リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 北近江支部

北近江支部彦根ブロック合同新年会えお開催しました。

滋賀県中小企業家同友会北近江支部は1月21日(木)本会新春例会の後、18時から彦根駅東口前の喜多屋(きたや)で彦根ブロックと合同で新年会を開催しました。今年も仲間意識を大切に、学んで良い会社づくりを目指すぞ~!

ファイル 1559-1.jpg
ファイル 1559-2.jpg
ファイル 1559-3.jpg
ファイル 1559-4.jpg

顧客・地域から愛され、貢献し続ける経営実践から学びました~北近江支部12月例会~

滋賀県中小企業家同友会北近江支部12月例会のご報告

と き:12月21日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテルグラツィエ
報告テーマ:お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して~行政、全国の同業者も注目!~
報告者:株式会社レークケア 代表取締役 西村 雄一 氏
参加者:23人

ファイル 1542-1.jpg
 北近江支部12月例会では、株式会社レークケア 代表取締役西村 雄一様に「お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して」というテーマでご報告いただきました。
 報告は、まず西村さんの自己紹介から始まりました。
 今から14~15年前、当時勤務されていた㈱レークメディカルの藤岡社長と西村さんがお話された時、「甲賀地域に医療モールを作りたい」地域の人が住み慣れた場所で健康に暮らせるようにしたい」と強い思いを持ちます。
ファイル 1542-2.jpg
 西村さんは、その思いを実現するために㈱レークケアを2013年に設立されました。
 現在は、薬局3店舗を経営され、昨年には、通所介護「懐かし処いろり家」を開設され、将来的にはグループホームやサービス付高齢者住宅、また配置薬の認可も取得し、着実に「地域見守りネットワーク」を実現されています。
 また、「全国実力薬局100選」を3年連続で受賞され、薬局内では60ものカルチャー教室を開催し、夏祭りやグランドゴルフ、お客様との国内外旅行など。薬局の領域を超え、地域に根差した事業、社会貢献を従業員のみなさんとともに実践されています。
 西村さんは、医療モール構築にあたり、様々な機関、企業を誘致されていますが、自ら行動され、時には地域の皆さんのことを考えるあまりに、熱くなりすぎて相手の方に不愉快な思いをさせてしまったこともあったようです。これも地域と真剣に向き合い、地域の人が安心して暮らせるようにしたいと言う思いがそうさせたのではないかと思います。
 結果として、西村さんの思いが伝わり医療機関や居宅介護支援事業所を誘致されています。
ファイル 1542-3.jpg
 グループ討論では、「あなたの会社にとって地域へのお役立ちは何ですか?」「この先地域の為にできることは?」をテーマに活発な議論が交わされました。経営者は、どちらかと言うと普段は自社の事業の事を考えることが多いかと思いますが、地域について考え、討論できる良い機会だったとの意見もありました。
ファイル 1542-4.jpg
 地域に根差した西村さんの報告は、地域の経営者として、地域の住民として、考えさせられ、参加者のみなさんは多くの気づきが得られたのではないかと思います。(クローバー澤田記)
ファイル 1542-5.jpg

彦根地区会を盛況に開催しました!

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部の彦根地区会が11月11日(水)17:30~21:00まで、彦根駅前の中国料理 龍鱗さんで行われました。
ファイル 1526-1.jpg
 「今こんなことで困っています!!」をテーマに、水野透(株)渡辺工業 社長、青柳孝幸(株)プロシード 社長、小田柿喜暢 大洋産業(株) 社長より話題を提供していただきました。

 3名様のお話は、「ここだけの話」ゆえ書くことができない実践事例も含めて、実に興味深く、教訓的なものでした(参加者にとっては刺激的でした)。
ファイル 1526-2.jpg
 しかしながら、そこは同友会での学びの場らしく、やはり人材の採用と教育(共育)が中心課題。自社の強みや魅力をいかにして発信するのか、賃金だけでは図れない労使の信頼関係をいかにして築くのか、自主的社員が育つ考え方を伝える共育、財務体質を強くする経営者の姿勢などがディスカッションされ、アッという間に60分が過ぎました。
ファイル 1526-3.jpg
 学びのあとは懇親会!!
 新会員さんやゲスト参加の方もいらっしゃって大いに盛り上がり、彦根地区で同友会メンバーを増やしていこうと意気を上げました。
ファイル 1526-4.jpg
 次回は2016年1月に開催を予定しております。

