リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ

東近江支部 2月例会開催しました

 支部例会が、2月15日水曜日、午後6時30分より、八日市商工会議所で開催され、24名が参加しました。
 今回の報告者は、東近江支部会員の山本直彦氏(A・I労務サポートオフィス 代表)で『まちの元気が、自社の元気に!~社労士がまちづくりをやる理由~』をテーマに報告していただきました。
ファイル 1733-1.png
 湖東で生まれ育った山本氏は、大学卒業までいろいろなことにチャレンジしつつも、大きな目当てや目標を持てずにいたと振り返られます。就職活動も長男であることから地元を選び就職。
 しかし、目的がなかったこともあり、昼夜を問わず仕事に打ち込むも、気持ちがついてこず、休職を繰り返すなどしんどい時期がありましたが、上司の励ましもあり、35歳で独立起業を決心。
 2000年の結婚を機に、妻の支えもあって社会保険労務士をめざし、猛勉強。合格後すぐに事務所を開設。八日市商工会議所を中心に地域の経営者のために何かできることを一つずつ取り組まれます。
ファイル 1733-2.png
 同友会への入会で経営指針を作成、YEG入会後、東日本大震災で復興支援に取り組むなど、地域に生きる個人として、また起業家として真剣に取り組まないと、子どもたちの未来がないと、地域の活動に積極的に取り組まれます。
 山本氏は、良い会社・良い経営者・良い経営環境を実現するためには、地域の起業家が率先して経営や地域の課題のために汗をかかないとよくならないと言い切ります。
 生まれ育った町を誇りに思える地域に、そして子どもたちにもそう思ってもらえるような、大人の姿をこれからも見せていきたいと報告されました。
ファイル 1733-3.png

高島ブロック2月例会~文系的な経営革新とは!~

 滋賀県中小企業家同友会高島ブロック2月例会が2017年2月15日(水)18:30~21:00まで安曇川公民館 カルチャールームで行われ9人が参加しました。

ファイル 1730-1.jpg
 報告者の中村真人さん(中村石材株式会社 代表取締役)は「文系的な経営革新とは!~技術開発でなくても発明はある~」をテーマに、学生時代に学んだ経営理論を現在の経営にどのようにいかしているのかを報告。ディスカッションで深め合いました。
ファイル 1730-2.jpg

ファイル 1730-3.jpg

ファイル 1730-4.jpg

 滋賀県中小企業家同友会高島ブロックは、「良い会社・良い経営者・良い経営環境」づくりを目指して、中小企業経営者が経営体験を報告・交流し、そこから自社経営にいかすために学び合い活動を行っています。
 人材の採用、社員教育(共育)、人が生きる労働環境整備、後継者の育成・事業承継、経営姿勢の確立、経営理念の成文化、経営ビジョン・戦略・戦術の立案、地域振興、社会貢献型企業づくりなど、これからの中小企業経営に必要な情報や知識を持ち寄って学んでいます。

 元気な地域づくりを担う魅力ある企業づくりを共に目指しませんか?
 お問い合わせは
 ホームページ⇒http://www.shiga.doyu.jp/
 メール⇒jimu@shiga.doyu.jp
 TEL 077(561)5333
 FAX 077(561)5334
 にてお気軽にお寄せ下さい。資料をお送りいたします。

2016年度第2回中堅社員研修が行われました~自社の理念を理解し、自分の仕事にいかす意義と技術を学ぶ~

 滋賀県中小企業家同友会共育(求人)委員会が主催する2016年度第2回中堅社員研修が2月14日(火)10時から16:30分まで草津まちづくりセンターで行われ、会員企業17社より25名の中堅社員と、付添および教育委員会スタッフ9名が参加して共に学び合いました。


