リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 共育委員会

滋賀で働き、地域社会の発展に貢献する!滋賀同友会2017年学卒者採用共同求人サイト~Jobwayご紹介

滋賀で働き、地域社会の発展に貢献する!滋賀同友会共同求人サイト~Jobway
 滋賀サイト⇒http://www.jobway.jp/member/index.php?c_func=doyumenu&c_idpref=23&c_dvsearch=3&c_cdpref=25

 滋賀県中小企業家同友会では2017年学卒者採用・共同求人サイト~Jobway~を運営しています。

 現在サイトへの掲載企業は13社です。
 
 株式会社あぐり進学  
 株式会社イマック   
 株式会社エフアイ   
 株式会社澤村  
 株式会社シンコーメタリコン  
 株式会社ジェイジェイエフ   
 株式会社ジョーニシ  
 株式会社ピアライフ  
 滋賀ビジネスマシン株式会社  
 大洋産業株式会社  
 前出産業株式会社  
 水茎焼陶芸の里   
 宮川バネ工業株式会社

 各企業の採用情報、会社説明会や選考へのエントリーは、Jobwayより行えます。

 Jobway全国サイト⇒http://www.jobway.jp/member/index.php

 中小企業は地域経済の担い手です。
 中小企業は、地域の人々の願いに応え、暮らしを支え、新しい仕事を生み出し、地域の雇用を担っています。
 中小企業で働くことは、地域社会の豊かな発展に貢献することです。

 滋賀で、中小企業で働き、地域社会に貢献しましょう!

 お問い合わせは
 滋賀県中小企業家同友会
 担当 廣瀬まで。
 TEL077(561)5333
 FAX077(561)5334


 

立命館大学 学内合同企業説明会で共同求人活動・JOBWAYをピーアールしました。

 立命館大学学内合同企業説明会が5月28日(土)13:30~17:00までびわ湖・るくさつキャンパスエポックホールで行われ、滋賀県中小企業家同友会の共育委員会では、共同求人活動を推進する担当役員を中心に4社が説明会に参加しました。

 この説明会は、立命館大学のキャリアセンターが主催。主に採用実績のある大手企業を中心に説明会は行われてきましたが、今般、同大学経済学部と同友会が協力協定を結び、9月よりキャリアデザイン講義を開催するなどの関係が強まりもとで、同友会として共同ブースを設けることができました。
ファイル 1600-1.jpg
 学生は約90人が参加。オリエンテーションでは参加企業13社に加えて同友会より共育委員会共同求人担当役員の宮川草平さん(宮川バネ工業社長)があいさつ。東証一部上場企業、非上場でも関連企業ばかりの挨拶が続く中で、「中小企業は地域社会の主役です。中小企業で働くことは地域社会へダイレクトに貢献することです。今日はそのような滋賀と京都の企業情報を提供しに来ました。また、採用決定権を持つ経営者が4人皆さんの就活の相談のに応じます。気軽にブースへおこしください」とPR。

 このあと40分間を1クール、計4クールでの説明会が説明会が行われました。
 学生さんたちはお目当ての企業ブースを訪問しましたが、なんと同友会の共同求人プースは毎回満席で大盛況。急遽椅子を増やして対応しました。
ファイル 1600-2.jpg
 学生さんには滋賀と京都の採用情報誌を手渡し、エントリーの方法や、中小企業の面白さ、求める人材像等をお伝えし、9月の合同企業説明会を紹介。学生からは、「海外展開はどう考えていますか」「大学で学んだことをどのように生かせますか」「選考の基準は?」という問いに、参加した役員が身振り手振りで熱く答え、結果、なんと30人もの学生さんに訪れていただくことができました。

 立命館大学のキャリアセンターの方もブースの盛況ぶりに「学生が地域の企業情報をこんなに求められていると知って驚きました。今日は来ていただいて良かった」と。
ファイル 1600-3.jpg
 同友会役員は「共同求人としての情報を持ってきたから、学生さんも来てくれました。地元の中小企業の採用情報が多く集まり、経営者と話ができると言うことになれば、大企業に負けない強みとなることがわかりました。こういう形での参加を今後も大学へ呼びかけてゆきたい」と
語っています。(M・H記)


 
 
 

事業承継は主体者意識の確立から~第2回後継者ゼミナール 共育委員会~

 2016年4月25日(月) 09:30~16:30まで同友会事務局研修所にて、共育委員会主催の「第2回 後継者ゼミナール」が開催されました。
ファイル 1587-1.jpg

