リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 北近江支部

経営者の責任・指針経営の実践を学びました!~北近江支部第13回定時総会・記念例会~

 滋賀県中小企業家同友会 北近江支部第13回定時総会・記念例会が5月12日(木)17:00~20:45まで北ビワコホテル グラツィエで行われ45人が参加しました。
ファイル 1589-1.jpg
 第1部の総会議事では、2015年度の総括と収支が報告され承認。2016年度の役員選出では以下の通り運営委員と会計監査を選出。3年間にわたって北近江支部を引っ張ってきていただいた水野透支部長の跡を継ぐ新支部長に青柳孝幸さんを選任しました。

役職名   氏名 会社名役職会内担当
相談役 金森弘和 (株)冨久や 代表取締役
運営委員 青柳孝幸 (株)PRO-SEED 代表取締役 支部長
運営委員 荒木順平 (株)エース産業機器 所長
運営委員 遠藤 健 (株)JIC 代表取締役
運営委員 小田柿喜暢 洋産業(株) 代表取締役
運営委員 金山文博 (有)金山クリーニング 代表取締役
運営委員 川崎 睦 びわ製作所 代表者 副支部長
副支部長 川邉和明 (株)アド・プランニング 代表取締役 副支部長
運営委員 草川雄一 (有)草川製作所 後継者
運営委員 澤田和重 アケボノ特機(株) 代表取締役
運営委員 澤田友宏 (株)クローバー 代表取締役
運営委員 中川 繁 福岡産業(株) 取締役工場長
運営委員 中川浩邦 (有)大郷屋 代表取締役
運営委員 中嶋玉樹 (有)まるさ 取締役
運営委員 中嶋康博 中嶋行政書士事務所 所長
運営委員 古田 守 (有)長浜ユニフォーム 専務取締役
運営委員 前川真人 (株)前川新聞舗 代表取締役
運営委員 松本茂之 (株)プロクルー 代表取締役
運営委員 水野 透 (株)渡辺工業 代表取締役
運営委員 宮川博光 宮川鉄工所 後継者
運営委員 山岡 朗 (株)松屋 代表取締役 副支部長
運営委員 山崎 識 ひばり観光バス(株) 代表取締役
会計監査 中川 輝 アーステック(株) 代表取締役

 第2部の記念講演では、「社長のするべき3つの仕事」をテーマに、藤谷良樹氏 神戸鈑金工業株式会社 代表取締役 兵庫県中小企業家同友会 副代表理事より経営実践をご報告いただきました。
ファイル 1589-2.jpg

 さる5月12日(木曜日17時より、北ビワコホテルグラツィエ(長浜市)において、滋賀県中小企業家同友会北近江支部第13回総会と記念例会が開催されました。
記念講演には、兵庫県中小企業家同友会副代表理事で神戸鈑金工業 株式会社の代表取締役 藤谷良樹社長を講師にお招きし「社長のするべき3つの仕事」というテーマで、約1時間にわたって熱い講演をしていただきました。

「社長のするべき3つの仕事」とは、
(1)事業構造を描く
(2)社員を選び育てる
(3)仕組みをつくる
の3つです。
(1)事業構造を描くとは、ひとことで言えば「事業戦略策定」であり、継続的に利益を出せる強いビジネスモデルを創ることが経営者の役目。そのためにはトップは外部にアンテナをはり環境変化に対応し「チャンス」を逃さないこと。動き続けて迅速に対応していくことが大切。

(2)社員を選び育てることにあたって大切なことは、まずは「採用力」。社内を整え、学生さんらにとって魅力ある会社にしなければならない。さらに「人材育成」にどれだけお金をかけているか?加えて「社長自らが社員に対してどれだけ『経営』のことや『商売』のこと『自分たちの会社のこと』を語っているか」が大切だと強調。最後に「事業承継」。経営を自分の息子に継がすのか?社員の中から次の経営者を選ぶのか?はたまた社外から選ぶのか?ということは、最も重要なファクターである。

(3)仕組みをつくるとは、「経営指針書」をつくり、幹部に理解してもらい、PDCAを回していくことが大切。経営指針書をつくっただけでは意味がない。
社長が会社にいなくても会社が回る『自走する会社』を創るためには「経営指針書」は欠かせない。
ファイル 1589-3.jpg