ファイル 1719-1.jpg

ファイル 1719-2.jpg

ファイル 1719-3.jpg

ファイル 1719-4.jpg

ファイル 1719-5.jpg

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑫最終回~

総括編
海外ビジネス研究会
第5 回アジア視察研修会
団長 青栁孝幸

ファイル 1758-1.jpg

インドに行ってみたい!
確か、言い出したのは私だったような気がします。
今やIT産業立国となったインド、一方でガンジス川に象徴される怪しげな国インド。
この国をこの気心の知れたメンバーと、この目で確かめたいと言う気持ちからでした。
反対する人、賛成する人、、、、しかし、東近江で輸出入業を営むマニさんという強力なパートナーの参加で、この旅は決定しました。
総勢11名。途中10時間以上の電車の遅れ、電車の駅の乗り間違い等
様々なトラブルに見舞われるも、臨機応変に対応し、無事全員帰国できました。
多少の腹痛は覚悟をしていましたが、全員大きな病気もなく無事帰国できたことが一番良かった事だと思います。

ファイル 1758-2.jpg

記念すべき第5回海外ビジネス研究会無事成功に終わりました。
関係者の皆様に改めてお礼申し上げます。
特にマニさん、ありがとう御座いました。
マニさんなしに今回の視察はありえませんでした。
日本人以上に日本の心を持ったインド人、マニさん。
これからもよろしくお願い致します。

ファイル 1758-3.jpg

ファイル 1758-4.jpg

ファイル 1758-5.jpg


お知らせ:第6回アジア視察研修会は「ラオス」を中心として前後にヴェトナムとタイを訪問する予定です。日程は、2018年1月下旬から1週間。形にはまった視察ではなくリアルに現地の風に当たり感じて学びます。お客さんで参加する人はひとりもいませんので、今まで一度も大きな事故(迷子や盗難、紛失など小さな事故はありましたが、すべて解決しています)はありません。文句を言う人も、ひとりもおりません。
参加ご希望の方は、同友会事務局までお問い合わせ下さい。

良い会社・良い経営者・良い経営環境を目指す
滋賀県中小企業家同友会
TEL 077(561)5333 FAX 077(561)5334
〒525-0059 草津市野路8 丁目13-1 KE 草津ビル1階
E-mail jimu@shiga.doyu.jp
ホームページ⇒ http://www.shiga.doyu.jp

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑪~

バラナシ探訪編
株式会社PRO-SEED
代表取締役 青栁孝幸

ファイル 1757-1.jpg

ガンジス川、聖地バラナシ。
「川に死体が流れている、、、」「その横で洗濯をしている、、、」
「泳いでいる、、、、、」
古くから、耳にしたガンジス川伝説は、本当なのか?
アグラから寝台電車に乗る事20時間(通常8時間)、、、、、、
日本なら暴動が起きそうなこの遅延。
ようやくたどり着いた、バラナシ。

ファイル 1757-2.jpg

すっかりインドに馴染んだメンバーの中に文句を言うものはいない(笑)
しかし、我々の目指すガンジス川まで、ここからがまた遠かった。
小型タクシーに乗る事1時間、突然降ろされる。
状況が良くわからない中、問い詰めると
「ここから先は、歩いて行け。車が入れない、、、、、、、、」
一同、唖然。。。。。。。。
人、一人しか歩けないような細い道、牛糞だらけの道、、、、、
(バックパッカースタイルで良かったと初めて感じた瞬間)
歩く事15分。ようやくたどり着いた、ガンジス川。
その広大な風景に、疲れも飛んだ。

ファイル 1757-3.jpg

当日夜、翌朝と周囲を探索。
そこには、想像以上の世界があった。
自らの死期を悟り、自らの死を待つ、待機部屋。
お祭りのような葬式。
そこら200m程離れた場所で行われる、キャンプファイヤーのような火葬。
火葬後の散骨。(親族がガンジス川へ)
焼け残りを食べる、犬、草を食べる牛。
沐浴をする人、歯を磨く人。。。。。。。。。。

ファイル 1757-4.jpg

全てが、視野に入る中で行われている。。。。。。。。。。。
学生時代からの長年の疑問が解消された瞬間であった。
この地を最後に、帰国する一行。
さらば、バラナシ、さらばガンジス。また来ます。
なぜか、また訪れたいと思う不思議な空間が、そこにはあった。

ファイル 1757-5.jpg

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑩~

AGRA FORT からMUGHAL SARAI 寝台特急19 時間の旅!