 4/11に開催された第1回後継者ゼミナールからの連続講座で、前回に引き続き5名の後継者の方と、共育委員より4名が参加しました。
午前中の講師は、プレゼンスクリエイト 代表 笠井 智美様(後継者の軍師認定コンサルタント1級)で、前回の振り返りと、後継者が鍛えるべきコンピテンシー(思考、行動特性)についての講義が持たれました。
ファイル 1587-2.jpg

 講義の後半では、ある架空の会社の情報流出事件に対して、自分がその会社の後継者であればどのように対応するか、というディスカッションを行い、その中で自分が発案した対応策を振り返って、自分の弱点を見極めよう、というワークを行いました。このワークで印象的だったのは、やはりベテラン経営者が打ち出した対応策は非常に広い視点に基づいた緻密なものだったことで、参加者一同、コンピテンシーを鍛えることの重要性を肌で感じたことと思います。
ファイル 1587-3.jpg

 午後は株式会社アーム保険設計 専務取締役 上田幹人氏より後継者自身の心構えや、先代経営者との関係について、実体験に基づいたご報告を頂きました。事業承継のキーマンとして、先代後継者を認める姿勢の大切さを受講生に熱く語られました。
ファイル 1587-4.jpg

 ゼミナール後、事業を承継することに対して受け渡されることを待つのではなく、自分が主体的に行動して承継することが、事業承継の成功のカギであるということを強く認識したとの感想が受講生より多く寄せられ、改めて後継者が事業承継について学べる場の重要性を再認識いたしました。
ファイル 1587-5.jpg

共育委員 宮川(草) 記

人を生かすリーダーの役割と技術を学ぶ~第2回中堅社員研修(共育委員会)~

2016年度 第2回中堅社員研修会を開催しました。

 平成28年4月15日(金)に、草津市まちづくりセンターにて、滋賀県中小企業家同友会 共育委員会主催の2016年度 第2回中堅社員研修会が開催されました。
ファイル 1584-1.jpg
 今回は平成28年3月11日(金)の第1回に引き続き、11社より17名が参加して、10時の開講式から16時30分まで前回の研修も塗り帰りつつしっかりと学び合いました。
ファイル 1584-2.jpg
 内容については「部下の育成も中堅社員の大事な仕事です。リーダーとして部下にどうかかわったらいいのか、その具体的な手法を学びます。」という研修会のテーマに沿って、株式会社プライウッド・オウミ 営業部部長 廣瀬憲司さんの中堅社員を代表しての報告と、株式会社あぐり神学 代表取締役 青木 孝守さんの経営者からの報告が行われました。
ファイル 1584-3.jpg
 グループ討論は上記報告者の内容を踏まえ、「自分が一歩踏み出せてないこと、一歩踏み出したいことは何ですか。」と「自分がどんな時に成長したか。周りの人々とのどんな関わりが自分を勇気づけたか?」といった2つのテーマで、各テーブル熱のこもった意見交換が行われました。
ファイル 1584-4.jpg
 その他、講師の笠井智美さんによるコーチングについての講義も行われました。「部下の成長を促す聴き方・伝え方」というテーマのもと、コーチングとティーチングの違い、共感と同感の主体性の違い、そして、中堅社員に求められるリーダーシップとは何かなど、具体例を交えながら、最後は受講生自身の問題に置き換える形で、受講生同士による活気のあるディスカッションが行われました。

 とりわけ、伝え方の鍵となるのはBeということを意識するため、コーチングワークを通じて、限られた時間内で相手の意見や考えを引き出し、相談者自身にテーマについて考えさせる体験が新鮮でした。
ファイル 1584-5.jpg
 参加した弊社の社員からは、ディスカッション中にでた「自分が成長した時」という視点に何か気づきがあったようで、その点について帰社後、色々と意見を言ってくれました。
 おそらく、参加したいずれの企業の中堅社員の方も各々何らかの気づきを持ち帰っていただけたと思います。
(共育委員 中野記)

初の後継者ゼミナールを開催!~共育委員会~

 2016年4月11日(月)09:30~16:30まで同友会事務局研修所にて共育委員会主催の「第1回 後継者ゼミナール」を開催し10名が参加しました。

 講師は、プレゼンスクリエイト 代表 笠井 智美様です。(後継者の軍師認定コンサルタント1級)

