リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 経営労働委員会

第37期経営指針を創る会が終了しました。

第37期経営指針(以下、「創る会」という。)を創る会第6講が3月5日(土)ラフォーレ琵琶湖で開催されました。本講では、半年間経営者として自らに向かい合いまとめ上げた「経営指針書」の発表を終えました。
ファイル 1577-1.jpg
 今回の創る会は、OB団が定着してきている反面、当初9名の申し込みがありましたが修了証を受け取られたのは4名となり全員が修了証を受け取ることが出来ず残念な結果となりました。
 経営労働委員会ではこの点を踏まえ、創る会の内容や補講の在り方の見直しが必要です。とりわけ、第1講での「創る会受講の目的」については受講生一人ひとりの受講の目的を深掘りするとともに終了時の自己像をイメージできる事が必要であると思います。

 第6講では、受講生の「経営指針書」の発表に加え、株式会社 ジョーニシの中野氏より「指針経営」の実践が発表されました。
ファイル 1577-2.jpg
 同友会がめざす「人を生かす経営」は、企業が行う経済活動の目的が利益の最大化の中で歴史的な大実験であると言えます。だからこそ自社の「固有のお役立ち」を明らかにするとともに、経営に力強い「志」が求められます。それが「経営理念」であり「理念の実現に向けての指針経営」です。
 修了証はそのスタートを意味します。
 そういう意味で「創る会」は、同友会運動への前進にとって根幹をなすものであると言えます。
ファイル 1577-3.jpg
 経営労働委員会では、次回第38期創る会は、今回の総括をしっかりと行い受講生全員が修了証を受け取れるよう内容の見直しとともに、OB団の定着に併せて受講生の枠を拡大し同友会の前進につながるよう検討していきたいと思います。

修了証授与にThe Do - Yuが花を添えました
 第6講終了後に恒例となった親睦会が開催されました。親睦会では受講生、OB団が半年間を振り返り親睦を深めました。
 また、こちらも恒例になったThe Do - Yuの演奏が花を添えました。
ファイル 1577-4.jpg
 受講生の皆さん、OB団の皆さん 半年間本当にご苦労様でした。
S.T


 

経営指針を創る会第5講が開催されました

2月13日(土)同友会事務局にてインフルエンザが猛威を振るう中、第37期経営指針を創る会第5講を開催致しました。第5講は、一通りの経営指針書の完成形を発表するのが中心ですが、テーマ勉強会からのスタートです。
テーマ勉強会は『労使見解の言う人間尊重経営とは』と題して、宮川バネ工業株式会社 代表取締役会長 宮川卓也氏からの講義です。
ファイル 1562-1.jpg
最初に【理念の恐ろしい話】と題してワタミグループのスローガンやミッションを読み取り、何故ワタミグループがブラック化したのかを考察しました。
次に『人を生かす経営』から『個人を生かす経営』へと題し、《生かす》の意味から教えて頂きました。常用漢字には『活かす』という表記はないそうです。経営指針の成文化に当たっては、言葉や文字 ひとつ一つに大きな意味があり、大切にしなければなりません。
ファイル 1562-2.jpg
この上で『生かす』いうことは、どうゆう事かを、受講生・OB団を巻き込みながら講義が進められました。
 次に『社員は大切なパートナー』の意味について分かり易く説明頂きました。社員は経営者をパートナーにしたいと考えているのでしょうか?人間尊重経営とは、『社員がパートナーとしたいと思える自分を経営者が目指すこと』つまり、自分を大切にすることであると講義を締められました。
 分科会は、3名・2名の2班に分かれて開かれました。
前回のプレゼンテーションで、第5講の重要ポイントにしていた『経営指針作成に当たって』が未記入の方があったり、思いが伝わない体裁の良い文章でまとめられていたり、OB団からは、これまでの分科会で話された各位の熱い思いをもっと、もっと書き出して頂くようアドバイスをさせて頂きました。
ファイル 1562-3.jpg
 次回はいよいよ第6講 最終講です。受講生の皆さん!最後まで頑張って下さい!
指針経営のスタートラインが見えてきました!
最近創る会にご無沙汰なOB団の皆さま、3月5日(土)ラフォーレでの開催です。
是非ご参加下さい。


