リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > 今月の企業訪問

びわ湖かがやきカンパニーvol.54 株式会社 DROPS

びわ湖のほとりで「キラ」っと輝く滋賀県中小企業家同友会メンバーの事業所、商品、サービスをご紹介します。

びわ湖かがやきカンパニーvol.54 株式会社 DROPS

ファイル 1551-1.jpg
ファイル 1551-2.jpg
ファイル 1551-3.pdf

2008年ころからブームとなった「ナチュラル系ファッション」。同ファッション分野で全国初の「古着買取専門店」を開店し、ネットを中心としたビジネスで成長し続ける株式会社DROPS。代表取締役の佐藤厚史さんを取材しました。(取材/10月27日)
< インタビュアー>
取材まとめ:八木真紀(有限会社ウエスト)

「ナチュラル系ファッション」分野でいち早く「リユース」ショップを
スタート

 起業に至った経緯とは。

佐藤 高校生の頃から服が好きで、洋服屋をやりたいと思っていました。卒業後、さまざまな職を経て、パソコンの知識を身に付けたときのことです。ネットオークションで自分の古着を出品してみたところ、ビンテージデニムが予想を超える3万円で売れたのです。おもしろくなって、フリーマーケットで材料を調達し、さらにオークションをしてみると、月の売上が想像をはるかに超えたのです。その後は会社を辞め、自宅で洋服のオークション業に専念しました。ネット販売の知識を深める教室にも通い、そこで出会った先生から「商品コンセプトを定めた方がいい」というアドバイスを受け、これから可能性を感じていた「ナチュラル系ファッション」に注目したのが始まりです。
 とにかく出品すれば、すぐに売れてしまうという状態が続き、気がつけば何十人ものアルバイトを抱えるまでになっていました。自宅は調達した洋服で埋まり、倉庫のような状態に。そこで2009年、南草津に倉庫を兼用とする店舗「drop(ドロップ)」をOPENしたのです。

「商材の絞込み」と期待と信頼を裏切らない圧倒的な「品揃え」

 ビジネスを軌道に乗せるため、最も大切なことは何だったのでしょうか。

佐藤 やはり〝商材の絞り込み〞だったといえます。さらにいかにしてその商材を豊富に取り揃えるかということです。起業当初のころから、どうしたらそれができるのかを日々模索していました。突破口となったのは、全国雑誌への掲載でした。2008年ころは、ナチュラル系の雑誌が次々と出版され、掲載依頼のあった雑誌に「ナチュラル系ファッションの買取」という広告を出したところ、一気に買い取りの依頼が増えたのです。全国的に見ても「ナチュラル系ファッション」に特化した「古着専門店」は当店だけ。専門ということで〝高価買取〞のイメージもあり、予想以上の反響がありました。主なターゲット層は30〜40代の女性たち。この年代の方々は、服を丁寧に扱われるようで、良いものを数多く集めることができました。また、私自身も汚れやシミなどを除去する技術をマスターし、洗濯ソムリエとして商品管理に務めてきました。

次々と実店舗を出店滋賀・京都・東京に
 ネットと並行して、実店舗を次々に

開店されていますね。買い取りや販売の流れとは。

佐藤 現在、南草津(2 0 0 9 年)、甲西(2011年)、京都(2012年)、東京(2014年)と全国に4店舗を展開しています。そのうち、店舗での買い取りは京都店と東京店のみで、ほとんどがネットを介して行っています。オリジナル宅配キットの作成など、独自の買い取りシステムは、お客さまとのやりとりの中で構築していきました。ネットは効率的ですが、店舗があることは、信用度が上がるばかりではなく、メリットもたくさんあります。まず、実際の商品をご覧いただき、試着していただくことができます。また、お客さまは送料負担をなくすため、直接商品を店舗で受け取ることもできます。そして何より、単調になりがちなネット販売に比べ、お客さまの顔を見て仕事をすることは、私たちにとって楽しく、やりがいを感じるのです。
 現在、ネットと店舗との売り上げ比率は7対3ですが、どちらかに偏ることがないよう5対5の比率を目指していきたいと考えています。

海外展開を視野に新たなチャレンジへ

 滋賀大学の経済学部に社会人編入されたと聞いていますが、目的とは。

佐藤 経営的な知識がほとんどないままここまで来たので、改めて経営学を学びたいと思ったのです。毎日、夕方から通って、今は2年目になります。新しい発見があったり、自分のやってきたことが間違いではなかったと再確認することもあり、若い学生たちに混じって日々刺激をもらっています。来年はフランス語を専攻する予定で、ナチュラル系ファ
ッションのさらなる可能性を感じているヨーロッパ市場を視野に、今後のビジネスにも活かせたらと思っています。

株式会社 DROPS
本社/湖南市石部中央1丁目3-58
   TEL:0748-77-0099
【県内店舗】
南草津店/草津市追分南6-2-7
甲西店/湖南市針227

びわ湖かがやきカンパニーvol.53 中村石材株式会社

びわ湖かがやきカンパニーvol.53 2015 年11月発行

中村石材株式会社

全国的にみても滋賀県は古くから石造加工技術が発達していました。創業140年余りの石工石屋の老舗「中村石材株式会社」、代表取締役の中村真人さんにお話をお伺いしました。(取材/9月25日)
ファイル 1517-1.jpg
ファイル 1517-2.jpg
ファイル 1517-3.pdf

