記事一覧

トップ > コラム > 湖南支部 > 経営者にとって必須の能力。コミュニケーション能力を学ぶ!湖南支部8月納涼例会を開催しました!

経営者にとって必須の能力。コミュニケーション能力を学ぶ!湖南支部8月納涼例会を開催しました!

2017年8月22日(火)にこんぜの里 森遊館・未来館にて、湖南支部8月納涼例会が参加者36名の中開催されました。

ファイル 1820-1.jpg

今回で3回目となる湖南支部8月の納涼例会。
今年は、講師に湖南支部運営委員でもある、櫻井 悦子さん(研修オフィスSAKURA 代表)をお呼びして、「SPトランプ体験会」を開催しました!

ファイル 1820-2.jpg

「SPトランプ」とは、トランプ式のカードを使い、人間の持つさまざまな面をとりあげて、キャラクター化し、ニックネームを付けたもので、各自の性格特徴、強み、弱み、成長課題等を知ることができるものです。
イリノイ大学のソーシャルスタイル理論を参考に、4つのタイプ分類もできるため、自己の様々な特徴、他者の特徴、他者との関係性、他者への効果的な対応方法等を、簡単に知る事もできます。
近年ではコミュニケーションスキルの向上などの教材として、企業や大学、子育て支援、婚活支援等、幅広いジャンルで活用されています。

今回はその「SPトランプ」を体験し、他者とのコミュニケーション対応力をゲーム感覚で楽しみながら学びました。

ファイル 1820-3.jpg
ファイル 1820-4.jpg

人はそれぞれ性格が違います。またその時の環境や人に対して、その人が見せる性格は都度違ってきます。そういったことを学びながら、こういったタイプの人はこう話せば良いのか、この時は自分はこういった態度を取れば円滑にコミュニケーションができるんだ、ということを学び、遊びながらも奥の深い勉強会でした。

ファイル 1820-5.jpg

第2部では、それぞれの性格のタイプが分かったところでBBQ交流会が始まり、参加された皆様は交流会を楽しんでおられました。

生きていく上で、対人関係は避けては通れません。特に経営者の方は、従業員や取引先の方と会う機会も多く、よりコミュニケーションスキルが問われます。
今回の納涼例会では、楽しみながらコミュニケーション能力を学ぶことができた例会でした。

記 M,R