リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ

経営理念の確立とは生きる姿勢を確立させること~高島ブロック7月例会

 滋賀県中小企業家同友会(滋賀同友会)高島ブロック7月例会が14日(金)18時30分から21時まで安曇川公民館で行われ6人が参加しました。
 今回の基本テーマは6月例会に続き「強い企業づくりの基礎を固める」です。
 問題提起者には滋賀同友会理事で経営労働委員長の服部兼一さん(服部コンサルタント事務所 代表)をお迎えし「経営理念の確立!~わが社は社会に何でお役立ちしていますか?~」をテーマに60分間お話しいただき、経営姿勢の確立、すなわち経営能力を高め人間力を高めることについて自分自身を振り返りました。
 同友会の学び合いに参加していなければ、合い「経営の社会性」という切り口で、おそらくこれ程までに自分の生きる姿勢を問い返すことは無かったであろうと思う例会でした。

ファイル 1801-1.jpg


ファイル 1801-2.jpg


ファイル 1801-3.jpg

2017年度新入社員フォローアップ研修会~課題を整理し解決への思いを固める一日でした!~

 滋賀県中小企業家同友会共育(求人)委員会主催の2017年度新入社員フォローアップ研修会が7月14日(金)9時30分から16時30分まで草津市立市民交流プラザで開催され、4社より9人の新入社員と共育委員会スタッフ6人の参加で行われました。

 司会は橋本純次さん(共育委員、(株)ビイサイドプランニング メディア事業部 マネージャー)。
 上田幹人さん(共育委員、(株)アーム保険設計 専務取締役)より「経営者や先輩、仲間の支えで研修会に参加できていることを良く意識して、今日一日研修に臨んで下さい。幸いにして少人数ですので、全員と深く討論して学びあって下さい」と挨拶があり、スタート。

 まずチームビルディング体験ワークで、気持ちをほぐしながらも、限られた時間で計画を立て、成果を生み出すという共同作業を行いました。

ファイル 1800-1.jpg

 続いて「働くことでの学び・気づき~入社3ヶ月を振り返って~」をテーマに辻淳志さん(生活協同組合コープしが)が体験報告。「ご高齢の組合員さんから“あなたが配達にきてくれると元気がもらえる”と声を掛けていただき、暮らしに役立つ仕事をしていることを実感しています。自分も多くの人々に支えられていることを知ることで幸せを感じ、さらに頼られる担当者として頑張ってゆきたい」と、失敗も経験しながら、先輩や同僚、仲間に支えられて前向きに歩んでいることが報告されました。

ファイル 1800-2.jpg

 体験報告を受けて「入社して自分はどのように変化・成長したか、これからの課題は何か」をテーマにグループ討論。参加者から「新入社員は同じような悩みを持っていることを知り、自分だけではないと心が少し軽くなりました。でも失敗を教訓にして、社会人としての自覚と責任感を高めて、お客様にお役立ちが出来る自分へと成長してゆきたい」などの意見が交わされました。

ファイル 1800-3.jpg

 午後からは「わが社の経営理念と私の働く喜び」をテーマに(株)ビイサイドプランニングの山内里華さんから先輩社員の体験報告が行われました。山内さんはメディア事業部で営業をされています。会社の理念は「元気発信!私たちは人と企業を元気にします、地域社会を元気にします、働く仲間とその家族を元気にします」ですが、入社した頃は意識できなかったとか。でも、営業という仕事を通じてお客様と会話し、お客様の会社が良くなるためのお手伝いが自分の仕事であることを理解する中で、理念が身につき働くことの力になってきたことを報告されました。

 このあと「あなたは何のために働いていますか?」をテーマにグループ討論。参加者からは「相手の立場になって考えることで、見えてくることがある。仕事は生活の糧を得るためだけの手段ではなく、社会に役立ち、自分の可能性を広め、より良い楽しい人生を創造していくために行っている人間らしい行為であることに気がついた」という声が寄せられました。

ファイル 1800-4.jpg

 締めの研修は「目標の立て方と進め方」をテーマにプレゼンスクリエイトの笠井智美さんより講義と演習を行っていただきました。
 笠井さんは何のためにという目的を定め、その実現を目指して目標と数字ではかれる計画定め、仕事は「気分が乗らなくても、やるべきことはやる」という姿勢で取組むことや、「お客さんは誰か、私は何を提供しているのか」など会社の事業領域と事業活動と自分の目標が一体となっていることを理解することの重要性をお話しいただきました。