 「事業戦略」と「経営品質」(社員育成x経営指針)がかみ合ってこそ会社は継続的に発展していく。

 神戸鈑金工業株式会社は1944年兵庫県高砂市に設立。現在では社員数107名(平均年齢34歳)中国にも現地法人2社を要する企業です。しかしここまでの道のりは容易なものではありませんでした。
藤谷社長が入社される1991年当時は、社内に労働組合ができ、会社内の雰囲気は決して良いものではありませんでした。当時を振り返って藤谷社長は「新卒社員を採らず、職人さんが幅を利かす会社でした」とおっしゃっています。
 また、入社後、藤谷社長は営業を担当され得意先まわりをされますが、先述のような会社の雰囲気は取引先にも伝わり、営業面でもご苦労を重ねられます。加えて、経理をご担当されていた社長(当時:藤谷現社長の御父君)との確執もあり、内憂外患な状況でした。
 このような状況の中、同友会に参加され、諸先輩との交流を重ねられる中で様々な「気づき」に出会われ、経営指針の実践の重要性に感じ、会社の立て直しと発展を進められました。
藤谷社長のこうしたご経験が、上記の「社長のするべき3つの仕事」につながってきたことを実に分かりやすくかつ熱くお話しいただきました。
 会社の大小に関わらず、経営者の姿勢・責任を全うし、余威会社をつくるとは具体的に何をしないといけないのかを問いかけられ、大変参考にさせていただけるお話でした。

(株式会社アド・プランニング 川邉和明 記)

ファイル 1589-4.jpg
ファイル 1589-5.jpg

 第3部の懇親会では、ゲスト参加者2名から入会宣言も行われ、学びと実践の決意に満ちた、素晴らしい総会になりました。

本気で社員を大切にする経営を目指す~北近江支部3月例会~

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部例会が3月28日(月)18:30~21:00まで北ビワコホテルグラツィエで行われ39人が参加をいたしました。
ファイル 1579-1.jpg
 「あなたは誰を見て経営していますか?~様々な苦難を乗越えて得た変化~」をテーマに荒木順平さん(株式会社エース産業機器所長)に経営体験をご報告していただきました。
ファイル 1579-2.jpg
 荒木さんが入社当時は、「私が営業を頑張り成果を出すので、従業員は私をバックアップすればよい!」という考えでしたので、社員は入れ替わり立ち替わりや去っていったそうです。そして「どこかにいい人おらんかなぁ」とばかり思っていたそうです。
 2011年に自分の弟さんから「会社やめさせてもらうわ」と言われ、さすがにショックを受け、売上至上主義の会社から、人がやめない会社にしようと決意されました。
 「社員を信用しよう」と決めますが、今度は社員からお金やカードの使い方で騙され続けます。今まで競争主義でやってきて社員教育などしていなかったのですから、自業自得でした。
ファイル 1579-3.jpg
 2013年にはパートの情勢社員さんから「この給料では生活できません」と退職届を出され、自分が社員さんの実情を分かっていなかったこと、いや分かった気になって社員のために頑張っているという自己満足に浸っていた自分にに、あらためてショックを受けます。
 この様な間違いは二度と起こさないと再度決意し、「有言実行」と年次方針に労働環境の改善と社内での共育ち計画を発表し、毎年実行するようになります。
ファイル 1579-4.jpg
 食事会、社員旅行、誕生日有給休暇、月刊共育ち研修、昇給、賞与、改善提案買取、ジョブローテーション(有給とれる体制づくり)、退職金制度・・・学んだことから自社で出来ることを次々と実施し、安心して働ける環境づくりを目指します。
 特に、個人面談を5分でも10分でも毎月実施し、社員さんから希望が出たら必ず答えを出すように心がけたそうです。人材の適材適所にも取り組み、居場所や出番を全社員が持てるようにしました。
ファイル 1579-5.jpg
 同友会では経営指針を創る会に参加をしてぶれない経営を目指します。いまは成文化した経営理念をもとに、社員みんなが幸せになるためにエース産業という船に乗っているという思いで舵取りをしていると報告。最後に「あなたは、自分の会社で子どもさんを働かせることができますか?」と問いかけられました。
 このあと「会社にとって社員はどのような存在ですか?」をテーマにディスカッションしました。(M・H記)
 

北近江支部2月例会:経営指針を創る会での学び・気づき・変化を語る!