2 ⽉2 ⽇(⽊)はアグラからバラナシまでの移動。普通であれば⾶⾏機を使うところ、敢えて夜⾏の寝台列⾞を使い、インドの暮らしに最も近い体験を試みました。これは、私たち視察団の志し「現地に赴き、体験し、肌で感じる」からです。パッケージ化された視察では、絶対にあり得ません。
AGRA FORT 駅を19 時15 分発からMUGHAL SARAI 駅へは翌朝4 時55 分着の予定。マニさんからは「この季節霧で遅れることがあるよ」と聞かされていましたが、「9時間強で着くなら遅れてもせいぜい3 時間程だろう」と⾼を括っていたのが⼤誤算! まず出発が1時間強の遅れ!ムガサライに到
着したのは15 時30 分頃!所要時間は19 時間と少々。これには驚きました。以下、19 時間の写真(極⼀部)です。なお、途中までベッドがなかった⼤当たりの皆さん、⼤変にお疲れ様でした。


ファイル 1756-1.jpg

ファイル 1756-2.jpg

ファイル 1756-3.jpg

ファイル 1756-4.jpg

ファイル 1756-5.jpg

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑨~

タージ・マハル を訪ねて

株式会社EGS 松崎悦子

ファイル 1755-1.jpg

ファイル 1755-2.jpg

ファイル 1755-3.jpg

びわ湖かがやきカンパニーvol.68 2017年2月 株式会社 柿木花火工業

びわ湖かがやきカンパニーvol.68 2017年2月

株式会社 柿木花火工業

びわ湖のほとりで「キラ」っと輝く滋賀県中小企業家同友会メンバーの事業所、商品、サービスをご紹介します。

< インタビュアー>取材まとめ:八木真紀(有限会社ウエスト)


ファイル 1718-1.jpg
ファイル 1718-2.jpg
ファイル 1718-3.pdf

競技大会で入賞した花火や環境に配慮したエコ花火など、花火店として新たな風を吹かせる長浜の株式会社 柿木花火工業。三代目代表取締役社長の柿木博幸さん(滋賀県中小企業家同友会北近江支部会員)にお話を伺いました。(取材/11月30日)

日本人の感性を映し出す花火
 御社の花火と特徴とは。

柿木 一昨年に私が開発した濃い青色発光の花火は、諏訪湖の全国競技大会で3等 長野県知事賞に入賞した作品です。青色の発色自体が難しいばかりでなく、光る時間も長めを実現し、各地の花火大会で好評を得ています。
 日本の花火は、能楽の「序破急」に通じていることがわかります。序は導入の静かな部分、破は中心となり展開される部分、急は終わりすっきりいう演出理論です。打ち上げから終わりまでの数十秒の間にさまざまなドラマが描かれていることは、外国の花火には見られない日本の花火の奥深いところです。花火の種類は、菊、ダリア、牡丹などの花の名前や枝垂れのように光の線が垂れる金冠、銀冠など、花火用語が統一されています。
 昔、戦が盛んだったこの地域では、合戦の際の合図である「狼煙」や鉄砲の火薬技術が変化して花火が町の風習となり、姉川や高時川の沿川では陣屋と呼ばれる花火打上げの司令塔が置かれていました。町ごとに花火を作って競技大会を開いていたほど盛んでしたが、昭和25年の火薬類取締法の施行から急速になくなっていったそうです。

