記事一覧

トップ > コラム > 湖南支部 > 研究会(第49回たんぽぽプロジェクト)報告

研究会(第49回たんぽぽプロジェクト)報告

ファイル 1799-2.pdf

遅くなりましたが、滋賀県中小企業家同友会湖南支部 2017年度 研究グループ会の報告です。

ファイル 1799-1.jpg

テーマ:働きづらさを抱える人たちが生きるために、私たちができることは?
開催日時:平成29年 5月29日(月) 18:30~21:00
会  場:草津まちづくりセンター 308号室

参 加 者(順不同)
河村朱美さん:(株)古川与助商店、松崎悦子さん:(株)EGS、宮川絵理子さん:宮川バネ工業(株
北村順子さん:(株)B&Mテクノサービス、佐藤滋子さん:社会福祉法人パレットミル、高瀬博之さん、(株)フレックスコンピュータシステム、中村明久さん:藤野商事(株))、 上田幹人さん:(株)アーム保険設計、河村剛さん:(株)ローカライズ、佐倉正治さん:一般社団法人オールヒューマン、黒田史子さん:(株)ShigaApps、野武真須美さん:(株)メンタルパワーサポート、寺村重一さん:滋賀県社会福祉協議会、遠城孝幸:NPO法人四葉のクローバー、青木智彦さん・高尾陽子さん:北大津養護学校、笠井さん:プレゼンスクリエイト、以上17名

内容
人を生かす経営をベースに、中小企業の経営者だからできる、就労困難者の支援について、外部参加者も交え、ワークショップ形式で、交流を持ちながら仮説の検証をした。同友会企業の活動を知ってもらう機会や、経営者の視点で見落としがちな観点を手に入れる機会となった。また、今後就労困難者の採用を考える上での、人脈作りにもなった。課題が明確になり、行動の具体化に1歩近づいたと言える。

1.たんぽぽプロジェクト研究会の紹介
2.働きづらさを抱える人たちの「はじめの一歩のきっかけづくり」
3.働きづらさを抱えている人の雇用を考えている企業へ「はじめの一歩もきっかけづくり」
4.中小企業を含んだ、ちょっと大きなご近所コミュニティ(仮説)について
5.事例紹介(古川与助商店:河村さん、ローカライズ:河村さん、プレゼンスクリエイト:笠井さんより
6.ご近所さん的な等身大の支援のカタチについて
7.ワークショップ
・実現すると、どんないいことがあるか?
・実現するには、どんな阻害要因や課題があるか?
・発表
8.滋賀県社会福祉協議会 寺村様より、活動案内
9.感想にて