 参加者には、2代目後継者、同族会社で親戚が社長でありその後の後継者、社員からの後継者と様々な立場の後継者が5名参加していただけました。
ファイル 1585-1.jpg
 前半は、講師から講義で「後継者が持つべき視点と決意」ということで、後継者の体験談の映像をみてデスカッション、続いて、後継者の立場、立ち位置の確認。
 大変印象に残ったことですが、自分が変わり、「超友好的な乗っ取り」という言葉です。友好的と乗っ取りと言葉は、相反するように感じますが、相反することがあることが、みんなにも印象的に残ったようです。
 後継者と経営者どちらもが「後継」に向き合う必要があると気付けました。
ファイル 1585-2.jpg
 後半は、宮川バネ工業 代表取締役 宮川 草平様より 「後継者が会社を引き継ぐために必要な3つのこと」をテーマに報告をしていただきました。
 宮川さんが、現会社に入社されて、社長になるまでのお話をされました。その中で宮川バネに対する思いの確認をされたところは、印象的でした。
ファイル 1585-3.jpg
 必要な3つのことは
①主体性
②経営指針書の作成(創る会への参加)
③後継者への全権委任だと!
 どの項目も、実体験を通じで、感じられていることなので後継者の皆様に届いていることを感じました。

 報告後、グループ討論では、宮川さんからテーマをいただき、みんな真剣に後継について向き合っていました。
ファイル 1585-4.jpg
 最後は、後継者の方が感想プレゼンを行い、1講を終了しました。
次回までの宿題を各々発表されたので、次にお会いできるのが楽しみになる研修になりました。
(共育委員 上田(幹) 記)

2016年度新入社員研修13社39名の参加で開催される!~共育委員会~

 滋賀県中小企業家同友会共育委員会主催の2016年度新入社員研修が4月5日(火)10時から17時30分まで草津市民交流センター 5F 大会議室で開催され、13社から39名の新入社員が参加しました。

ファイル 1581-1.jpg
ファイル 1581-2.jpg
ファイル 1581-3.jpg
ファイル 1581-4.jpg
ファイル 1581-5.jpg

 講義では『何を目指して働くのか?』を中野 裕介さん((株)ジョーニシ 社長室長)が、『仕事にいかす日経新聞の読み方』を牧 伸英さん(e-人事(株) 代表取締役)が担当。

 チーム体感ワークではストロータワーの製作を山田 竜一さん(有)山田保険事務所 代表取締役)が、「仕事のマナーを学ぼう!」は笠井 智美さん(プレゼンスクリエイト 代表)がそれぞれ担当しました。

 今回の研修は、すべて共育委員が各講座を担当し、手作りで実施されました。その分、思いのこもった運営となりました。

 共育委員の皆さん、有り難うございました!

2016年度新入社員合同入社式18社45名の参加で開催される!

 滋賀県中小企業家同友会2016年度新入社員合同入社式(開催担当:共育委員会)が4月1日(金)13時30分から16時30分までクサツエストピアホテルで開催され、18社より45名の新入社員が参加しました。

ファイル 1580-1.jpg

 蔭山孝夫代表理事より「中小企業憲章には中小企業は社会の主役と謳われております。皆さんもその様な企業に一員となったこと、働くことで地域社会のお役に立つ人生へと足を踏み出したことに誇りを持っていただきたい」と歓迎の挨拶が行われ、45名の社員さん全員を呼名し紹介ました。

ファイル 1580-2.jpg

 先輩社員からの激励の言葉は税理士法人 北浜・中西会計 石割 萌 さん (2013年入社)より行われました。

ファイル 1580-3.jpg

 新入社員代表 決意の言葉は、宮川バネ工業株式会社 若木 健登 さんから行われました。

ファイル 1580-4.jpg


 写真撮影のあと、DVDを鑑賞し、「あなたは何のために・何を目指して働きますか?」をテーマにテーブルディスカッション。

ファイル 1580-5.jpg

 社会人としての門出を祝う、素晴らしい入社式となりました。

 

2016年度 第1回中堅社員研修会を開催しました。

 平成28年3月11日(金)に、草津市まちづくりセンターにて、滋賀県中小企業家同友会 共育委員会主催の2016年度 第1回中堅社員研修会が開催されました。
ファイル 1568-1.jpg
 今回は13社より21名が参加し、スケジュールとしては10:00の開講式から16:30までの8時間半の研修会でした。
 今回に引き続いて4/15には第2回目の中堅社員研修を開催します。
ファイル 1568-2.jpg
 内容については「ぶれない軸を持ち、中核人材としてのさらなる成長に踏み出すために、自分と向き合い、会社における役割を捉え直す」という研修会のテーマに沿って、宮川バネ工業株式会社 技術課リーダー浅村健矢氏の中堅社員を代表しての報告と、株式会社エフアイの北野裕子氏の報告の時間が行われました。