K.T

37期創る会 第4講「SWOT分析から、中期経営方針(戦略)を立案する」

第37期経営指針を創る会 第4講

2016年1月18日(土)午前10時より同友会事務局及び京都エレベータ滋賀営業所会議室にて開催され、24名が参加しました。

第4講創る会はテーマ勉強会からスタートです。タマキ社労士事務所の玉置泰弘氏から
「労使見解に基づく労務管理」についてご講演いただきました。第三講まで、自分と向き合う、自社を見つめ直す時間が多かった創る会ですが、第4講では、従業員さんと自分、従業員さんと会社の関わりについて講演いただき、理念に基づく労務管理の重要性、従業員さんの幸せについて考えるきっかけをいただける時間でした。
ファイル 1549-1.jpg
班に分かれての分科会では、受講生のみなさんに今回の課題「3カ年経営方針検討シート・財務分析、3カ年利益計画表」を発表していただいた後、OB団の質問に答えていただきました。
 過去3年の財務分析、そしてこれから3年後の事業目標に向けた利益計画を含め現実味のある計画書作成段階に入ってきました。
ファイル 1549-2.jpg

第4講の最後には、㈲ワークロードの川崎博治氏より、次回課題「経営指針書作成にあたって・単年度経営計画」の解説をご講演いただきました。いよいよ経営指針書の書式に書き込む段階を迎えました。従業員さんの前で発表する事をふまえて、ありのままに自分の言葉で書くことなど、㈲ワークロードの指針書を見本にしながらアドバイスをいただきました。

次回第5講は、指針書最終段段階に入ります。

受講生のみなさん。
「がんばって!」
ファイル 1549-3.jpg
記 川崎 睦

株式会社金壽堂様の企業訪問行いました

12月21日(月)「第37期経営指針を創る会」受講中の株式会社金壽堂様の企業訪問に参加させて頂きました。
ファイル 1539-1.jpg
 今まで数々の会社見学に参加させて頂いて参りましたが、今回の見学、驚きと感動の連続であっと言う間に3時間が過ぎてしまいました。
 
 歴史を感じさせる工場の横には文化財に指定されていても不思議ではない「洋館」が併設されており歴史と共に歩んできた鋳物師の当時の生活がしのばれます。
 ファイル 1539-2.jpg
  ファイル 1539-3.jpg
黄地社長に会社内を丁寧にご説明頂きました。社内には不思議なものばかり、同じ製品・機械が並んでいる一般的な工場ではなく、一つ一つを手作りしている職人の技術・伝統を感じ取る工場でした。

本日「鋳込み」を予定している梵鐘の鋳型を前に、黄地社長がお経を上げられています。これから始まる火入れに我々も緊張が高まります。
ファイル 1539-4.jpg
 溶鉱炉の温度が1300度に達するといよいよ「鋳込み」です。黄地社長がお酒で鋳型を清めた後、鋳物師の皆さんが鋳型に向かい「合唱」緊張の瞬間です。
炉から運び1000度まで冷えた銅を一気に鋳型に流し込みます。
これから朝までゆっくり冷えるのを待ち、明日は鋳型を外し土でつくられた型を壊し梵鐘を取り出すとの事でした。
ファイル 1539-5.jpg
 今回の見学を終え参加者全員が「良いもの見せてもろた。」と言って帰路に付きました。私は鋳物製造工程を見たのが初めてで大変勉強になりました。と同時に日本の梵鐘づくりがこの滋賀の地で脈々と引き継がれている事に感動しました。
 お忙しい中、黄地社長にはご対応頂きました事感謝申し上げます。
そして興奮して写真を撮り続けクライマックス「鋳込み」でカメラのバッテリー切れにて写真が取れなくなった私に画像を提供して下さった田井様。有難うございました。

川崎 睦

第37期経営指針を創る会 第3講「自社の歴史に学び、外部、内部環境の分析をする」開催しました

 37期経営指針を創る会 第3講が同友会事務局 及び京都エレベーター滋賀営業所会議室にて開催され、23名が参加しました。
ファイル 1548-1.jpg
 第3講のテーマは、「自社の歴史に学び、外部、内部環境の分析をする」です。
 受講生より提出された課題、SWOT分析表及び、現在と5年後の動向分析など、各班に分かれて議論しました。
 掲げた経営理念から方針を作成するにあたり、わが社はどの土俵で生きていくか、つまり事業ドメインを設定する重要な議論でした。
ファイル 1548-2.jpg
 自社の強みやなぜお客様はいま自社を支持して頂けるのか。人もの金、情報、また歴史や立地など様々な角度から検討しました。
 もちろん、事業ドメインを定義してしまうのは勇気がいりますが、理念の実現と同時にあらゆる可能性を検討しながら方針作成となるベースを作り上げられました。
ファイル 1548-3.jpg
 班による分科会終了後、第4講課題のプレゼン等が行われました。

経営指針を創る会 第2講開催しました!