石産地、石造技術で栄えた湖西
高島で今も継承される「中村石材」

 石工石材業界の歴史や御社のこれまでの歩みについて教えてください。

中村 古くからの渡来系民族の影響で湖西地域では優れた石造技術が伝承されていました。江戸時代後期から明治、大正時代にかけて旧志賀町は最大の石産地として栄え、80軒以上もの石屋、300人以上の職人が石
材業に従事していました。県内各地に今でも残る石屋の歴史をたどれば、ほとんどが旧志賀町をルーツとしていたことがわかります。当社も同じく、大正時代には旧志賀町の本店のほか、大津、高島に工場付き
の店舗を構えていました。やがて交通手段や石の運搬手段が利便化していくと、旧志賀町は採石場としての役割を終え、石材加工にも急速な機械化が進んでいきました。安価な二流品が大量生産され、伝統技術を柱とする多くの石屋が廃業していくなか、当社はここ高島を残し、5代目の私が先祖からの石材業を受け継いでいます。最高の素材を使い、最新技術と職人技にこだわる部分を使い分けながら、石工石屋の老舗としての誇りを守り続けています。

一万基を超える墓石の建立
さまざまな建築石工工事
豊富な施工実績を積む

 主な石材加工や施工例とは。

中村 創業以来の墓石のほか、高島市役所本庁舎の床や階段、湖東スタジアムのゲートの門柱などの石工工事、湖西地域を中心とする多数の神社仏閣の建築工事なども手掛けています。また石碑などの石工彫刻やモニュメントまで、小さなものから大規模なものまで、すべてデザイン設
計から加工、および施工まで幅広い実績を積んでいます。

台風で再起不能の危機
「人の思い」に支えられ復活

 商談事務所が新しいですね。お墓に関する冊子や案内パンフレットな
ども豊富にそろっています。

中村 この事務所は、出来てまだ一年余りです。前の事務所は、一昨年の台風18号で、山手の川が氾濫し、床上まで浸水する被害に遭いました。あっという間に腰の深さまでの水が来て、事務所はもちろん工場の機械や資材なども水没し、貴重な資料なども泥まみれに。テレビで見ていた東北の津波を思い起こし、改めて自然災害の恐ろしさを痛感しました。
 しかし、甚大なダメージを受けながらもこうして復活できたのは、「人の思い」に支えられたからです。普段は話したこともなかった近くの企業や工場の人たちとの励まし合い、ボランティアの方々、そして長靴を履いて駆けつけてくれた元従業員たち。玄関に設置していた自販機が壊れ、飲み物が不足して困っていたところ、飲料メーカーの方々が迅速に動いてくださり、この地域で一番最初に復旧させてくださいました。「がんばろう鴨」というステッカーまで作って自販機に貼り、毎
日欠かさず補充に来てくださいました。心配して様子を見に来てくださったお客さま、キャンセルせずに営業再開を待っていてくださったお客さまもいらっしゃいました。
 想像もしなかった、さまざまな温かな「人の思い」に触れ、「人が動くこと」こそ、物事を前に進める原動力になるのだと実感しました。この台風での出来事は、人生観が変わるような、言葉では言い表せない経験となりました。

人と人とのつながりを大切に
「日本人の心」を伝えて行く

 大変な荒波を乗り越えた今、これからのビジョンとは。

中村 最近は、日本人が古来から大切にしてきた宗教意識が薄れ、葬儀を行わず、墓石も用意しない人が増えてきました。
 先祖の墓に参ることで、家族の絆や生きている喜び、有り難みを知り、幼いころから神仏に手を合わせる習慣を持つことで、悪の抑止にもつながっています。墓は日本人の根幹ともいえる大切なものではないでしょうか。
 これまでも、墓石の提供だけでなく、ご遺族の心のケアまでできればと考えていましたが、人と人とのつながりの大切さを感じた先の台風での経験から、その想いは一層深くなりました。
 永年にわたり美しさを保ち続けられる石製品を提供しながら、仕事を通じて、生と死を目の当たりする私たちだからこそ伝えられる「命の尊さ」や「礼拝の大切さ」について、今後も伝え続けていけたらと思っています。

中村石材株式会社
高島市鴨1506番地
TEL 0740-36-1481
http://www.nakamurastone.com/

びわ湖 かがやき カンパニー vol.52 株式会社 シンコーメタリコン

びわ湖 かがやき カンパニー vol.52 2015年10月発行

○株式会社 シンコーメタリコン
株式会社シンコーメタリコンは、滋賀県中小企業家同友会が、適切な経営指針や労使見解に基づく企業づくりを進める企業を認定する「滋賀でいちばん大切にしたい会社」(2014年度)に認定されました。代表取締役社長、立石 豊さんを取材しました。(取材/7月5日)
ファイル 1500-1.jpg
ファイル 1500-2.jpg
ファイル 1500-3.pdf

「この会社に働けてよかった」86%の社員が回答
「滋賀でいちばん大切にしたい会社」認定

 滋賀県中小企業家同友会が認定するアワードで、社員の満足度が8割を超えるという驚異的な結果が出ました。この結果の理由は何だとお考えでしょうか。
※「滋賀でいちばん大切にしたい会社」
⇒ http://shiga.doyu.jp/shiga1/