同友会北近江支部 2月例会ご報告

日時:2月22日(月)18:30~21:00
会場:サンルート彦根
報告者 川邉和明 株式会社アド・プランニング代表取締役
テーマ 気づきによる変化と進化~ポスティングを通じて地域社会に貢献する!~
参加者 30名
ファイル 1560-1.jpg
報告概要:
 川邉氏は10年以上の単身赴任生活で、岐阜の広告代理店で活躍されていました。
ファイル 1560-2.jpg
 しかし2003年、父が亡くなったことで実家に戻ることを決意されます。勤務先の社長のから自分が開拓したお客さんを譲り受け、広告代理店(有)アド・プランニングを設立。しかし、2年後当時の主要取引先が東京に出ることになり、やむなく会社を休眠され、求人広告会社に入社されます。

 そして3年後求人広告会社を離職し、アド・プランニングを再開。
 求人紙を発行していましたが、リーマンショックの影響で
 社員全員を解雇することになってしまいます。

 2009年お客さんを求めて同友会に入会。
 そこで長住建設の松居社長との出会いがあり、
 「川邉さん、会社は誰のものだと思う?」
 との問いかけに、自分が作った自分の会社と思っていましたが、
 働いてくれる社員さん、お取引先さん、お客さんの為…
 会社は公器で一度始めたら辞められないと気づかれます。
ファイル 1560-3.jpg
 それから日本ポスティング協同組合との出会いがあり、
 ポスティング事業を本格化されました。
 その時あまりの忙しさに、同友会運動から遠ざかっていて一時退会。

 しかし経営理念を創りたいと思っていたころ、長住建設の松居社長と
再開され、背中を押してもらい同友会再入会され創る会を受講されます。

 「経営指針を創る会」を受講して、多くの気づきを得られた川邉氏。
 5年先10年先、自分の会社がどうなっていたいのか?
 「どうあるべき」ではなく「どうなっていたいか」
 「経営者しか出来ない仕事」とは…「人生をかけた覚悟」「未来の創造」「自己研鑽」
 「楽」でない仕事を「楽しめる」のが経営者

 と、さらに得られた『気づき』を熱く報告して頂きました。
ファイル 1560-4.jpg
 ちなみに経営指針を創る会を受講前はスキンヘッド(復活の象徴)でしたが、同じ班の荒木氏から得た気づき、頭髪の黄金比(非公開)により
心身共に進化されたのは間違いありません。

 最後に、馬は早く走るために中指以外が退化しているという話を、
飲み屋の大将に話したところ「それは退化ではなく進化」と言われた
自身の気づき事例のお話があり、

 気づき・学びにより変化しようとする時、それが後ろ向きになることもある。
 しかし変化し続けていく必要性について
 会社を二度失敗したが、それは今日の糧になっていて、今にして思えば良かった。
 と締めくくられました。

 グループ討論では、経営者(経営幹部)として、学びや気づきをどのように視線しているかを語り合いました。
ファイル 1560-5.jpg
 参加者のみなさんは多くの気づきが得られたのではないかと思います。同友会では「学んで実践し、その成果や教訓を例会で報告することで、新たに学び合う」活動に取り組んでいます。多くの気づきや学びも、経営の現場で実践しなければ変化が生まれ無いことを、あらためて肝に銘じた例会になりました。
 (T.I記)

北近江支部彦根ブロック合同新年会えお開催しました。

滋賀県中小企業家同友会北近江支部は1月21日(木)本会新春例会の後、18時から彦根駅東口前の喜多屋(きたや)で彦根ブロックと合同で新年会を開催しました。今年も仲間意識を大切に、学んで良い会社づくりを目指すぞ~!

ファイル 1559-1.jpg
ファイル 1559-2.jpg
ファイル 1559-3.jpg
ファイル 1559-4.jpg

顧客・地域から愛され、貢献し続ける経営実践から学びました~北近江支部12月例会~

滋賀県中小企業家同友会北近江支部12月例会のご報告

と き:12月21日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテルグラツィエ
報告テーマ:お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して~行政、全国の同業者も注目!~
報告者:株式会社レークケア 代表取締役 西村 雄一 氏
参加者:23人