北近江支部10月例会が開催されました。

滋賀県中小企業家同友会
北近江支部10月例会

と き:10月26日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテル グラツィエ
テーマ:「社員の”やる気”引き出せていますか?~社員の創意と自主性を育む〝人を生かす経営〟の実践~」
報告者 :永井茂一氏 ㈱ピアライフ 代表取締役(滋賀同友会/共育副委員長・副代表理事)
参加者:29人

北近江支部10月例会では、株式会社ピュアライフ 代表取締役 永井茂一さんに「社員の"やる気"を引き出せていますか?」~社員の創意と自主性を育む"人を生かす経営"の実践~ というテーマで、ご報告いただきました。
ファイル 1520-1.jpg
永井さんは、経営者として25年、同友会運動に学び始めてから22年となり、同友会内では、経営労働委員長、大津支部長、共育委員長を歴任し、自らの企業の経営指針づくりから社員共育、新卒の採用から障害者雇用まで行えるように同友会運動と共に成長・変革させて来られました。
ファイル 1520-2.jpg
企業発展の源泉は、「経営者と社員とのより良い関係」にある。ひとり一人の社員が〝輝き〟違いを認め合いながら全社員一丸となれる『企業づくり』をめざしていくために、経営者はどのように変わらないといけないのか、社員「共育」は何を目的にどのように取り組むのかを、経営者と社員との信頼関係、社員同士の信頼関係づくりに熱心に取り組まれる永井さんの具体的な実践から学びました。
ファイル 1520-3.jpg
ファイル 1520-4.jpg
ファイル 1520-5.jpg

下請加工業からメーカーへ~第2創業の経験・教訓に学ぶ 北近江支部9月例会~

同友会北近江支部 9月例会
日 時:9月25日(金)18:30~21:00
報告者:近江化成工業(株)代表取締役 小林 清 氏
テーマ「未来は自分たちでつくる!~町工場のチャレンジ「経営指針を創る会」のススメ~」
司会
参加者 35名

○青柳副支部長挨拶
 ラグビーが、監督が指示を出さず、選手が決めていく。逆転トライ。
 会社や組織も、社員の自主性を高めることが大事。
○新会員紹介
 有田之彦(ありた のぶひこ)氏 (有)中技術学 代表取締役
○例会ゲスト紹介
 荒木宏治氏 荒木電子工業(株)
 荒木孝志氏 荒木電子工業(株)
 磯嶋裕之氏 (株)ファイバー
 岩崎健次郎氏 ソニー生命保険株式会社
 中村弘一氏 合同会社トレスバイオ技研
 酒井有紀氏 合同会社トレスバイオ技研
 吉田道明氏 吉田農園
ファイル 1486-1.jpg
○小林社長の話(概要と感想)
 「僕の前には、道がない。僕の後ろに道ができる」が信条。
 小林社長のコミカルかつテンポの良いご報告に皆、時を忘れ聴き惚れた。
 紆余曲折ありながらも、夢を実現していく行動力と計画力が特筆される。
 鉄ヲタ(時刻表が唯一の愛読書だった)の経験が海外への夢となり実際に海外勤務を実現された。業種や立場が変わっても「夢」は繋がりを持ち続け、必然と小林社長の前に現れる。そしてその可能性を得意のマーケティングで高めて行く。巡り来るチャンスを逃さず、表面だけでは見えない可能性をしっかりと見つけ出すための努力。こういう行動が本来すべき「経営者の努力」なのだろう。また、すべてに楽しみをしっかりと見つけていることが、維持する力となっていると感じた。
 様々な情報交換やメンターを持つことの大事さを聞く。
 本来であれば、恥ずかしく失敗談と語られるケースも有り得る「16歳の音楽配信事業」についても、遡り何が不足して、何が多すぎたのか?を分析。過去から学べること・・経験を活かすこと。当たり前のようだが、できていないことに気づきを得た。
ファイル 1486-2.jpg
 第二創業期に取り組んでおいて本当によかった、3つのポイントは