立石 ある調査会社の報告によると、日本企業の社員満足度はわずか7%という結果でした。そんな中、社員76名の当社において86%の社員満足が得られたのは「仕事におけるやりがい」「社員一人ひとりと向き合う評価」「明るく楽しい職場環境」などが考えられます。
 働く人が重要視する„評価“ について、当社は「自己評価制度」を取り入れています。人材育成ビジョンは、「前向き」「積極性」「向上心」。このビジョンをふまえて自分自身を評価し、そこに上司の見解が加わります。さらに、私も全社員と1対1でじっくり話す面談を年に2回行っています。このため、社員たちはトップや上司が自分たちをしっかり見て、評価していることを認識しており、社員のモチベーション
アップや高い満足度の要因の一つになっているのではないでしょうか。

仕事もプライベートも120%
社員を思う会社の取り組みと 仲間意識を深める社風

 職場の雰囲気も明るいようですね。会社紹介の動画は、アイドルグループの楽曲をベースにし、ダンスを交えた大変ユニークなもので驚き
ました。

立石 これは、動画サイトで1万回以上も再生され、話題となっています。当社の社風は、「アットホーム」「おせっかい」。プライバシーはありません。社員旅行は海外で、全員参加が義務です。多忙が重なって疲れ、数日仕事に出てこなかった社員宅にチームが押し掛け、励ましたこともありました。また、社内結婚が多く、結婚式や送別会では、会社を挙げて感動的な演出を企画し、私も盛り上げ役に回ります。さらに社
員の誕生日には、社長との2ショット写真を撮影し、社員のご両親に直筆のメッセージを添えて送付し、好評を得ています。
 これらはすべて、「仕事もプライベートも充実させ、人生を楽しんでもらいたい」との思いで私が始めたスタイルです。しかし結果として、職場の結束力や士気は高く、全力で働き、休むときは思いっきり楽しむ、という結果につながっているようです。

創業80年国内外に広がる「溶射技術」

 2013年に創業80周年を迎えられたとのこと。事業内容を教えてくだ
さい。

立石 当社は、日本で一番古い溶射施行メーカーとして、昭和8年に祖父が創業しました。世界中のあらゆる産業機械や各種のシステムは、過酷な環境下でも耐えうる表面改質技術が必要です。その重要な役割を担う溶射は、鉄鋼構造物の防せい、防食や基材保護、および化学機器装置などの耐薬品に対する「環境遮断を目的とする溶射」と、各工業分野の設備、機械装置などにおける「耐摩耗、耐熱、遮熱、絶縁などを目的とする機能的な溶射」に区分されます。
 形も質も条件も異なる材料を溶射するには、皮膜をつける技術も、吹き付ける材料も数万通りにのぼり、主な取引先は、2810社。溶射した基材の耐久性は長期におよぶことから、常に顧客の新規開拓が必要不可欠となっています。

社員教育にも注力
企業の発展には、「人」の力が必要不可欠
 
 こちらに訪問させていただいて驚いたのは、出会う社員の方々が、皆さん手を止めて立ち上がり、丁寧に挨拶をしてくださったことです。

立石 製造業ですが、「五ツ星ホテルを越えたおもてなしを」と常に社員に話しています。価格で勝負する企業ではありませんので、お越
しいただいたお客さまのハートをしっかりつかみ、シンコーメタリコンのファンになっていただきたいと思っているからです。
 その他の社員教育にも力を入れており、国家技能検定の資格取得を奨励し、現代の名工と呼ばれる技術者を数名輩出しています。さらに社外で興味深い講演・セミナーが開かれる際は、トップだけではなく、多い時は20人以上の社員を一緒に連れていきます。経営側と社員の想いを一つにし、仕事モチベーションアップにも繋がるからです。
 企業の発展に「人」の力は欠かせません。今後も一人ひとりの社員を大切にしながら、共に同じ夢を叶えて行きたいと考えています。

株式会社 シンコーメタリコン
湖南市吉永405
TEL 0748-72-3311
http://www.shinco-metalicon.co.jp/

びわ湖 かがやき カンパニー vol.51 株式会社 安土建築工房

びわ湖 かがやき カンパニー vol.51

株式会社 安土建築工房 2015年9月発行

創業は1990年11月。木・土・石・紙などの自然素材を用い、伝統技法を踏襲するスタイルを創業時より守り続ける株式会社安土建築工房。代表の西澤由男さんを訪ねました。(取材/7月21日)

ファイル 1477-1.jpg
ファイル 1477-2.jpg
ファイル 1477-3.pdf


伝統技法にこだわり続け、
流行に左右されないスタイルを貫く

 木の魅力を存分に感じる施工例がたくさんありますね。

西澤 無垢の床材、土壁や漆喰壁、天然素材の塗料。そして住まい手の想いとその土地の気候風土に合わせた設計と、それを実現する職人技。安価な建材や洋風建築など、いかに建築の流行が変遷しようと、当社は創業より25年間、昔ながらの建築スタイルを変えることはありませんでした。
 家づくりの過程では、設計と工事それぞれの担当者を決定します。お客様と一対一になることでより細やかなヒアリングを可能にし、言葉には出ない内なる想いもくみ取ることができます。担当者とお客さまの信頼関係も築かれ、より満足度の高い家づくりにつながっています。