 参加者からは「難しい課題が与えられても投げ出さないで、達成できる小さな目標を定めて、モチベーションを上げて継続して行動しようと思いました」と明日からの行動を固める声が寄せられました。

ファイル 1800-5.jpg

 今回は少人数の研修でしたが、その分しっかり全員が主人公として参加することが出来ました。
 共育委員会としても、今後の研修の持ち方にも教訓を得た研修会でした。(M・H)

研究会(第49回たんぽぽプロジェクト)報告

ファイル 1799-2.pdf

遅くなりましたが、滋賀県中小企業家同友会湖南支部 2017年度 研究グループ会の報告です。

ファイル 1799-1.jpg

テーマ:働きづらさを抱える人たちが生きるために、私たちができることは?
開催日時:平成29年 5月29日(月) 18:30~21:00
会  場:草津まちづくりセンター 308号室

参 加 者(順不同)
河村朱美さん:(株)古川与助商店、松崎悦子さん:(株)EGS、宮川絵理子さん:宮川バネ工業(株
北村順子さん:(株)B&Mテクノサービス、佐藤滋子さん:社会福祉法人パレットミル、高瀬博之さん、(株)フレックスコンピュータシステム、中村明久さん:藤野商事(株))、 上田幹人さん:(株)アーム保険設計、河村剛さん:(株)ローカライズ、佐倉正治さん:一般社団法人オールヒューマン、黒田史子さん:(株)ShigaApps、野武真須美さん:(株)メンタルパワーサポート、寺村重一さん:滋賀県社会福祉協議会、遠城孝幸:NPO法人四葉のクローバー、青木智彦さん・高尾陽子さん:北大津養護学校、笠井さん:プレゼンスクリエイト、以上17名

内容
人を生かす経営をベースに、中小企業の経営者だからできる、就労困難者の支援について、外部参加者も交え、ワークショップ形式で、交流を持ちながら仮説の検証をした。同友会企業の活動を知ってもらう機会や、経営者の視点で見落としがちな観点を手に入れる機会となった。また、今後就労困難者の採用を考える上での、人脈作りにもなった。課題が明確になり、行動の具体化に1歩近づいたと言える。

1.たんぽぽプロジェクト研究会の紹介
2.働きづらさを抱える人たちの「はじめの一歩のきっかけづくり」
3.働きづらさを抱えている人の雇用を考えている企業へ「はじめの一歩もきっかけづくり」
4.中小企業を含んだ、ちょっと大きなご近所コミュニティ(仮説)について
5.事例紹介(古川与助商店:河村さん、ローカライズ:河村さん、プレゼンスクリエイト:笠井さんより
6.ご近所さん的な等身大の支援のカタチについて
7.ワークショップ
・実現すると、どんないいことがあるか?
・実現するには、どんな阻害要因や課題があるか?
・発表
8.滋賀県社会福祉協議会 寺村様より、活動案内
9.感想にて

湖南支部 7月例会のご案内

ファイル 1798-1.pdf

ゲストもちろん大歓迎!!!です。参加は下記URLよりお願いします。
https://shiga.e-doyu.jp/s.event/showDetail.html?init&eid=575581

テーマ:『社員と共に未来を切り拓く!』
     〜儲かるより、魅力ある会社を目指して〜


報告者:大洋産業株式会社 代表取締役 小田柿喜暢 氏


2000年、ハローワークを介して中途採用で入社。
その後、役員などを経て8年後には社長に就任されますが、先代、先々代が相次いで他界。
自社のこれまでの経営史さえ分からない中での事業承継、さらにリーマンショックという
事業環境の激変にも見舞われ、歴史ある会社を率いていかなければならないというプレッシャー
に押しつぶされそうになりながらも、自らが積極的に学び、行動し、挑戦し続けてこられました。

そんな小田柿氏がこの苦難を乗り越えられたのは「全社員の団結」でした。

現在、海外(ベトナム)へも事業展開をされている小田柿氏、「同友会で勉強すればするほど
社員とのギャップが広がった」との反省を振り返りつつも、経営理念や自らの考えを積極的に
社員に発信し続け、社員と共有することで強い組織を作り上げて来られました。

湖南支部7月例会は、「社員共育」の難しさを実感しながらも、社員と向き合い
「みんなが社会から認められる、魅力ある会社」を目指して行なっておられる取り組みや
考え方をご報告いただきます。
もちろん「事業承継」、「理念経営」にも触れていただけます。
中堅・幹部社員様とご一緒にご参加ください!

