リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > 今月の企業訪問

びわ湖かがやきカンパニーvol.46 株式会社 スナッツフーズ

びわ湖かがやきカンパニーvol.46 株式会社 スナッツフーズ

2015 年4月発行

「経営者になりたい」という夢を追い求め、失敗しながらも自らの力で立ち上がり、クレープの移動販売やポップコーン販売で成功。更なる事業拡大を目指す株式会社スナッツフーズ代表取締役、原田裕次郎さんを取材しました。(取材/2月18日)

ファイル 1426-1.jpg
ファイル 1426-2.jpg
ファイル 1426-3.pdf

「移動販売」に注目 人を笑顔にするクレープとの出会い

 移動販売のクレープ店をされるきっかけとは。

原田 20歳頃から経営者を目指していました。最初は失敗して手痛い目にも合いましたが、仕事をかけもちしながら必死に働いて乗り越えました。若いのに遊びもせず、事業の元手となる資金を貯めることに専念していましたが、苦にはならなかったですね。
 リーマンショックで激変する世の中を見て直感したのは、サービスに対してすぐに現金で対価が返ってくる「現金商売=飲食業」でした。
 最初に思いついたのは、タコ焼きや焼そばの移動販売です。でも料理の経験も知識もゼロ。タコ焼き店の食べ歩きをしているうちに親しくなったオーナーさんが、クレープ店を営んでいる知り合いを紹介してくれるとのこと。
 当時はまだ若く、男だったということもあり、正直„クレープ“という商材に抵抗がありました。でも行ってみると、「美味しそう」、「どの味にしよう」とお客さんたちが楽しそうにクレープを選んでいて、とにかくすごく笑顔だったんです。人を幸せにするような「+プラスの要素がある仕事」という実感があって、改めてスイーツのパワーを思い知りました。
 以来、クレープを焼く高額な機材も購入して覚悟を決め、店長さんに頼みこんで2〜3か月無償で働かせてもらいながらクレープ作りのノウハウ学びました。

「信用」という壁
膳所に店舗を構える決意

 事業が軌道に乗った経緯を教えてください。

原田 クレープ作りをマスターした後、軽のハイエースで県内を移動販売してみましたが、企業にはまったく相手にされませんでした。「店舗を構えれば信用ができるのでは」と考え、JR膳所駅前のときめき坂に「クレープリークランデール」という店舗をオープンさせました。人通りが多い場所でテレビでも紹介され、好調な売れ行きでした。そこからは自信をもって営業に出ました。大手企業やチェーン店、滋賀レイクスターズのイベント会場などでも契約がとれ、移動販売が軌道に乗り始めました。出店件数は順調に伸び、念願のラッピングカーも購入し、ます
ます勢いづいていきました。2年後には徐々に店舗に手が回らなくなり、移動販売を軌道に乗せるという当初の目的を果たしたこともあって膳所の店舗を閉めることに。現在では年間150件くらいのイベントに出店しています。

新たな商材「ポップコーン」
「滋賀県ケータリング協会」の設立

 クレープの移動販売以外にも事業を展開されていますね。

原田 今はポップコーンの製造販売も好調です。昨年から東京でポップコーン人気に火が付きましたが、その2年以上前から当社はポップコーンに注目し、アメリカから多額の費用をかけて機械を輸入していました。まだ誰も専門的に作ろうとしていなかった頃から試行錯誤を繰り返し、商品化を目指してきました。小さな企業だからこそ、少し高くても品質にこだわった本格的な味を追求し、デザイン性のあるパッケージや販売台も準備して売り込みを開始しました。現在は、全国各地の大手商業施設やチェーン店など約400か所に設置しています。ブームと重なって、現在も製造が追いつかない状態が続いています。
 事業が右肩上がりを続けている今ですが、若い頃に痛い思いをしたので、常に先を見据えた展開を考えています。イベント出店の依頼が多すぎて対応しきれなくなってきたので、県内の主要なケータリング会社に声をかけ、「滋賀県ケータリング協会」を立ち上げました。殺到するイベント出店の対応窓口を一つにまとめることで、仕事を加盟店に振り分ける仕組みを作ったのです。これにより当社の移動販売も業務効率を考慮した動きができるようになりました。

従業員に感じる責任感
夢の続きを追い求めて

 原田さんをそこまで突き動かす原動力とは何でしょうか。今後の目標とは。

原田 これまでは「経営者になりたい」という思いで、がむしゃらに働いてきました。今は手伝ってくれる従業員がいることが一番大きいことかもしれません。彼らに「将来性がある会社」と胸をはってもらいたいし、私に「ついて行ってよかった」と心の底から思ってもらいたいです
から。自分の人生を犠牲にしてでも従業員たちを守らなくてはと思って
います。もっともっと会社を大きくし、企業として安定した地位を築い
ていきたいと思います。

2015年4月発行 vol.46
株式会社 スナッツフーズ
湖南市菩提寺西4丁目14-28
TEL:0748-76-3534
http://www.snats-foods.com/

びわ湖かがやきカンパニー
「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局
TEL 077-561-5333

ページ移動