記事一覧

トップ > コラム > 大津支部 > 大津支部恒例 日吉中学校 唐崎中学校へ「Working講座」の講師を担当しました。

大津支部恒例 日吉中学校 唐崎中学校へ「Working講座」の講師を担当しました。

2017年10月17日(火)13:25~14:15 日吉中学校
2017年10月25日(水)11:55~12:45 唐崎中学校へ、大津支部の毎年の恒例行事でもある、中学生へ「働くとは?」をテーマに、大津支部会員が講師を担当する、「唐崎・日吉Working講座」を開催しました。

日吉中学校の講師には、
・山脇 秀錬氏 オーパルオプテックス(株) 代表取締役
・松﨑 悦子氏 (株)EGS 代表取締役
・松井 敬樹氏 サークルワークス 代表
・梅田 智彦氏 (株)あぐり進学 西大津教室 教室長
に担当して頂き、
唐崎中学校の講師には、
・加賀山 望氏 安心コンサル(有) 代表取締役
・竹林 竜一氏 (株)Re-birth 代表取締役
・梅田 智彦氏 (株)あぐり進学 西大津教室 教室長
に担当して頂きました。

ファイル 1848-1.jpg

まだまだ中学生達には、働くということに実感は持てません。
その中学生に対して、「働くとは?」をテーマで講義を行う。
これほど難しいことはないと思います。

しかしだからこそ、普段なかなかじっくりと考えることができない、「何故経営をしているのか?」「自分は何がしたいのか?」「働くとはどういうことなのか?」について向き合う機会でもあります。

ファイル 1848-2.jpg

しかも伝える対象が中学生なので、より分かりやすく、自分の想いを話さなければなりません。
自分の想いを相手に伝える。これは社内でも避けては通れないものであり、その練習にもなります。

ファイル 1848-3.jpg

講師依頼として、中学校より依頼を頂いていますが、本当に勉強になるのは、講師を担当される経営者だと思います。
講師を担当された経営者の方からは、「自分自身の気持ちを今一度、確認する良い機会だった」という声も聞きます。
まさに、同友会が掲げている、報告を聞く側も勉強、話す側も勉強という想いを体現している事業です。

ファイル 1848-4.jpg

来年もこの「working講座」は開催予定です。
是非、大津支部会員の皆様、ご参加下さい。

記M,R