記事一覧

トップ > コラム > 湖南支部 > 「採用」からの「共育」 湖南支部7月例会を開催しました!

「採用」からの「共育」 湖南支部7月例会を開催しました!

2017年7月18日(火)にフェリエ南草津 草津市立市民交流プラザ 大会議室にて、湖南支部7月例会が参加者24名の中開催されました。

ファイル 1804-1.jpg

今回の例会では、滋賀同友会 共育委員会委員長の小田柿 喜暢さん 大洋産業(株) 代表取締役に「社員と共に未来を切り拓く!」~儲かるより、魅力ある会社を目指して~をテーマにご報告頂きました。

湖南支部では前月に、宮川 草平さん 宮川バネ工業(株) 代表取締役に「採用」の部分でのご報告をして頂きました。今回の小田柿さんの報告では主に採用後の「共育」についてご報告をして頂きました。

ファイル 1804-2.jpg

小田柿さんの会社を急遽受け継がれた話から始まり、自分が経営者になり、どのように会社を変えていかれたのか?具体的な活動の事例よりご報告頂きました。

「社長が一人突っ走ってはいけない、社員と共に育ち合う環境が必要である。だから共育ちなんです」という小田柿さんのご報告からは多くの学びと気付きを頂きました。

ファイル 1804-3.jpg

経営者は永遠ではない、しかし会社は永遠に続いていって欲しい、そう考えるならば、社長一人が成長するのではなく社員も共に成長していかなくてはならない。その環境を創り上げるのは経営者の仕事です。
小田柿さんのご報告からは、改めて共育ちの必要性と、社員が育つ職場環境を創り上げるのは経営者の使命である事を学ぶ事ができた例会でした。

ファイル 1804-4.jpg

ファイル 1804-5.jpg

記 M,R