ファイル 1542-1.jpg
 北近江支部12月例会では、株式会社レークケア 代表取締役西村 雄一様に「お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して」というテーマでご報告いただきました。
 報告は、まず西村さんの自己紹介から始まりました。
 今から14~15年前、当時勤務されていた㈱レークメディカルの藤岡社長と西村さんがお話された時、「甲賀地域に医療モールを作りたい」地域の人が住み慣れた場所で健康に暮らせるようにしたい」と強い思いを持ちます。
ファイル 1542-2.jpg
 西村さんは、その思いを実現するために㈱レークケアを2013年に設立されました。
 現在は、薬局3店舗を経営され、昨年には、通所介護「懐かし処いろり家」を開設され、将来的にはグループホームやサービス付高齢者住宅、また配置薬の認可も取得し、着実に「地域見守りネットワーク」を実現されています。
 また、「全国実力薬局100選」を3年連続で受賞され、薬局内では60ものカルチャー教室を開催し、夏祭りやグランドゴルフ、お客様との国内外旅行など。薬局の領域を超え、地域に根差した事業、社会貢献を従業員のみなさんとともに実践されています。
 西村さんは、医療モール構築にあたり、様々な機関、企業を誘致されていますが、自ら行動され、時には地域の皆さんのことを考えるあまりに、熱くなりすぎて相手の方に不愉快な思いをさせてしまったこともあったようです。これも地域と真剣に向き合い、地域の人が安心して暮らせるようにしたいと言う思いがそうさせたのではないかと思います。
 結果として、西村さんの思いが伝わり医療機関や居宅介護支援事業所を誘致されています。
ファイル 1542-3.jpg
 グループ討論では、「あなたの会社にとって地域へのお役立ちは何ですか?」「この先地域の為にできることは?」をテーマに活発な議論が交わされました。経営者は、どちらかと言うと普段は自社の事業の事を考えることが多いかと思いますが、地域について考え、討論できる良い機会だったとの意見もありました。
ファイル 1542-4.jpg
 地域に根差した西村さんの報告は、地域の経営者として、地域の住民として、考えさせられ、参加者のみなさんは多くの気づきが得られたのではないかと思います。(クローバー澤田記)
ファイル 1542-5.jpg

彦根地区会を盛況に開催しました!

 滋賀県中小企業家同友会北近江支部の彦根地区会が11月11日(水)17:30~21:00まで、彦根駅前の中国料理 龍鱗さんで行われました。
ファイル 1526-1.jpg
 「今こんなことで困っています!!」をテーマに、水野透(株)渡辺工業 社長、青柳孝幸(株)プロシード 社長、小田柿喜暢 大洋産業(株) 社長より話題を提供していただきました。

 3名様のお話は、「ここだけの話」ゆえ書くことができない実践事例も含めて、実に興味深く、教訓的なものでした(参加者にとっては刺激的でした)。
ファイル 1526-2.jpg
 しかしながら、そこは同友会での学びの場らしく、やはり人材の採用と教育(共育)が中心課題。自社の強みや魅力をいかにして発信するのか、賃金だけでは図れない労使の信頼関係をいかにして築くのか、自主的社員が育つ考え方を伝える共育、財務体質を強くする経営者の姿勢などがディスカッションされ、アッという間に60分が過ぎました。
ファイル 1526-3.jpg
 学びのあとは懇親会!!
 新会員さんやゲスト参加の方もいらっしゃって大いに盛り上がり、彦根地区で同友会メンバーを増やしていこうと意気を上げました。
ファイル 1526-4.jpg
 次回は2016年1月に開催を予定しております。

北近江支部10月例会が開催されました。

滋賀県中小企業家同友会
北近江支部10月例会

と き:10月26日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテル グラツィエ
テーマ:「社員の”やる気”引き出せていますか?~社員の創意と自主性を育む〝人を生かす経営〟の実践~」
報告者 :永井茂一氏 ㈱ピアライフ 代表取締役(滋賀同友会/共育副委員長・副代表理事)
参加者:29人

北近江支部10月例会では、株式会社ピュアライフ 代表取締役 永井茂一さんに「社員の"やる気"を引き出せていますか?」~社員の創意と自主性を育む"人を生かす経営"の実践~ というテーマで、ご報告いただきました。
ファイル 1520-1.jpg
永井さんは、経営者として25年、同友会運動に学び始めてから22年となり、同友会内では、経営労働委員長、大津支部長、共育委員長を歴任し、自らの企業の経営指針づくりから社員共育、新卒の採用から障害者雇用まで行えるように同友会運動と共に成長・変革させて来られました。
ファイル 1520-2.jpg
企業発展の源泉は、「経営者と社員とのより良い関係」にある。ひとり一人の社員が〝輝き〟違いを認め合いながら全社員一丸となれる『企業づくり』をめざしていくために、経営者はどのように変わらないといけないのか、社員「共育」は何を目的にどのように取り組むのかを、経営者と社員との信頼関係、社員同士の信頼関係づくりに熱心に取り組まれる永井さんの具体的な実践から学びました。
ファイル 1520-3.jpg
ファイル 1520-4.jpg
ファイル 1520-5.jpg