低価格競争、新築着工数の減少
建築業界は厳しい状況に

 近年の建築業界と御社の状況はいかがでしょうか。

西澤 均一化されたデザインを量産するハウスメーカーと、当社のような昔ながらの技法を用いた注文建築とでは、当然ながらコスト面で大きな差が生じます。お客様の支持層は異なるとはいえ、低価格競争の影響は避けられません。そのうえ、震災による法律の強化、原子力発電ストップ等による省エネ時代のさらなる品質対応が求められるうえ、リーマンショックや消費税増税と追い討ちがかかりました。
 また、全国的に少子化が進み、全国における新築着工数もかつての年間120 万戸から80万戸の時代が到来し、これまで人口増であった滋賀県も去年から減少に転じています。
 このように建築業界は総じて厳しい状況にありますが、当社の経営維持に関しては実はそれほど影響ないと考えています。県内の年間戸建住宅建築数は約4000戸。当社はこのうち10棟建てることができれば、経営を維持できる事業規模です。景気悪化やさまざまな要因が重なろうと、このペースを維持することは決して難しいことではなく、企業努力でさらに伸ばしたいと考えています。
 着工数が第一ではない私たちにとって、最も大切なこと。それは、これまで同様、一棟一棟のお客様の夢や想いを受け止め、良い素材と優れた職人技で安心安全に暮らしていただける家づくりを提供し続けることであると感じています。

時を経て再びいただく
リフォーム依頼

仕事の価値を知る瞬間― お客様の主な年齢層とは。

西澤 子育てをこれから始める30代くらいのお客さまが多いですね。創業時の25年前は私も31歳でお客さまと同じ子育て世代でした。当時、仕事をさせていただいたお客さま方は、私がそうであるのと同じように年齢を重ねられ、子育て時期を終え、夫婦だけの暮らしが始まろうとしています。最近はそんなお客様から「家をリフォームしてほしい、また安土建築工房に施工してほしい」と依頼を受けることがあり、この上ない喜びを感じています。以前の仕事にいかにご満足いただけたかがわかる瞬間でもありますから。

私たちができること
「自然と調和した家づくり」
「幸せな暮らし」のお手伝い

 今後進めていきたい課題とは。

西澤 私は子どもとドイツに一年間住んだ経験があります。自然の恵
みから生きる知恵や発想力を育てる「シュタイナー教育」に興味を持ったからです。日本では、木や草花などから創造力を働かせ、暮らしに役立つものを自ら創り出す経験をする子どもたちがどのくらいいるでしょうか。
 縁のある子どもたちに「自然と共存する魅力を伝え、創造性豊かな心を育んでもらいたい」の願いから、建築工程で出た端材を使った木工教室や身近な野の草花を使った食育イベントなどを企画開催し、毎回好評をいただいています。
 ただ「良い家をつくる」ことだけがすべてではありません。本当に大
切なのは、ご家族がその家を建てることによって、あるいはそこで暮ら
すことによって「幸せになれるかどうか」ということなのです。
 家を建てるときはもちろんですが、建てたあとからが本当のおつきあいです。住みやすさや快適さを維持するために行う定期点検は当然として、お客さまがいかに心豊かに幸せになっていただけるかという「暮らしの楽しみ方」も提案していけたらと考えています。

2015年9月発行 vol.51

株式会社 安土建築工房
近江八幡市安土町下豊浦3300番地
TEL0748-46-5305
http://www.a-kobo.com/

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当:廣瀬元行)
TEL 077-561-5333

びわ湖 かがやき カンパニー vol.50 滋賀建機株式会社

びわ湖 かがやき カンパニー vol.50

建設機械のレンタル業をはじめ、イベント業、運輸業、通信業、太陽光発電システムなどグループ内でさまざまな事業を展開する滋賀建機株式会社。同社の会長であり、滋賀県中小企業家同友会の代表理事を務める、蔭山孝夫さんを取材しました。(取材/7月1日)

< インタビュアー>
取材まとめ:八木真紀(有限会社ウエスト)
ファイル 1469-1.jpg
ファイル 1469-2.jpg
ファイル 1469-3.pdf

滋賀建機株式会社

時代の波に乗った多角経営
成功と転落
挑み続ける「挑戦型企業」

 創業からこれまでの歩みとは。

蔭山 創業は昭和46年、弟である現社長と建設機械の販売を始めました。昭和49年には建機のレンタル業に参入し、その後、琵琶湖総合開発(昭和54年〜平成8年)に携わり、琵琶湖の自然環境を元に戻す再生事業や周囲の河川工事などを請け負いました。その間約10年ほどの間で工場、本社をはじめ営業所も県内各地に展開し、お客様のご要望にいち早く対応できる体制を整えていきました。
 また、さまざまな異業種にも挑戦してきました。時代に先駆け、ゲーム施設やカラオケボックスを立ち上げ、さらに30件以上のスナックでカラオケのリース業を展開、爆発的な売り上げを記録したころもありました。
 業績の勢いに乗り、国道8号線沿いに1000坪の土地を購入し(現在の
本社所在地)、ビジネスホテルや飲食店を建設、平成9年以降は、ゴルフ練習場、アミューズメント施設、インターネットカフェ、山岳トイレの設置など、ジャンルを問わず多岐にわたる事業に着手してきました。浮き沈みの激しい激動の時代をすりぬけ、流行を追う事業の舵取りの難しさを実感したものです。
 しかし、華やかな時代を駆け抜けたチャレンジ精神は健在で、危機をバネに新たな商品開発や市場開拓を行っています。現在では建設機械器具のレンタルを中心とした建設機械の総合商社として、また土木・浚渫工事、仮設足場工事、さらにスキー場運営や不動産賃貸業など、さまざまなビジネスをグループ6社で展開しています。