1.会社資産の棚卸
2.助成金申請
3.経営指針を創る会
 このことを通じて自分たちの強みを未来形で考える。到達すべき一里塚(マイルストン)に、時間軸と具体的アクションプランを貼り付ける。投資は2年後にありたい姿をベースに行う。新規事業は、リーダーの率先垂範あるのみという教訓を確立する。
 事業継承では、数多の経営者が悩む「資産の引き継ぎ」も、「何を残して、何をやらないか?」を先代社長(父親)と向き合い、ごまかすこと無く直視して未来を考えて行かれた。
 助成金を獲得することで、冷静に自社の事業を見つめ、外部発信する方法を学び、計画を数字化出来た。
 経営指針を創る会では外資系企業での勤務で効率一辺倒に染まっていた心を、人間尊重経営へと価値観を大きく変えることが出来た。
ファイル 1486-3.jpg
ネットビジネスでメーカーへ

中小企業にとって
1.薄利多売を止め、価値観の違うお客様を追ない。やらない事を決める!
2.チャンピオン商品を打ち出す(オンリーワンに特化。チャンピオン以外はおまけ)
3.メーカー、オリジナルに拘る(直接販売、ビジネスを自分の意志でコントロールする)
4.お困りごとに焦点をあてる(シニア犬向け商品の開発)

最後に、小林社長の真骨頂である「マーケティング理論」は垂涎。
 わかりやすく、翌日からすぐに行動に移せそうなケースをたくさん紹介してもらえた。3日週月の法則(お客様は購入した商品を⇒3日で冷める、3週間で当たり前、3ヶ月で買ったことすら忘れる)のごとく、この文章が学びと実践を継続するお役にたてば幸いである。
ファイル 1486-4.jpg
○グループ討論
「あなたの会社の未来づくりは明確ですか?」
 小林社長のように3年後、5年後をしっかり語れる人が少ないように思う。ぼやけたビジョンや今の延長線上は語られるが「こうなるだろう」であった。「こうなりたい」と語る方は、経営指針を創る会卒業生に多く、創る会への参加と指針書の重要性を感じ取れるグループ討論になった。

○第26回滋賀県経営研究会の案内
 大津支部と高島ブロックの3名様から、ご案内がありました。人を生かす経営実践のお話が聞けるとのこと。多数参加をいたしましょう。
案内詳細⇒http://www.shiga.doyu.jp/cgi-bin/info_reikai/webdir/351.html
ファイル 1486-5.jpg
○懇親会(然や)
 例会終了後、報告者を交えて懇親会を行い、とても盛り上がりました。
(山崎記)

北近江支部8月例会で、社員共育の実践と「TTP」の姿勢を学びました。

滋賀県中小企業家同友会・8月例会ご報告

 北近江支部例会が8月21日(金)18時30分より21時まで北ビワコホテルグラツィエにおいて開催されました。
 報告者は ㈱エフアイ 代表取締役社長 北野裕子氏(滋賀同友会湖南支部長)。「同友会の学びを経営に活かす!~社員の幸せを考えた経営実践~」をテーマにご報告頂きました。
 当日は、会員企業より21名、会員外よりゲスト2名、事務局1名の計24名の参加者がありました。
ファイル 1476-1.jpg
 北野氏は、父親が経営する写真のプリント会社に入社。デジタルカメラの普及により年々売上が落ちていく中、カーブスの経営に取り組まれます。1年に1店舗を目標に6年で6店舗まで増やされましたが、1店舗目で多くの課題にぶつかり、人材の共育こそが一番重要であると再認識されました。
 そこで、共育の取り組みとして、社内で経営計画の発表会を合宿で開催。BBQ大会、球技大会など多くの催しを実施。社員がリーダーになる機会をたくさん作ることで、一体感のある組織づくりに取り組んでいます。
また、外部の勉強会も積極的に活用されています。同友会の新入社員合同入社式や新入社員・新人(しんじん)社員研修、中堅幹部研修などは中小企業が1社では出来ないことを共同で取り組んでいて、とても役に立つと強調。
ファイル 1476-2.jpg
 その他、朝礼のコンテストや「びわ湖チャリティー100km歩行大会」の事務局を努め、社員もたくさん参加することで感動を共有しています。
 お話しの中で、社長命令で年に1度は「両親にプレゼントをしなくてはいけない」とう社内ルールは、とても興味深くお聴きしました。
そして私が初めて耳にしたのが「TTP」(徹底的にパクル)。報告でお聴きする多くの学び、気付き。その場で終わらせる事なく、「TTP」していきたいと思いました。
ファイル 1476-3.jpg
 グループ討論では「あなたが良い会社を目指す為に行っている(これから行いたい)社員共育はなんですか?」について活発な意見交換が行われました。
 その後の懇親会には報告者の北野氏にも御参加いただき、「びわ湖チャリティー100km歩行大会」に北近江から3名の会員が急遽出場を決断するなど、大変盛り上がりました。
ファイル 1476-4.jpg
記・川﨑