例会の出席依頼へのご回答は、できる限り自身でのご回答をお願いしております。
不参加であっても、edoyuへのご入力をお願いします。

例会終了後、希望者にて懇親会を予定しております。(5000円前後)
皆で例会の続きを…アツいディスカッションをしましょう♪
アンケートにて参加、不参加の登録をお願いします。

ゲスト、社員さんの申し込みはこちら
https://shiga.e-doyu.jp/s.event/

わが社の経営理念 №5 有限会社濱本新聞舗

◯シリーズ「わが社の経営理念」の掲載にあたって

                         滋賀県中小企業家同友会 事務局


 滋賀県中小企業家同友会では、一段と激しく変化し続ける経営環境のなかで、継続して発展し続ける企業づくりを進めるために、「経営指針を創る会」による経営指針(経営理念+10年ビジョン+経営方針+経営計画)の成文化と全社的な実践運動に取組んでいます。
 とりわけ、「科学性」「社会性」「人間性」の3つの側面で妥当性のある経営理念は、継続的・計画的に社会に役立つ事業を遂行する経営の価値判断の基準であり、経営者の生きる姿勢そのものでもあり、その成文化に力を注いでいます。
 経営理念を重視した経営指針書による経営が多くの中小企業で取組まれることで、社員やその家族、地域の人々にとって必要とされる元気で魅力ある企業がふえ、幸せの見える地域が広がることを願い、「経営指針を創る会」を通じて成文化された経営理念を会の内外へ公開してまいります。

◯わが社の経営理念  №5
                              2017年7月11日掲載
会社名 (有)濱本新聞舗
役職・お名前 代表取締役  濵本博樹
主な事業内容 新聞販売
住 所 〒520-0533 大津市朝日1丁目15-6
電 話 077-573-6541
ホームページ http://www.asahi-kosei.com/
創る会 第34期経営指針を創る会修了(2014年)
所 属 滋賀県中小企業家同友会大津支部

経営理念

『みんなで明るい未来を創造する』
一、私たちは、サービスアンカーとしての役割と可能性で多様化する時代のニーズにこたえ、信頼され愛される業界№.1の新聞販売店をめざします。
一、私たちは、社員一人ひとりが夢と誇りを持ち、お互いの個性を尊重し合うことで、共に学び成長していける働きがいのある職場づくりをめざします。
一、私たちは、人と人とのふれあいから笑顔の絆を増やし、豊かで安心できる街づくりに貢献していきます。


経営者の経営理念への思い(解説等)

社員とその家族、お客様や地域に住む人々、取引先など当社と関わりのある方すべてが幸せになるような会社!人、会社、地域がどうやったら良くなるか?みんなで一緒に考えていけたらいいな!そういう想いのある人がいっぱい集まってきて欲しい!サービスアンカー = サービスをお届けできる最終走者として、配達・集金のパートさんにも熱く、やりがいと誇りをもって働いてもらいたいという想いを込めました。

ファイル 1797-1.jpg

経営理念の確立、経営指針の成文化についてのお問合せは、滋賀県中小企業家同友会事務局までお願いをいたします。

滋賀県中小企業家同友会
TEL077(561)5333
FAX077(561)5334

=滋賀同友会事務局理念=
1.私たちは、素敵な経営者(人)と企業を増やすことで、素敵な地域社会づくりを担います。
 ~素敵な地域社会を創造しよう~
2.私たちは多くの人々と繋がって、社会の進歩と発展に貢献する、素敵な人生をめざします。
 ~素敵な人生を創造しよう~

わが社の経営理念 №4 株式会社アーム保険設計

◯シリーズ「わが社の経営理念」の掲載にあたって

                         滋賀県中小企業家同友会 事務局


 滋賀県中小企業家同友会では、一段と激しく変化し続ける経営環境のなかで、継続して発展し続ける企業づくりを進めるために、「経営指針を創る会」による経営指針(経営理念+10年ビジョン+経営方針+経営計画)の成文化と全社的な実践運動に取組んでいます。
 とりわけ、「科学性」「社会性」「人間性」の3つの側面で妥当性のある経営理念は、継続的・計画的に社会に役立つ事業を遂行する経営の価値判断の基準であり、経営者の生きる姿勢そのものでもあり、その成文化に力を注いでいます。
 経営理念を重視した経営指針書による経営が多くの中小企業で取組まれることで、社員やその家族、地域の人々にとって必要とされる元気で魅力ある企業がふえ、幸せの見える地域が広がることを願い、「経営指針を創る会」を通じて成文化された経営理念を会の内外へ公開してまいります。