中小企業家同友会の代表理事
自らを律し、会社を変え、
新たな可能性を拡げた14年

 2001年5月から滋賀県中小企業家同友会の代表理事を務めておられま
すね。

蔭山 「経営指針の確立」と「人を大切にする」という理念を掲げる中小企業家同友会で理事を務めていることは、弊社や私自身にとっても大きなプラスになっています。同友会の代表として自らを省みては経営に投影し、県内外の講演活動に出かけては経済界や産業界のさまざまな方々との貴重な出会いをいただき、滋賀県を盛り上げる取り組みにも関わってきました。
 経営者の姿勢が変われば、社員も変わり、社内が融和し団結することで社風が変わります。ただ利益を追い求めるのではなく、人と人とのつながりや人を活かすことの大切さを重要視することで、会社が変わっていったことを実感しています。
 そこから生まれたゆとりは、地域の社会的役割をも果たす企業へと成長させ、企業価値を高めることになりました。

2021年、創立50周年に向け
新体制始動

 今後のビジョンとは。
蔭山 経営の第一線にいた私が会長職となった今、これまで掲げていた当社の経営指針も見直す時期になりました。今後を担う経営陣が、これからの時代に合ったスタイルを構築していかねばなりません。
 来年4月には次世代の経営指針書を作成する予定です。また、定期的な社員研修を開き、経営側と社員側がディスカッションを重ね、社内が活気づいています。社員一人ひとりの意識の向上やスキルアップが明日の企業を支えていくことになるのです。
 2021年、弊社は創立50周年を迎えます。現在の売上高は58億円。これ
を「宝」と考えるか「荷物」と考えるかで2代目、3代目経営陣の真価が問われることになります。
 積み上げてきた企業財産をいかにして増やしていくことができるのか。現在、私は75歳ですが、50周年を迎える80歳まで、いかにして彼
らに事業承継 していくのか。それが今後の私に託された大きな使命だと思っています。

滋賀建機株式会社
愛知郡愛荘町中宿160-1
TEL:0749-42-8668
http://kenki.sk-grp.co.jp/

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当:廣瀬元行)
TEL 077-561-5333

びわ湖かがやきカンパニーvol.49 冨田酒造有限会社

びわ湖かがやきカンパニーvol.49 冨田酒造有限会社 2015.07発行

江戸時代からの歴史を受け継ぐ木之本の老舗酒蔵「冨田酒造有限会社」。湖北を代表する清酒として国内外に名高い日本酒“七本鎗”の蔵元です。15代目当主、冨田泰伸さんを訪ねました。(取材/6月2日)

ファイル 1450-1.jpg
ファイル 1450-2.jpg
ファイル 1450-3.pdf

木之本宿で酒屋と庄屋を営んだ戦国時代の名家「冨田八郎家」

 歴史を物語る風情のある店舗が、北国街道沿いでもひときわ存在感がありますね。

冨田 木之本は名古屋方面と京都方面の分岐点にあたり、江戸時代には北国街道の宿場として、また木之本地蔵院の門前町としても大いに栄えていました。店前の広い道幅は当時のままで、人馬や物資の往来が盛んだったことを伝えています。
 この辺りは山が近く、良質な地下水が豊富です。自然に恵まれ、古来より清水を使う酒や醤油造り、生糸業などが盛んでした。当店は創業470年余りの歴史があります。

長く続いた日本酒の低迷期 地元産にこだわった地酒づくりを
 
 日本酒業界と冨田酒造さんのこれまでの歩みとは。

冨田 戦後の食の欧米化に伴い、合わせる酒も日本酒から洋酒、焼酎へとブームが変遷し、長い間、日本酒は低迷していました。
 昭和40年代ころには、原酒を製造業者間で売買する「桶売り」が盛んになり、当店も例外ではありませんでした。しかし先代はこの「桶売り」をやめ、当初のように自社ブランドに力を注ぐようになります。
 家業を継ぐべく私が帰郷したのが2002年。研修も兼ねて旅したフラ
ンスのブルゴーニュでの「材料をその土地に限定したワイン造り」に共感を覚えました。酒造りに適した風土、米、水がそろう木之本で、ここでしか造れない「地酒ブランド」を造り、湖北から全国へ広げて行きたいという思いが強くなりました。ここ数年、他の酒造メーカーも次々に
地酒ブランドを立ち上げ、全国的にも「地酒」ブームが到来し、再び日本酒が注目を集めるようになりました。

銘酒「七本鎗」 代々受け継ぐ良質な地下水 湖北のこだわり米

 銘酒として名高い「七本鎗」ですが、特徴を教えてください。

冨田 酒の名前の由来は「賤ケ岳の戦い」で名を馳せた、豊臣秀吉方の七人の武将たち「七本槍」にちなんでいます。水は敷地内の「地下水」を利用しています。水質検査でも大変質の良い水だということが証明されています。米は、兵庫県産が酒造りに適していると有名ですが、当店では品質管理を徹底した地元の「江州米」を使っています。信念をもって米づくりに取り組む農家さんと共に「湖北産」にとことんこだわっ
ていきたいからです。
 日本酒の味の好みも時代とともに変遷しています。戦後は甘口が好まれ、水あめを入れたり醸造アルコールを使用するメーカーもありましたが、その反動で現在ではすっきり辛口が好まれています。「七本鎗」シリーズは、すっきりしすぎず、米の旨みを最大限に味わえる純米酒として多くの日本酒ファンに親しまれています。