下請加工業からメーカーへ~第2創業の経験・教訓に学ぶ 北近江支部9月例会~

同友会北近江支部 9月例会
日 時:9月25日(金)18:30~21:00
報告者:近江化成工業(株)代表取締役 小林 清 氏
テーマ「未来は自分たちでつくる!~町工場のチャレンジ「経営指針を創る会」のススメ~」
司会
参加者 35名

○青柳副支部長挨拶
 ラグビーが、監督が指示を出さず、選手が決めていく。逆転トライ。
 会社や組織も、社員の自主性を高めることが大事。
○新会員紹介
 有田之彦(ありた のぶひこ)氏 (有)中技術学 代表取締役
○例会ゲスト紹介
 荒木宏治氏 荒木電子工業(株)
 荒木孝志氏 荒木電子工業(株)
 磯嶋裕之氏 (株)ファイバー
 岩崎健次郎氏 ソニー生命保険株式会社
 中村弘一氏 合同会社トレスバイオ技研
 酒井有紀氏 合同会社トレスバイオ技研
 吉田道明氏 吉田農園
ファイル 1486-1.jpg
○小林社長の話(概要と感想)
 「僕の前には、道がない。僕の後ろに道ができる」が信条。
 小林社長のコミカルかつテンポの良いご報告に皆、時を忘れ聴き惚れた。
 紆余曲折ありながらも、夢を実現していく行動力と計画力が特筆される。
 鉄ヲタ(時刻表が唯一の愛読書だった)の経験が海外への夢となり実際に海外勤務を実現された。業種や立場が変わっても「夢」は繋がりを持ち続け、必然と小林社長の前に現れる。そしてその可能性を得意のマーケティングで高めて行く。巡り来るチャンスを逃さず、表面だけでは見えない可能性をしっかりと見つけ出すための努力。こういう行動が本来すべき「経営者の努力」なのだろう。また、すべてに楽しみをしっかりと見つけていることが、維持する力となっていると感じた。
 様々な情報交換やメンターを持つことの大事さを聞く。
 本来であれば、恥ずかしく失敗談と語られるケースも有り得る「16歳の音楽配信事業」についても、遡り何が不足して、何が多すぎたのか?を分析。過去から学べること・・経験を活かすこと。当たり前のようだが、できていないことに気づきを得た。
ファイル 1486-2.jpg
 第二創業期に取り組んでおいて本当によかった、3つのポイントは

1.会社資産の棚卸
2.助成金申請
3.経営指針を創る会
 このことを通じて自分たちの強みを未来形で考える。到達すべき一里塚(マイルストン)に、時間軸と具体的アクションプランを貼り付ける。投資は2年後にありたい姿をベースに行う。新規事業は、リーダーの率先垂範あるのみという教訓を確立する。
 事業継承では、数多の経営者が悩む「資産の引き継ぎ」も、「何を残して、何をやらないか?」を先代社長(父親)と向き合い、ごまかすこと無く直視して未来を考えて行かれた。
 助成金を獲得することで、冷静に自社の事業を見つめ、外部発信する方法を学び、計画を数字化出来た。
 経営指針を創る会では外資系企業での勤務で効率一辺倒に染まっていた心を、人間尊重経営へと価値観を大きく変えることが出来た。
ファイル 1486-3.jpg
ネットビジネスでメーカーへ

中小企業にとって
1.薄利多売を止め、価値観の違うお客様を追ない。やらない事を決める!
2.チャンピオン商品を打ち出す(オンリーワンに特化。チャンピオン以外はおまけ)
3.メーカー、オリジナルに拘る(直接販売、ビジネスを自分の意志でコントロールする)
4.お困りごとに焦点をあてる(シニア犬向け商品の開発)