◯わが社の経営理念  №4
                              2017年7月11日掲載
会社名 株式会社アーム保険設計
役職・お名前 専務取締役 上田 幹人
主な事業内容 保険代理店業 保険販売
住 所〒520-0052 大津市朝日が丘1-9-6
電 話077-510-0010
ホームページ http://www.armhoken.com/
創る会 第33期経営指針を創る会修了(2013年)
所 属 滋賀県中小企業家同友会大津支部

経営理念

アーム保険設計は、適切な保険設計を通じて
安心、安全、「優しさ」を創り出す企業です


経営者の経営理念への思い(解説等)

「適切な」にはお客様に、無理なく、無駄なく、ちょうどいい保険で提案することの重要性をうたっています。プロとして自信を持ち、お客様の可能性を引き出せるような提案をしたいです。「保険設計」は保険は組立ていくものだということです。必要な分だけ加入することが大切なのです。保険を通じて、安心、安全、「優しさ」を創り出したいです。

ファイル 1796-1.jpg

経営理念の確立、経営指針の成文化についてのお問合せは、滋賀県中小企業家同友会事務局までお願いをいたします。

滋賀県中小企業家同友会
TEL077(561)5333
FAX077(561)5334

=滋賀同友会事務局理念=
1.私たちは、素敵な経営者(人)と企業を増やすことで、素敵な地域社会づくりを担います。
 ~素敵な地域社会を創造しよう~
2.私たちは多くの人々と繋がって、社会の進歩と発展に貢献する、素敵な人生をめざします。
 ~素敵な人生を創造しよう~

北近江支部7月例会~労使見解が要求する企業づくりは生きる姿勢の確立から~

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部7月例会は110日(月)18:30~21:00まで北ビワコホテルグラツィエで行われ、24人が参加しました。
 「失敗から気づく、わが社発展の法則~同友会での正しい学び方と実践の仕方とは~」をテーマに、廣瀬 元行 滋賀県中小企業家同友会 専務理事よ、労使見解が要求する4つの視点(経営姿勢の確立、経営指針の成文化、社員をパートナーと位置づけ共育ち、経営環境の改善)と、その推進エンジンとなる経営姿勢の確立について問題提起され、理想の企業、理想の経営者、理想の人間像についてディスカッションしました。

ファイル 1803-1.jpg


ファイル 1803-2.jpg


ファイル 1803-3.jpg


ファイル 1803-4.jpg


ファイル 1803-5.jpg

わが社の経営理念 №3 有限会社ワークロード

◯シリーズ「わが社の経営理念」の掲載にあたって

                         滋賀県中小企業家同友会 事務局


 滋賀県中小企業家同友会では、一段と激しく変化し続ける経営環境のなかで、継続して発展し続ける企業づくりを進めるために、「経営指針を創る会」による経営指針(経営理念+10年ビジョン+経営方針+経営計画)の成文化と全社的な実践運動に取組んでいます。
 とりわけ、「科学性」「社会性」「人間性」の3つの側面で妥当性のある経営理念は、継続的・計画的に社会に役立つ事業を遂行する経営の価値判断の基準であり、経営者の生きる姿勢そのものでもあり、その成文化に力を注いでいます。
経営理念を重視した経営指針書による経営が多くの中小企業で取組まれることで、社員やその家族、地域の人々にとって必要とされる元気で魅力ある企業がふえ、幸せの見える地域が広がることを願い、「経営指針を創る会」を通じて成文化された経営理念を会の内外へ公開してまいります。

◯わが社の経営理念  №3
                              2017年7月10日掲載
会社名 有限会社ワークロード
役職・お名前 代表取締役 川崎 博治
主な事業内容 包装資材、関連機器販売、包装設計、商品企画、パッケージデザイン制作
住 所〒520-3107 滋賀県湖南市石部東3-8-1-1
電 話0748-77-6950
ホームページ http://www.workload.co.jp/
創る会 第14期 経営指針を創る会修了(2001年)
所 属 滋賀県中小企業家同友会甲賀支部

経営理念

 一、私たちは正しい包装と楽しいモノづくりに協働します。
 一、私たちは価値最良の流通経済に貢献します。
 一、私たちは笑顔と親切を大切にして相互の幸せを大切にします。


経営者の経営理念への思い(解説等)

私たちは地域経済を担う「モノづくり」の発展を大切に考えよりよい商品が効率よく生産されスムーズに流通する包装と物流の最適化に取り組んでいます。
目指す最適は「正しく美しく」簡素を基本に環境や資源を大切に考え材料や経費が有効に活用される包装技法の展開です。
さらには地元企業と連携して農産品や加工品など新しい商品やサービスに参画し販売支援を通じて地域と共に発展する企業づくりをめざします。