日本酒の多様な楽しみ方を提案 新たなブランディング構築へ

 販路拡大の方法や今後の展望とは。

冨田 人口減少が進む湖北からマーケットを拡げるべく、全国約4
0軒ほどの地酒専門店と特約店契約を結んでいます。専門店同士の横のつながりから「七本鎗」という銘柄が浸透し、消費者が育つ東京でも高く評価されたことで、日本酒ブームに沸くアメリカを中心に台湾やシンガポールなどアジアでも引き合いをいただくようになりました。生産量も一時は年間200石ほどに落ち込んでいましたが、現在は800石に。そのため、別の広い土地へ製造工場を移すことも考えましたが、先祖より受け継いできたこの土地での酒造りの歴史は、何者にも変えがたいもので
あり、ここで造るからこそ価値のある「地酒」なのだと判断しました。
 今後は生産量拡大を目指すのではなく、たとえば、シェリー酒樽に仕込んだ日本酒や、ワインのように製造年ごとに管理して「○年にできた日本酒」というようにお客様の思いに寄り添い、日本酒を新しい目線で
選べる楽しみを提案していけたらと考えています。


冨田酒造有限会社
長浜市木之本町木之本1107
TEL:0749-82-2013
http://www.7yari.co.jp/


「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当:廣瀬元行)
TEL 077-561-5333

びわ湖かがやきカンパニーvol.48 株式会社 古川与助商店

びわ湖かがやきカンパニーvol.48 株式会社 古川与助商店

古川与助商店の所在地は、紙製造の歴史をもつ大津市桐生。近年、和紙を糸にする技術を独自に開発。和紙糸を織り込んだ和紙生地は、「和の新素材」として国内外から注目されています。代表取締役の河村朱美さんにお話を伺いました。(取材/4月7日)

ファイル 1449-1.jpg
ファイル 1449-2.jpg
ファイル 1449-3.pdf

「和紙糸」を独自に開発 単純生産から創造生産へ
 
事業内容についてのこれまでの歩み、そして和紙糸ができたきっかけを教えてください。

河村 祖父の古川与助がアルミの箔押し業を始めたのが昭和10年。以来、西陣織や水引などに使われる金銀糸のスリット(カット)加工や撚糸加工業を経て、近年は大手メーカーのフィルムやナイロンのスリット加工と巻取り業を中心に行ってきました。毎月3tという大量の受注が続き、仕事の量はあり余るほどでしたが、こんな状態は長くは続かないだろうと感じていました。そんなとき、製紙会社から和紙をカットしてほしいとの依頼をいただいたのです。和紙の破砕くずを見ながら「何かできないか」と考え、手動のはた織機で和紙と他の素材を合わせてみたところ、糸を作ることができたのです。さっそく機械化を試み、和紙を1㎜にカットするという究極の技術も開発、撚り合わせることで強度のある和紙糸ができ上がりました。
 会社を引き継ぐ前の20代の頃は洋服が大好きで、アパレル関係の仕事に就いていました。「このオリジナルの和紙糸を使って生地や服をつくってみたい…!」という夢が広がり、これからはより「創造性のある生産」ができるのではと、胸が躍る思いがしました。

軽い!着心地も抜群 オーダーメイドのジャケット

 和紙糸や和紙生地の特徴や魅力とは。

河村 日本では紙布(しふ)と呼ばれ、古い時代にも作られていたそうです。紙は保存状態が良ければ腐りにくく、時代を超えて残るほど丈夫です。生地にすると非常に軽く、サラッとした風合いが特徴で、好み
の染色もでき、もちろん洗濯も可能で綿と同様の耐久性があります。
 和紙の生地で「ジャケットをつくってほしい」という依頼をいただき、半年間かけて製作しましたが、思ったよりもいい出来で「軽くて生地の染め具合もいい。新年の挨拶回りに着た」と言っていただけて大変うれしく思いました。

日本人・外国人にも響く 「和」の風合い

 ビジネス展開の方法とは。

河村 国内外でのアパレル関連の展示会に出店しています。ロンドンの展示会ではほとんどの企業が最終製品を展示している中、私が持っていったのは和紙の糸と生地という素材のみ。しかし多くの海外の方々の関心を集め、「紙の糸、紙の生地」という日本の技術に驚きを隠せない様子で、展示会をきっかけにデンマークの企業との取引も成立しました。またつい先日、東京ビッグサイトで行われた「国際アパレルEXPO」では、ハイファッションゾーンで和紙生地を使ったジャケットやスーツなどを展示したところ、銀座の老舗テーラーや大手デパートのバイヤーが関心を示し、ジャケットを試着しては絶賛していただくことができま
した。
 「日本人の心に響く和紙は、世界の人にも響く」と、大きな手ごたえを感じ、現在はUAEの男性が身につける、白い民族衣装の素材として提供できないかと商品化に向けて研究中
です。

日本の高い技術力を結集し新素材・新ブランドの立ち上げへ

 今後の目標や夢とは。

河村 これまでの事業に加え、オリジナル和紙糸や和紙生地作り、さらに洋服や小物など最終製品への商品化も可能になり、ビジネスの幅が広がりました。
 日本の「ものづくり」における下請け技術は、世界に誇れる技術です。一つひとつの下請け会社が横のつながりを広げ、新しいものをつく
り出せば、素晴らしいものができるのではないでしょうか。そこに和紙を是非投入していきたいですね。
 今後、日本各地の織機産地と交渉し、和紙糸とコラボした生地を作ってもらえるパートナーを探していきたいと思っています。そして和紙生地を使って、オリジナルブランドを立ち上げ、東京オリンピックの公式ユニフォームの入札に参加することができたら、と大きな夢を抱いています。