恒例の北近江支部納涼運営委員会!良い会社をめざす仲間へと決意を固めました。

滋賀県中小企業家同友会北近江支部は8月7日(金)に毎年恒例の納涼バーベキューをグラツエで開催し15名が参加をいたしました。
ファイル 1484-1.jpg
北近江支部運営委員会は長浜・彦根・米原地域で同友会運動を展開する北近江支部活動を推進する核であると共に、国民や地域と共に歩む、人を生かす経営を実践する主体の役割があります。そのためには、運営委員会がお互いを良く知り合い、学び合う土壌を作ることが大切であり、その為に交流の場を開催しています。
ファイル 1484-2.jpg
今年も、グラツエ様のバーベキューをいただきながら、冷えたビールで暑気を払い、大いに仲良く語り合いました。

わたしも運営委員会に入って、素敵な仲間をつくりたい!とお考えの同友会メンバー様は、水野支部長他現在の運営委員メンバーに志願して下さい!お待ちをしております。

ファイル 1484-3.jpg

指針経営への第一歩~北近江支部7月例会ご報告

滋賀県中小企業家同友会北近江支部7月例会報告

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部7月例会は、21日(火)午後6時30分から9時まで長浜曳山博物館・伝承スタジオにて~社員一人ひとりが、主役になれる会社を目指して~「人と人とが繋がる うちの経営理念はどや!」というテーマで北近江支部のびわ製作所代表者の川崎睦氏に報告して頂きました。

 当日は会員企業より24人、ゲスト経営者1名、事務局1名の計26名の参加で開催されました。
ファイル 1464-1.jpg
 川崎さんは結婚と同時に33歳で代表を交代、そして組立業から板金業へ転換。リーマンショックの不景気を乗り越え、業績も上向き従業員数も増えてきた頃、「経営者として芯となるべき物を持ちたい!」と、経営指針を創る会を受講する為に、去年1月に滋賀県中小企業家同友会へ入会されました。
ファイル 1464-2.jpg
 創る会を振り返って「自分の心を丸裸にされた」と笑顔で語っておられる第35期経営指針を創る会を受講中、7年ぶり2回目のロードトレインの製作依頼(びわ商工会青年部から)がありました。
 1回目の製作時は、会社と地域事業、個人は別々の存在であるべきと思っておられ、会社で時間外にコツコツと作業を進め、川崎氏は大きな喜びを得ます。
ファイル 1464-3.jpg
 そして、「この喜びを社員みんなにも経験してもらうことは出来ないか?」これが理念に揚げている「創る喜びをお客様と共有する」その足掛かりになるのではないか?
 しかし青年部事業の為、加工賃収入は見込めず会社の利益にならない作業をさせて良いのかと悩みます…
 思い悩んだ末に、工場長に意見を聞いたところ、「みんなの良い経験になると思う」この一言に決心され、各行程の担当社員に加工を依頼し、びわ製作所で製作することが出来、作る喜びを共有することができました。
ファイル 1464-4.jpg
 創る会を受講前は「なんで社員は言う通りに動いてくれんのやろ」と、従業員のせいにしていたが、それは社員に進むべき方向を示せていなかったからだと仰られていました。
 創る会卒業後、朝礼の中味を改善し、楽しい社長スピーチを続けるために新聞や本を良く読むようになったこと、毎月「びわ一定例会」を開催し、テーマを決めて職場の改善や、同友会の経営労働委員会が発行する「月間共育」を活用した学習会を行い、社員との共育活動を継続しています。
 今すべきことは、自分(経営者)の想いを従業員の皆さんへ伝えること、それによってびわ製作所一丸となって夢・目標に向かって行く!という力強い決意を感じる報告でした。
 指針経営の重要性を再認識する機会になったと思います。
ファイル 1464-5.jpg
 グループ討論では「あなたはどのような想いで経営をされていますか?」
 「その想いを社員と共有するためにどのような取り組みをされて(してみたいと思い)ますか?
 というテーマで討論し、活発な議論が交わされました。

 その後の懇親会は10人参加、和やかな雰囲気で親睦を深めることが出来ました。
 報告テーマの「どや!」の謎が明らかになったり、例会での議論の続きや、懇親会ならではの学びもありました。(記 YU-DAI)