11月21(土)午前10時より、秋晴れの心地よい天候の下、滋賀県中小企業家同友会事務局にて、「第37期経営指針を創る会」第2講が開催されました。6名の受講生と20名のOB団が参加しました。
ファイル 1531-1.jpg
第二講のカリキュラムとして、まず「経営理念検討シートⅡ」の報告と議論を行いました。そして第3講に向けて、「わが社の略年史」シートの解説と「自社事業分析」シート作成のためのSWOT分析の手法を、ワークショップを通じて学びました。
更に、テーマ勉強会としてe.doyu内の「企業変革支援プログラム」の活用についての講義が行われました。
ファイル 1531-2.jpg

経営理念検討シートⅡの報告は3つの班に別れて行われましたが、この第2講は各班2名ずつと、想定より1名少ない人数で行われたため、時間をかけた濃密な議論が交わされました。それでもまだ足りなかったのか、昼食の時間まで熱く議論を交わしている姿も見られ、受講生とOB団の経営指針創りに対する情熱を非常に強く感じました。各支部で第二講のフォローアップとして予備校を開催しよう、との声も上がっており、指針創りの輪が広がっています。
ファイル 1531-3.jpg
テーマ勉強会では第37期からの新しい試みとして、e.doyu内の企業変革支援プログラムを利用して自社の現状と成長を客観的、継続的に把握しようという講義がされました。
ファイル 1531-4.jpg
創る会で指針を創っただけで終わってしまわないように、継続性のあるプログラムの必要性は以前から議論に上がっていました。企業変革支援プログラムの利用は、その課題に繋がる重要な試みです。講師の服部委員長のお話にもあったように、受講生だけでなくOB団も、このプログラムを積極的に利用し経営指針の見直しとその実践に活用することで、滋賀の同友会運動もさらに層の厚い、質の高いものになるのではないかと感じられました。
ファイル 1531-5.jpg

「滋賀でいちばん大切にしたい会社」を目指す社員共育ツール「月刊共育ち」のご案内

 滋賀県中小企業家同友会では会員企業が社員共育に取り組み、「滋賀でいちばん大切にしたい会社」を目指していただくための共育ツールを普及しています。
 その名も「月刊共育ち」。
 毎月1回発行され、社内で同友会での学び合い活動の特徴である「グループ討論」を行い、仕事や社会での諸課題に対して一人ひとりが見解を持つ力を養っていくものです。
 この「月刊共育ち」を多くの会員企業が活用され、社員との共育ちの輪が広がり、「滋賀でいちばん大切にしたい会社」が地域の多数派になることを願っています。

○「滋賀でいちばん大切にしたい会社」の説明
ファイル 1516-1.jpg
 ファイル 1516-2.jpg

○「月刊共育ち」のお申込み
ファイル 1516-3.jpg
 ファイル 1516-4.jpg

○「月刊共育ち」の見本
ファイル 1516-5.pdf

第37期経営指針を創る会 第一講が開催されました。

10月2日(金)~3日(土)の2日間にわたり、守山市今浜町にあります「ホテルラフォーレ琵琶湖」にて、受講生8名、OB団23名参加のもと、第37期経営指針を創る会第1講が開催されました。
第1講のテーマは、「『労使見解』を学ぶ」「経営理念の意味と必要性を学ぶ」です。

 開会にあたり、服部経営労働委員長より挨拶がり、その後経営理念検討シートに基づいた討論を通して、自身・自社を見つめ直し経営理念を考えていきました。
ファイル 1506-1.jpg
テーマ勉強会(1)「労使見解の精神とは?労使見解を指針作りに生かす」
経営理念、経営指針を創る上で「労使見解」は非常に重要な要素です。わかっているつもりでもつかめていないのが社員の本当の気持ち。社員との関係が会社の発展に重要な要諦になっていることをあらためて学びました。
ファイル 1506-2.jpg
テーマ勉強会(2)「経営者の責務~地域社会や地球環境はなぜ必要か~」
中小企業にとって「地球環境」というテーマはしっくりこない経営者は少なくないのではないでしょうか? ところが「エネルギー問題」「公害問題」をはじめとする『環境問題』は人類の歴史に必ずつきまとってきた課題です。これと向き合わずとも会社の存続ができる、という時代ではないのだということを痛切に学びました。
ファイル 1506-3.jpg
今期の創る会第1講では「夜学」を行いました。
夜学は、各班の交流部屋で受講生一人ひとりに「自己紹介~生い立ちから現在まで」「これまでのターニングポイント」などについて45分づつお話いただきました。討論形式ではなく、OBは聴く(傾聴)ことと共感することに終始しました。
ファイル 1506-4.jpg
開始が20時45分から、終了が23時という、大変疲れた1日の締めくくりとしてははなはだハードなスケジュールではありましたが、表面上ではなかなか知り得ない受講生の皆さんの人となりがうかがえた機会となりました。と同時に受講生ご自身もあえて自ら話すことの中で何らかの気づきに出会えたかもしれません。