株式会社 古川与助商店
大津市桐生3丁目12-1 TEL077-549-1321
http://yosuke.setacai.com/

びわ湖かがやきカンパニーvol.47 株式会社レークケア「甲賀薬局甲南店」

びわ湖かがやきカンパニーvol.47 株式会社レークケア「甲賀薬局甲南店」

全国約5万5千軒の薬局のうち、病気の「予防分野における実力薬局100選」に2年連続選定された株式会社レークケア「甲賀薬局甲南店」。注目を集める理由とは? 代表取締役の西村雄一さんを訪ねました。(取材/3月27日)
ファイル 1433-1.jpg
ファイル 1433-2.jpg
ファイル 1433-3.pdf
1_c
びわ湖のほとりで「キラ」っと輝く滋賀県中小企業家同友会メンバーの事業所、商品、サービスをご紹介します。
< インタビュアー>
取材まとめ:八木真紀(有限会社ウエスト)

異色の調剤薬局
薬相談の隣で
地域のカルチャー教室開催

 薬局内でお茶のカルチャー教室が行われていて驚きました。スタッフとお客様の明るい会話が響き渡り、客足が途絶えませんね。

西村 「健康を通じて人と人をつなげていく調剤薬局」というのがこの薬局のコンセプトです。スタッフたちは身近な相談相手として、アットホームで親しみやすい接客を心がけており、子どもさんからお年よりまで幅広い世代に信頼されているようです。
 薬局内で開催しているカルチャー教室については、家に一人でこもるより、外へ出て趣味や会話を楽しむ方が健康にも良いので、その場所を無料で提供しているのです。
 お客様が講師を務める店内カルチャー教室はどんどん増え、俳句、茶道、ビーズ、絵画、アロマ、フラワーアレンジメントなど種類も多岐にわたります。8年前から始まった気功教室は約200名、60教室にもなり、店の外でも運営されるようになりました。
 また、薬局の有志のお客様が集う「健康友の会」というコミュニティーもあり、現在登録者は100名ほど。教室、旅行、食事会、寄せ植などを積極的に楽しんでおられます。
 さらに、当店が推奨する薬の産地や工場をめぐる旅も企画し、これまで多くのお客様にご参加いただき好評を得ています。

小さな薬局でも日本一に!
「通所介護施設」のオープン
夢の一歩を踏み出す

 こちらの薬局のほかに3店舗があり、さらに大きな「介護施設」も建
設されたとのこと。これまでの経緯や今後の事業計画とは。

西村 私がこの業界に入ったのは15年ほど前。前職の上司から量販店の店内薬局を任せてもらったことがきっかけです。地域の方々、特に高齢の方々が安心して暮らせるお手伝いがしたいとの想いで店を運営していましたが、一昨年の夏、薬局が上場企業の傘下に入ることになり、これまで通りのサービスができなくなることから独立を決意しました。
 薬局では在宅医療の提案、病気の予防や軽度な疾病の自己治癒を目指すための手段となる漢方薬やサプリメントの指導・販売、さらにきめ細やかな「ガン相談カウンセリング」などを行っており、他府県からのお客様もお越しいただいています。
 また、これまでずっと高齢者宅への声かけ訪問を続けてきました。その中で、車の運転ができない高齢者だけの世帯や一人暮らしの方が病気やケガをされたら…と考えると、通所介護・訪問介護サービス、さらに見守りサービスの整った高齢者住宅がこの地域に必要だと痛感し、それを実現したいと考えるようになりました。
 ビジョンが壮大すぎて、10年前には笑われていました。しかし、こんな小さな薬局でも „日本一の店になる“ことを目標に自分たちのなし得る仕事を精一杯誠実に遂行してきたことで、お客様をはじめ、銀行や税理士さんなど周りの方々にご支援をいただいて、昨年11月、通所介護施設「懐かし処いろり家」を開設することができたのです。

行政、全国の同業者も注目
お客様とともに歩む
「地域見守りネットワーク」を目指して

 今後の目標や願いとは。

西村 今、全国では薬局が次々となくなっています。地域の方々にきめ細やかなサービスが行える「まちの薬局」は、なくてはならない存在だと思っています。当店のように、薬局が薬の販売以外の生きがい支援や介護サービスなどを総合的に連携させようとする取り組みは珍しく、講演活動の依頼や大手ドラッグストアなど同業者からの見学依頼、全国から薬局の2代目を修行させたいという依頼を受けることもあります。
 私たちはすべてのノウハウを公開しています。少しでも多くの薬局が当店の例を参考に、それぞれの地域でお客様のニーズに応え、必要な支援やサービスを整える動きが広がれば、日本を変えられるのではないか
と。それは決して夢ではないと思っています。
 今後10年以内を目標に、通所介護施設「懐かし処 いろり家」のエリアにサービス付きの高齢者住宅とグループホームの建設、そしてそれぞれの施設に食事を提供するレストランを建設していきたいと思っています。
 薬局とこれらの施設を連携させ、この地域の方々が安心して暮らして
いける「地域包括見守りネットワーク」の実現を目指して、スタッフ一
同、全力で取り組んでいく所存です。