北近江支部6月例会が開催されました。

滋賀県中小企業家同友会北近江支部6月例会

と き:6月22日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテルグラツィエ
テーマ:社員と共に未来を切り拓く!
報告者:小田柿喜暢氏 大洋産業株式会社 代表取締役
グループ討論テーマ:
①「自己の教育(経営の勉強等)、社員共育・教育をどのようにしていますか」
②「本当に、経営者・経営陣・社員の共育が必要なのでしょか」
参加者:会員22名、社員3名、ゲスト8名、事務局2名 計35名

ファイル 1457-1.jpg
ファイル 1457-2.jpg
ファイル 1457-3.jpg
ファイル 1457-4.jpg
ファイル 1457-5.jpg

北近江支部第12回定時総会・記念例会が開催されました!

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部第12回定時総会・記念例会が5月14日(木)午後5時から北ビワコホテルグラツィエで開催され、41名が参加しました。

 第1部の総会議事では、2014年度の活動報告と決算報告、監査報告を承認し、2015年度の役員を選出。新年度の活動方針と予算も合わせて決定いたしました。
 2015年度も例会は経営指針と社員共育の実践を中心テーマにして、人を活かす経営を彦根・長浜・湖北で実践する経営を目指し、彦根地域での勉強会を開催し組織を強くして、会勢100名を実現します。
 2015年度の活動を担っていただく役員の皆さんは以下の通りです。宜しくお願いをいたします。
ファイル 1436-1.jpg
№ 役職名氏名 会社名 役職
1 相談役  金森弘和 (株)冨久や 代表取締役
1 支部長  水野 透 (株)渡辺工業 代表取締役
2 副支部長 青柳孝幸(株)PRO-SEED 代表取締役
3 副支部長 中川 繁福岡産業(株) 取締役工場長
4 副支部長 山岡 朗株式会社松屋 代表取締役
5 運営委員 今中雄大力興木材工業(株) 後継者
6 運営委員 遠藤 健(株)JIC 代表取締役
7 運営委員 小田柿喜暢大洋産業(株) 代表取締役
8 運営委員 川崎 睦びわ製作所 代表者
9 運営委員 金山文博(有)金山クリーニング 代表取締役
10 運営委員 草川雄一(有)草川製作 後継者
11 運営委員 澤田和重アケボノ特機(株) 代表取締役
12 運営委員 澤田友宏 (株)クローバー 代表取締役
13 運営委員 中川浩邦(有)大郷屋 代表取締役
14 運営委員 中嶋玉樹(有)まるさ 取締役
15 運営委員 中嶋康博中嶋行政書士事務所 所長
16 運営委員 古田 守(有)長浜ユニフォーム 専務取締役
17 運営委員 前川真人(株)前川新聞舗 代表取締役
18 運営委員 松本茂之(株)プロクルー 代表取締役
19 運営委員 宮川博光宮川鉄工所 後継者
20 運営委員 山崎 識ひばり観光バス(株) 代表取締役
1 会計監査 渡邊嘉久 (株)渡邊美術工藝 代表取締役
 
ファイル 1436-2.jpg
 第2部の記念講演会では、㈱メリーデイズの大澤恵理子社長に、「ローザンベリー多和田に懸ける夢」というテーマで講演を頂きました。オープン前の苦労からオープン後の様々な課題について、一つ一つ丁寧にお話くださいました。たくさんの苦難があったが、何も知らない怖いもの知らずだった自分だからできたことと、多くの失敗を重ねたが失敗をして回り道をして庭創りをしてよかったこと、自分がしたいことや自分の好みを御客様に押しつけていたことに気づき本当にお客様の求めるガーデン創りに邁進されていることなど、「商売とは何か」ということを根元から考えさせて頂くことができました。どんな商売も、お客様が居て、お客様の役に立つこと、お客様の喜ぶことが仕事の基本であり、そこを突き詰め行動していくことこそ、我々のなすべきことと改めて感じさせて頂きました。
 素晴らしい講演を頂いた大澤社長に感謝しています。(山岡記)
ファイル 1436-3.jpg
ファイル 1436-4.jpg
 第3部の懇親会にも大澤社長にご参加をいただきました。また、蔭山滋賀同友会代表理事より乾杯の後発声を頂戴し、とても盛り上がって懇親会を行うことが出来ました。
ファイル 1436-5.jpg