「人の質」により大きく変わるものです。一般的に介護職は重労働、低賃金、高離職率といわれていますが、介護をする側が満たされていなければ、なかなか良いサービスはできないものです。「働く環境を整える」ということを会社として出来る限り取り組んでいます。
 5年ほど前から厚生労働省の施策である、仕事と生活の調和を推進する「ワーク・ライフ・バランス」の実現に取り組み、この業界では異例ともいえる年間休日日数125日、連続休暇も取りやすい状態にしています。また、出産と子育てをしながらも仕事を継続できる体制「くるみん」認定を取得し、男性の育休取得、時間有給や短時間勤務、子連れでの出勤許可など子育て中のスタッフをサポートしています。「くるみん」の認定取得に関しては、出産で休業する女性職員の仕事を周りの職
員でカバーすることができるかということを各部署で話し合い、全社員で納得しがります。
 また、人材育成にも力を入れ、介護福祉士や介護支援専門員の受験対策講て決めることができました。職は100人ほどいますが、風通しの良
い会社を目指すべく年に2回ほど私が接トップに伝えられることで、仕事へのモチベーションが上がり、壁にぶかったときの方向性を変えることにつな座を社内で開催し、無資格の方には、働きながら無理なく介護資格を取得する制度を整え、受講時間を含めて給与を支給しています。これにより多くの職員がスキルアップし、当社の介護サービス力を高めています。

医療系ケアの充実
地域を見守り、まちづくりに貢献

 今後の課題やビジョンとは。

鈴木 良いサービスを提供するには、多大な設備費用や人件費が必要で、経営力が問われることになりますが、介護福祉と利潤追求は対局にあります。利益が上がれば報酬が引き下げられ、定期的な介護保険制度の見直しは中長期的なビジョンを描くことを難しくしています。変化の流れが速く、ひたすら向かい風が続く介護業界ですが、何とか持続的、永続的に事業を続けるため、将来について真剣に考え、戦略を描くことが事業者にとって必要だと考えています。
 介護の現場では、医療・看護系のケアを求められることが多くなっています。個人で開業されている訪問看護ステーションとの連携を深め、医療系ケアの充実を図っていく必要があります。
 また、当社は地域のさまざまな相談窓口である「地域包括支援センター」を受託しています。民間企業が受託するのは県内では当社1社のみ、全国的にみても珍しいケースです。相談を待つだけでなく、一人暮らしの高齢者宅を訪問し、お困りごとや介護ニーズについての実態調査を行っています。さらに高齢者だけでなく、保育に欠ける子どもたちの支援や障害を持つ方々の雇用など、事業を通してより良い町づくりに貢献していけたらと考えています。

鈴木ヘルスケアサービス株式会社
彦根市後三条町350-3
TEL:0749-24-0656
http://www.suzukihealthcare.co.jp/