最後に、小林社長の真骨頂である「マーケティング理論」は垂涎。
 わかりやすく、翌日からすぐに行動に移せそうなケースをたくさん紹介してもらえた。3日週月の法則(お客様は購入した商品を⇒3日で冷める、3週間で当たり前、3ヶ月で買ったことすら忘れる)のごとく、この文章が学びと実践を継続するお役にたてば幸いである。
ファイル 1486-4.jpg
○グループ討論
「あなたの会社の未来づくりは明確ですか?」
 小林社長のように3年後、5年後をしっかり語れる人が少ないように思う。ぼやけたビジョンや今の延長線上は語られるが「こうなるだろう」であった。「こうなりたい」と語る方は、経営指針を創る会卒業生に多く、創る会への参加と指針書の重要性を感じ取れるグループ討論になった。

○第26回滋賀県経営研究会の案内
 大津支部と高島ブロックの3名様から、ご案内がありました。人を生かす経営実践のお話が聞けるとのこと。多数参加をいたしましょう。
案内詳細⇒http://www.shiga.doyu.jp/cgi-bin/info_reikai/webdir/351.html
ファイル 1486-5.jpg
○懇親会(然や)
 例会終了後、報告者を交えて懇親会を行い、とても盛り上がりました。
(山崎記)

北近江支部8月例会で、社員共育の実践と「TTP」の姿勢を学びました。

滋賀県中小企業家同友会・8月例会ご報告

 北近江支部例会が8月21日(金)18時30分より21時まで北ビワコホテルグラツィエにおいて開催されました。
 報告者は ㈱エフアイ 代表取締役社長 北野裕子氏(滋賀同友会湖南支部長)。「同友会の学びを経営に活かす!~社員の幸せを考えた経営実践~」をテーマにご報告頂きました。
 当日は、会員企業より21名、会員外よりゲスト2名、事務局1名の計24名の参加者がありました。
ファイル 1476-1.jpg
 北野氏は、父親が経営する写真のプリント会社に入社。デジタルカメラの普及により年々売上が落ちていく中、カーブスの経営に取り組まれます。1年に1店舗を目標に6年で6店舗まで増やされましたが、1店舗目で多くの課題にぶつかり、人材の共育こそが一番重要であると再認識されました。
 そこで、共育の取り組みとして、社内で経営計画の発表会を合宿で開催。BBQ大会、球技大会など多くの催しを実施。社員がリーダーになる機会をたくさん作ることで、一体感のある組織づくりに取り組んでいます。
また、外部の勉強会も積極的に活用されています。同友会の新入社員合同入社式や新入社員・新人(しんじん)社員研修、中堅幹部研修などは中小企業が1社では出来ないことを共同で取り組んでいて、とても役に立つと強調。
ファイル 1476-2.jpg
 その他、朝礼のコンテストや「びわ湖チャリティー100km歩行大会」の事務局を努め、社員もたくさん参加することで感動を共有しています。
 お話しの中で、社長命令で年に1度は「両親にプレゼントをしなくてはいけない」とう社内ルールは、とても興味深くお聴きしました。
そして私が初めて耳にしたのが「TTP」(徹底的にパクル)。報告でお聴きする多くの学び、気付き。その場で終わらせる事なく、「TTP」していきたいと思いました。
ファイル 1476-3.jpg
 グループ討論では「あなたが良い会社を目指す為に行っている(これから行いたい)社員共育はなんですか?」について活発な意見交換が行われました。
 その後の懇親会には報告者の北野氏にも御参加いただき、「びわ湖チャリティー100km歩行大会」に北近江から3名の会員が急遽出場を決断するなど、大変盛り上がりました。
ファイル 1476-4.jpg
記・川﨑

恒例の北近江支部納涼運営委員会!良い会社をめざす仲間へと決意を固めました。

滋賀県中小企業家同友会北近江支部は8月7日(金)に毎年恒例の納涼バーベキューをグラツエで開催し15名が参加をいたしました。
ファイル 1484-1.jpg
北近江支部運営委員会は長浜・彦根・米原地域で同友会運動を展開する北近江支部活動を推進する核であると共に、国民や地域と共に歩む、人を生かす経営を実践する主体の役割があります。そのためには、運営委員会がお互いを良く知り合い、学び合う土壌を作ることが大切であり、その為に交流の場を開催しています。
ファイル 1484-2.jpg
今年も、グラツエ様のバーベキューをいただきながら、冷えたビールで暑気を払い、大いに仲良く語り合いました。

わたしも運営委員会に入って、素敵な仲間をつくりたい!とお考えの同友会メンバー様は、水野支部長他現在の運営委員メンバーに志願して下さい!お待ちをしております。

ファイル 1484-3.jpg

ページ移動