2日目は、前日の緊張もだいぶ取れてきた中で、経営理念検討シートの再検討を行い経営理念をさらに練って深めていく場となりました。
ファイル 1506-5.jpg
1泊2日の長時間にわたり、自分と自社の、過去・現在・未来の姿と真剣に向かい合えた貴重な時間だったと思います。

K.K

第37期経営指針を創る会 オリエンテーション開催しました

平成27年9月4日(金)「第37期経営指針を創る会」のオリエンテーションを開催致しました。

 今期は、9名の方に受講して頂くこととなり、オリエンテーションには、そのうち8名の方とOB団14名にご参加頂きました。
ファイル 1492-1.jpg
 まず、廣瀬専務より、「志の高い経営者集団 同友会とは」というテーマで、同友会の歴史、理念・労使見解に基づく指針経営の重要性についてのご講義を頂き、続いて、服部経営労働委員長より、「人を活かす経営と経営指針を創る会」というテーマで、これから作成する「経営指針書」の体系、そして同友会の経営指針を創る会とはどんなものなのか、ということをお話しいただきました。
ファイル 1492-2.jpg
 その後、経営指針を創る会のOBでもある、経営労働委員の今中委員、川崎睦委員、田井委員より、10月2日、3日に行われる第1講の課題についてのプレゼンテーションが行われました。
 課題のプレゼンテーションでは、担当した委員が自身が経営指針を創る会を受講した当時の経験を踏まえ、また、経営指針を創る会を受講する前と受講した後でどのように自分自身が変化したか、などを交えてお話しいただき、37期の受講生の皆さんも熱心に聞き入っておられました。
ファイル 1492-3.jpg
 オリエンテーションを終え、いよいよ第37期が本格的にスタートします。37期の受講生の方々が、これからの半年間、いろいろと悩んだり、壁にぶち当たったりすることもあるかもしれませんが、経営労働委員会を始め、全てのOB団も全力で取り組みますので、楽しく、時には厳しく、素晴らしい第37期経営指針を創る会にしていきましょう。

2015経営労働問題全国交流会in鳥取

8月20日(木)13時~21日(金)、鳥取県米子市の米子コンベンションホールをメイン会場として、「2015経営労働問題全国交流会in鳥取」が開催れました。
この交流会は、1984年より「中小企業労使問題全国交流会」として毎年開催されてきましたが、2006年より「経営指針成文化運動交流会」と合流し、現在の交流会となり、2年に一回開催されいます。
 滋賀からは、2名が参加しました。全体会では、中同協経営労働委員長の中山秀敬氏より問題提起があり、2015年は労使見解発表後、40周年を迎えるにあたり、労使見解発表にわたる経緯を報告されました。
 労使見解は、中小企業家同友会の設立趣旨に絡み、また1950年後半より激化した労使紛争の解決のための議論、労使のあるべき姿を中小企業家同友会の先輩諸氏の労働者との対話実践からまとめた声明であることなどが報告されました。
ファイル 1489-1.jpg
しかし、内容をより理解するには、歴史的な流れやその時代の背景を学ぶことが大切であること、実践的に労使との対話、信頼関係づくりにおいて、労使見解が示す「経営者の責任」を自覚すること、社員を信頼し、最も信頼できるパートナーとして接するること、対話には言い訳や理由でなく、未来に対して企業のあるべき姿、方向性、具体的な取り組み(経営指針書)を示しながら行うことなどが確認されました。
その後、「労使見解の実践と普及」、「経営指針成文化・実践運動の推進」、「企業変革支援プログラムの活用と普及」、「労働環境整備」の4つのテーマで分科会が開催されました。
経営労働委員会が担当する4部門を全国の参加者から実践課題や今後の方向性などが議論されました。
ファイル 1489-2.jpg
 2日目は、呉学殊氏(独立行政法人労働政策研究・研修機構主任研究員)より「社員と共に、地域とともに~「労使見解)実践への期待~をテーマに講演があり、労使見解実践を全国の中小企業を調査し、その分析から「資本主義、民主主義」の実践が企業内で機能している状態が重要であり、経営者を中心としたピラミッド組織と雇用契約上の労使対等のバランスが必要であり、組織運営上最も有効な形態であることが報告され、労使見解の実践が調査の中からより有効であることが報告されました。
また、労使コミュニケーションの完成度(社長の決断、経営情報の完全公開、権限移譲、相互尊重、相互信頼)は、企業評価のスコアリングには表れてこないものの、最も重要な経営資源であること等が報告されました。
ファイル 1489-3.jpg

 2016年は、経営労働委員会、社員教育委員会、共同求人委員会、障がい者問題委員会の4委員会合同の「人を生かす経営全国交流会」として開催される予定です

ページ移動