人生のターニングポイント
自らの存在意義を見出す
チャレンジ精神の原動力に

 花火の製造業者は滋賀で1社のみですが、事業を継承されたいきさつとは。

柿木 初代の祖父と二代目の父は花火を仕入れて商売をしており、自社で本格的な花火製造に乗り出したのは三代目の私からになります。スポーツマンだった私は、ボートでの大学推薦がありましたが、それを取り止め大手企業へ入社しました。その会社自体に何の不満もなかったのですが、25歳のとき、自分の人生を改めて見つめなおす出来事に出会いました。自分が今生きていること、花火屋に生まれたことは意味があるのではないかと考えるようになり、自分の進むべき道を確信し、家業を継ぐことに決めました。花火とは、人が笑顔になり、拍手をして喜ぶ仕事
であること、父がたった一度も仕事の愚痴を言わなかったことも後押ししました。20代のうちに技術を習得したいと考え、静岡県の大手花火会社に修業に出ました。師匠は本来なら弟子をとらない方だったのですが、祖父との縁のお蔭で実現しました。修業時代では技術はもとより、本当に多くのことを学ばせていただきました。
 懸命にスポーツに励み苦楽を積んだ経験、最初に入社した大企業での知識、厳しい修業時代に会得したこと。帰郷したときは、すべての経験が自分を支え、「波に乗る」という感覚でスタートを切ることができました。
 設備を整え、花火製造を始めましたが、本業以外の仕事も積極的にお手伝いしています。例えば甲賀忍者に伝わる火薬の調合を頼まれたり、コーヒーの出がらしを微粉末にして火薬に利用する研究をしたり、身近な材料で花火が作れることを小学生に教えるなど、他の花火屋がやらないようなことも、「今の私があるのは、意味がある」という考えのもと、前向きにトライさせてもらっています。

「エコ花火」の自社開発
企業独力を重ね、業界に旋風を

 今後の課題や展望とは。

柿木 中国など外国産の安価な商品との価格競争は、花火業界でも例外ではありません。当社もかなり苦しんだ時期がありました。打開するには、何か特徴を出さなくてはなりません。花火の玉皮は紙で作られ、花火大会終了後には大量の燃えカスが地上に降っています。「ゴミを極力出さない花火を作れないか、それを琵琶湖を有する滋賀から発信できないか」と考え、4年の歳月をかけゴミの排出量を15分の1程に抑える画期的なエコ花火の開発に成功しました。玉皮は魚や鳥が食べても影響がない生分解性のプラスティックに、割火薬は独自の研究から植物の種を使用し、打ち上げと同時に燃え切ってしまうものに。何とか、このエコ花火を広げていけたらと思っています。
 全国各地の花火大会では、参入できる業者がほとんど固定されています。当社は県内唯一の花火製造業者ですが、県内の主要な花火大会でさえ県外の業者が独占し、門戸が閉ざされているのが現状です。
 青色花火のように特徴のある商品、滋賀県産のエコ花火、そして皆さまに感動していただけるような魅力ある花火をつくり、多くの花火大会へ参入していけたら。そして、さらなる雇用も創出し、地元にも貢献できるような企業として残り続けていけたらと思います。

株式会社 柿木花火工業
長浜市本庄町388
TEL/0749-62-3503
http://eco-hanabi.com/

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当 廣瀬)
TEL 077-561-5333

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑧~

ニューデリー初⽇(2 ⽉1 ⽇)の記録
⼤洋産業株式会社
⼩⽥柿喜暢

前⽇の夜遅く(21:40 空港着)にニューデリーに⼊ってからの⼀⽇⽬。
午前中は企業訪問を予定していましたが、ここはインド。予定はあく
まで未定ということで、企業訪問はなくなりました。

前⽇遅かったにも関わらず、メンバーそれぞれが朝早起きして市内散策。そこには、いわゆる⽇本からイメージしていたインドがありました。細い路地、雑然とした雰囲気、普通の道に⽜が歩く様⼦。メンバー皆が、やっとインドに来たという実感が湧いたのではないでしょうか。
朝⾷後、市内視察となり、観光スポットを巡ることになりました。