株式会社レークケア
「甲賀薬局甲南店」
甲賀市甲南町野尻499-1
TEL:0748-86-5151
http://kouga-yakkyoku-kounan.com/

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当:廣瀬元行)
TEL 077-561-5333

びわ湖かがやきカンパニーvol.46 株式会社 スナッツフーズ

びわ湖かがやきカンパニーvol.46 株式会社 スナッツフーズ

2015 年4月発行

「経営者になりたい」という夢を追い求め、失敗しながらも自らの力で立ち上がり、クレープの移動販売やポップコーン販売で成功。更なる事業拡大を目指す株式会社スナッツフーズ代表取締役、原田裕次郎さんを取材しました。(取材/2月18日)

ファイル 1426-1.jpg
ファイル 1426-2.jpg
ファイル 1426-3.pdf

「移動販売」に注目 人を笑顔にするクレープとの出会い

 移動販売のクレープ店をされるきっかけとは。

原田 20歳頃から経営者を目指していました。最初は失敗して手痛い目にも合いましたが、仕事をかけもちしながら必死に働いて乗り越えました。若いのに遊びもせず、事業の元手となる資金を貯めることに専念していましたが、苦にはならなかったですね。
 リーマンショックで激変する世の中を見て直感したのは、サービスに対してすぐに現金で対価が返ってくる「現金商売=飲食業」でした。
 最初に思いついたのは、タコ焼きや焼そばの移動販売です。でも料理の経験も知識もゼロ。タコ焼き店の食べ歩きをしているうちに親しくなったオーナーさんが、クレープ店を営んでいる知り合いを紹介してくれるとのこと。
 当時はまだ若く、男だったということもあり、正直„クレープ“という商材に抵抗がありました。でも行ってみると、「美味しそう」、「どの味にしよう」とお客さんたちが楽しそうにクレープを選んでいて、とにかくすごく笑顔だったんです。人を幸せにするような「+プラスの要素がある仕事」という実感があって、改めてスイーツのパワーを思い知りました。
 以来、クレープを焼く高額な機材も購入して覚悟を決め、店長さんに頼みこんで2〜3か月無償で働かせてもらいながらクレープ作りのノウハウ学びました。

「信用」という壁
膳所に店舗を構える決意

 事業が軌道に乗った経緯を教えてください。

原田 クレープ作りをマスターした後、軽のハイエースで県内を移動販売してみましたが、企業にはまったく相手にされませんでした。「店舗を構えれば信用ができるのでは」と考え、JR膳所駅前のときめき坂に「クレープリークランデール」という店舗をオープンさせました。人通りが多い場所でテレビでも紹介され、好調な売れ行きでした。そこからは自信をもって営業に出ました。大手企業やチェーン店、滋賀レイクスターズのイベント会場などでも契約がとれ、移動販売が軌道に乗り始めました。出店件数は順調に伸び、念願のラッピングカーも購入し、ます
ます勢いづいていきました。2年後には徐々に店舗に手が回らなくなり、移動販売を軌道に乗せるという当初の目的を果たしたこともあって膳所の店舗を閉めることに。現在では年間150件くらいのイベントに出店しています。

新たな商材「ポップコーン」
「滋賀県ケータリング協会」の設立

 クレープの移動販売以外にも事業を展開されていますね。

原田 今はポップコーンの製造販売も好調です。昨年から東京でポップコーン人気に火が付きましたが、その2年以上前から当社はポップコーンに注目し、アメリカから多額の費用をかけて機械を輸入していました。まだ誰も専門的に作ろうとしていなかった頃から試行錯誤を繰り返し、商品化を目指してきました。小さな企業だからこそ、少し高くても品質にこだわった本格的な味を追求し、デザイン性のあるパッケージや販売台も準備して売り込みを開始しました。現在は、全国各地の大手商業施設やチェーン店など約400か所に設置しています。ブームと重なって、現在も製造が追いつかない状態が続いています。
 事業が右肩上がりを続けている今ですが、若い頃に痛い思いをしたので、常に先を見据えた展開を考えています。イベント出店の依頼が多すぎて対応しきれなくなってきたので、県内の主要なケータリング会社に声をかけ、「滋賀県ケータリング協会」を立ち上げました。殺到するイベント出店の対応窓口を一つにまとめることで、仕事を加盟店に振り分ける仕組みを作ったのです。これにより当社の移動販売も業務効率を考慮した動きができるようになりました。

従業員に感じる責任感
夢の続きを追い求めて

 原田さんをそこまで突き動かす原動力とは何でしょうか。今後の目標とは。

原田 これまでは「経営者になりたい」という思いで、がむしゃらに働いてきました。今は手伝ってくれる従業員がいることが一番大きいことかもしれません。彼らに「将来性がある会社」と胸をはってもらいたいし、私に「ついて行ってよかった」と心の底から思ってもらいたいです
から。自分の人生を犠牲にしてでも従業員たちを守らなくてはと思って
います。もっともっと会社を大きくし、企業として安定した地位を築い
ていきたいと思います。

2015年4月発行 vol.46
株式会社 スナッツフーズ
湖南市菩提寺西4丁目14-28
TEL:0748-76-3534
http://www.snats-foods.com/

びわ湖かがやきカンパニー
「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局
TEL 077-561-5333

ページ移動