 また講師の笠井智美氏によるキャリア開発についての講義も行われ、これらの報告や講義に基づいて、中堅社員とは何か、中堅社員に求められる役割とは何か、どのようにして自分の理想の姿に近づいていくか、というテーマで、中堅社員同士による熱のこもったディスカッションが行われました。
ファイル 1568-3.jpg
 とりわけ、中小企業家同友会独自の視点として、「経営理念に対してどのように向き合うか」という内容も盛り込まれたディスカッションとなっていたのが印象的でした。

 また、参加した弊社の従業員は、ディスカッション中にでた「相互協力のために相互理解が必要」という視点に何か気づきがあったようで、その点について帰社後、色々と意見を言ってくれました。
 おそらく、参加したいずれの企業の中堅社員の方も各々何らかの気づきを持ち帰っていただいたと確信しております。
ファイル 1568-4.jpg
 引き続き、4/15にフォローアップを兼ねた中堅社員研修が開催されますので、共育委員として参加している私自身も、この機に学びを深めたいと考えています。
ファイル 1568-5.jpg
(記 宮川バネ工業株式会社 宮川草平)

経営者・若手後継者・経営幹部のための戦略MG(マネジメントゲーム)アカデミーを開催(共育委員会)

滋賀県中小企業家同友会共育委員会主催の「経営者・若手後継者・経営幹部のための戦略MG(マネジメントゲーム)アカデミー」が二日間に亘って開催され7人が受講しました。
ファイル 1566-1.jpg
第1日目 10:00~20:00 内9時間  
第2日目 10:00~17:00 内6時間   

開催場所:第1回目 草津まちづくりセンター
     第2日目 同友会事務局3階 京都エレベーター様会議室
ファイル 1566-2.jpg
<1日目>
3月3日(木)10:00~20:00
【第1講座】第1期経営シミュレーション(新規創業)
新規創業を経験して、現金の重要性を理解する。現金を増やすためには、売上を上げなければならないことを学ぶ。シェア率への意識を高める。
【第2講座】第2期経営シミュレーション(試行錯誤の経営)
創業期の反省を整理して、売上の構造を理解する。また期首処理を経験することで、在庫への意識を高める。
【第3講座】第3期経営シミュレーション(本格的実践経営)
黒字経営の難しさを理解する。業績を上げるためには、スピード経営しなければならないことを学ぶ。また、経営環境は常に変化しており、市場ルールが変更されるリスクがあることも意識してもらう。
ファイル 1566-3.jpg
<2日目>。
3月4日(金)10:00~17:00
【第4講座】第4期経営シミュレーション(黒字経営を目指す)
黒字経営するためには、少なくとも経営計画を立案しなければならないことを理解する。経営計画立案のポイントを習得する。
【第5講座】第5期経営シミュレーション(成果を追求する経営)
赤字経営に陥った要因、黒字経営を達成できた要因分析を通じて、意思決定の重要性を理解する。立案した経営計画を達成するためには、戦略・戦術をどのようにマネジメントしていけばいいのかを学ぶ。
ファイル 1566-4.jpg

2017年3月卒業生のための就職情報サイト Jobway滋賀 をオープンしました!

 滋賀県中小企業家同友会共育(求人)委員会では、2017年3月卒業生のための就職情報サイト Jobway滋賀 をオープンしました!
ファイル 1563-1.jpg
 このサイトは、中小企業家同友会全国協議会が運営し、共同求人活動に取り組む全国の同友会が協力して、中小企業の魅力を学生さんに発信しています。

 滋賀県中小企業家同友会では以下の12社(3月1日現在)が掲載しています。
 (株)澤村
 (株)あぐり進学
 (株)ピアライフ
 滋賀ビジネスマシン(株)
 (株)エフアイ
 (株)イマック
 (株)ジョーニシ
 (株)シンコーメタリコン
 (株)ジェイジェイエフ
 前出産業(株)
 宮川バネ工業(株)
 大洋産業(株)

 掲載企業は、随時増やしてまいります。

 Jobway滋賀への掲載にご関心をお持ちの方は、同友会事務局(担当 廣瀬)までご連絡下さい。
滋賀県中小企業家同友会
 TEL 077(561)5333
 FAX 077(561)5334

ファイル 1563-2.jpg

 なお2016年度(2017年3月末まで)の掲載と運用のための会費は 35,000円です。
 
 掲載は、滋賀同友会会員であり、就業規則等の諸規定を整備し、経営指針(理念・方針・計画)に基づいた経営をめざしていることを前提にしています。

 JOBWAYはこちらよりご覧下さい。
 ⇒ http://www.jobway.jp/

ページ移動