ファイル 1754-1.jpg

⾏った先は、以下の3 スポットです。
①JAMA MASJID/ムガル帝国時代の1658 年にシャー・ジャハーン帝によって建てられた、インド最⼤のモスク

ファイル 1754-2.jpg

②Raj Ghat/1948 年1 ⽉30 ⽇、マハトマ・ガンディーがヒンドゥー⾄上主義者に暗殺された後に、荼毘に付された場所

ファイル 1754-3.jpg

③India Gate/第1 次世界⼤戦の戦死者を弔うため、1929 年に建てられた⾨。⾼さ42mの⾨柱には、9 万⼈におよぶ戦没者の名前が刻まれている

ファイル 1754-4.jpg

途中、メンバーの⼀⼈が地元オートリキシャの運転⼿と上着を交換するというハプニングもありましたが、インドの⾸都ニューデリーの歴史を少しだけ学ぶことが出来ました。

ファイル 1754-5.jpg

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑦~

インド視察 コインバトル商工会議所訪問

日 時:2017年1月31日 11:00~12:00
記 (株)松本電機製作所 松本 一志

同友会挨拶: 滋賀県メンバーは600 社 google のインド出身社長もインド人でありIT 技術等どのような形式で仕事をしているか勉強するため訪問しました。

ファイル 1753-1.jpg

以下 会議内容

コインバトル市は200 万人都市 企業数5 万 大きい会社は5 万人規模を誇る。
訪問したアパレル工場の社長も商工会議所の副会長を兼務されており大阪の商工会議所にも4 年滞在した経験を持つ。
コインバトルはインド南方の町で大学と工場 ワーカーも多いためインフラとして良い。
1000 年の歴史があり寺院も多い 工場は100 年前からある。
土壌は黒土で農業からスタート、コットンの産地。その後コットンシティとして服飾工場が多くなった。(南インドのマンチェスター)
また黒土のため鋳物産業が栄える。
ポンプとモーターの会社が多くインド国内の50%を生産鋳物の品質も比較的良いので自動車部品工場も多い5 万人は金を使う産業(金細工、ネックレス等) 金は輸入に頼る、油の次に多く輸入日系企業関連としては 森精機とA&W のコラボ、マキノのサービスセンター、がある。
日本企業は20-25 社、三菱、オークマ、マキノ、DENSO、AMADA等
日本製機械、NC が人気。小さい会社でもNC を導入している。
輸出も見据えて品質向上が重要、そのために良い機械を購入スズキ自動車のスピードメータ、鋳物も作っている。
大学は32 校、専門学校もあり。エンジニアも豊富、ターミナル州からも勉強に来る。
安くて評判の良い病院も多い。

ファイル 1753-2.jpg

大学卒業後 留学先 アメリカ、イギリス、オーストラリアの順に多い。
医大、エンジニア専門学校も多い。
成りたい職業は 自分で起業40%、 留学20% 残り40%は普通に就職コインバトル市は工場誘致もしている天候は良い。気温25-38 度。 過ごしやすい。 WOOTY というリゾート地も人気ゴルフ場も建築中以下 質疑応答
日本人のイメージ: 品質良い物を作る、綺麗好き、話しやすい、シンプル、マナー良い、省エネや環境対策等 国のために仕事をする。
インドでは省水、エネルギー問題あるため ソーラー発電増加中、 風力もインドで2番目に多い地域訪問した工場が綺麗なので教育されているのか? 大会社では5S など研修あり。
エネルギーは6 ヶ月は風が強く 風力発電効果あり。 原子力発電は必要と感じるコインバトルのイメージは想像したより綺麗、ゴミの分別もされている。親の教育良い。家族と神様が大事という考え。
500 エーカーから借地、進出したい日本の会社を紹介してほしい。
小さな部品、精密加工、家電、LED ランプ工場 等。
日本の商品は少々高くても壊れないから好き。

ファイル 1753-3.jpg

所感

ガイドブックにも載っていない南インドの地域ではあるが ニューデリー他 大都会よりも仕事、教育面で優れた環境の都市だと感じた。日本にはもっとPR すべき。


ファイル 1753-4.jpg