ファイル 1794-1.jpg

経営理念の確立、経営指針の成文化についてのお問合せは、滋賀県中小企業家同友会事務局までお願いをいたします。

滋賀県中小企業家同友会
TEL077(561)5333
FAX077(561)5334

=滋賀同友会事務局理念=
1.私たちは、素敵な経営者(人)と企業を増やすことで、素敵な地域社会づくりを担います。
 ~素敵な地域社会を創造しよう~
2.私たちは多くの人々と繋がって、社会の進歩と発展に貢献する、素敵な人生をめざします。
 ~素敵な人生を創造しよう~

中同協第49回定時総会に滋賀同友会より24名が参加(登録)しました。

中小企業家同友会全国協議会(中同協)主催の第49回定時総会が7月6日(木)~7日(金)に名古屋国際会議場で開催され、滋賀県中小企業家同友会(滋賀同友会)より24名が参加しました。

=滋賀同友会の参加(登録)者 順不同・敬称略=

No. 支部 企業名 氏名
1 北近江 (株)PRO-SEED 青柳 孝幸
2 甲賀 (株)シンコーメタリコン 綾野 道雄
3 北近江 (株)エース産業機器 荒木 順平
4 大津 (株)コスモ電設 岩見 祐二
5 大津 (株)アーム保険設計 上田 幹人
6 東近江 滋賀建機(株) 蔭山 孝夫
7 甲賀 (有)ワークロード 川崎 博治
8 高島 (株)川原林工務店 川原林 弘康
9 東近江 (株)三省堂 大橋 慶之
10 大津 (株)ローカライズ 河村 剛
11 甲賀 特定非営利活動法人マイ・ライフ 小林 季史
12 大津 (株)坂田工務店 坂田 徳一
13 北近江 (株)クローバー 澤田 友宏
14 湖南 滋賀ビジネスマシン(株) 田井 勝実
15 甲賀 (株)サン機工 田中 真
16 湖南 大津発條(株) 坪田 明
17 甲賀 社会福祉法人共生シンフォニー 中崎 ひとみ
18 大津 (株)ピアライフ 永井 茂一
19 大津 (有)浜本新聞舗 濱本 博樹
20 北近江 松尾バルブ工業(株) 松尾 直樹
21 員外 立命館大学 北山 幸子
22 北近江 (株)渡辺工業 水野 透
23 東近江 宮川バネ工業(株) 宮川 草平
24 員外 滋賀県中小企業家同友会 廣瀬 元行

ファイル 1802-1.jpg

全体会で総会議案提案が行われたあと、同友会運動、経営課題、地域課題に分かれた分科会でしっかりと学び合い。
ファイル 1802-2.jpg


ファイル 1802-3.jpg

そして初日の仕上げは懇親会。

ファイル 1802-4.jpg
二日目はパネル討論があり、人を生かす経営の実践をガッツリと学びました。
ファイル 1802-5.jpg

滋賀県中小企業家同友会より中同協幹事には、次の3名が選任されました。
 蔭山孝夫 滋賀建機(株)会長 滋賀同友会代表理事
 青木孝守 (株)あぐり進学 代表取締役 滋賀同友会副代表理事
 水野 透 (株)渡辺工業 代表取締役 滋賀同友会副代表理事

南比良森林組合の役員の皆さんで懇親会in 志賀町に大津支部会員の方々がご参加されました!

滋賀県中小企業家同友会の大津支部の会員である、坂田さん、河村さん、乾さんが、7月1日に行われた、南比良森林組合の役員の皆さんで懇親会in 志賀町に参加されました!

ファイル 1791-1.jpg

ファイル 1791-2.jpg

滋賀県中小企業家同友会大津支部と南比良生産森林組合では「琵琶湖森林づくりパートナー協定」が組まれています。
一昨年の11月に南比良生産森林組合との森林づくりパートナー協定を5年間延長させていただきました。
この協定は琵琶湖の保全整備を同友会企業が協賛し進める社会貢献活動となります。
また森林の保全整備を進めることで、CO2の吸収を促進し地球温暖化防止にも貢献しています。

また大津支部では毎年、南比良生産森林組合さんと8月に納涼会「同友の森」を開催しています!
南比良の自然豊かな場所で、山登りやバーベキューを行い交流を深めています!

今年も8月26日に開催予定です。
今年の「同友の森」は例年以上に楽しい自然と共生の空間となります!
お子様向けの森の教室も計画中!
大好評の森を知るBBQも開催!
夏休み最後のイベントお見逃し無く!!

記K,T(Facebook 一部引用)