リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ

2015年度 支援の軸を定める連続研修会の第3講「事業所の将来像と自らの事業所でのあり方を検討」

第3講報告書

1月15日(金)13:30~17:00、コミュニティセンター野洲にて、滋賀県中小企業家同友会ユニバーサル委員会、ならびに滋賀県社会就労事業振興センター共催 2015年度 支援の軸を定める連続研修会の第3講が開催されました。今回は、講師陣として6名、受講生3名が参加しました。
今回は、第1講で検討した「私の価値観、私の働きがい」、第2講で検討した「事業所の存在意義、強みと弱み」を改めて振り返りつつ、事業所の将来像と自らの事業所でのあり方を検討しました。検討に当たっては、事業所全体から携わるビジョンを確認し自らが事業所に対して果たす役割を明確にしつつ、事業所にて自らがどのような役割を果たしていくのかが検討されました。
ファイル 1555-1.jpg
今回第3講目ということもあり、参加者の中には「事業所が社会の中で果たす役割」を明確にしつつ現時点で自分ができること、今後していかなければならないことを整理・報告した方もおられました。
講師陣からも、「福祉事業は障害のある方に対して支援を行っているように思えるが、社会に支援が充実するにしたがってよりノーマライゼーションからは遠ざかる」といった指摘や、「工賃向上が目的、果たしていきたい役割と考えているが、障害のある方が受け取る工賃が向上した場合、障害のある方はどのようになるのか?」といった意見交換も行われました。
参加者の感想からは、「工賃向上という切り口から『目的と目標、手段』の違いを改めて感じることができました」、「障害のある方の将来を考える際に、事業所と私が果たす役割について、改めて今回までの課題を再度確認したいと思います」といったコメントが見られました。

 次回は2月12日(金)コミュニティセンターやすにて開催されます。最終稿となり、各々が作成した「私の指針所」の発表と内容の検討、決意表明が行われます。


文責:朽木

びわ湖かがやきカンパニーvol.55 株式会社 中山スポーツ

びわ湖かがやきカンパニーvol.55 株式会社 中山スポーツ

株式会社中山スポーツは、大津でスポーツ店を営み45年。時代が求めるニーズに対応し、小規模店舗ならではの専門性を活かし、きめ細やかなサービスとスポーツコミュニティの推進で固定客を増やしています。代表取締役の中山 博識さんを訪ねました。(取材/11月27日)
ファイル 1552-1.jpg
ファイル 1552-2.jpg
ファイル 1552-3.pdf

まるでオーダーメイド。
ジャストフィットの
ウォーキングシューズを提供

 平日でも次から次へとお客さまが来られますね。特にご年配者が多いようですが。

中山 近年は健康志向の高まりによって、ウォーキングやグラウンドゴルフ人口の増加など、スポーツを楽しむ人たちの年齢層が上がってきています。
 大津は湖岸の遊歩道が整備され、ウォーキングに適した環境が整っています。当店は〝ウォーキング専門ショップ〞として数年前より力を入れ、お一人おひとりに合ったウォーキングシューズ選びをサポートし、その人に合った最適な靴を提供しています。
 ご来店いただきましたら、まずはカウンセリング。その後は詳しいサイズ測定を行い、お客さまの特性や用途に合った靴をじっくりお選びします。抜群のフィット感と快適性を実感していただくためには、足裏の形に合わせた中敷きの製作も積極的におすすめしています。お客さま仕様になった靴を履いていただき、実際の歩き方までしっかりとご説明しています。だいたいすべてを1日で行うため、お一人にかける時間は平均して1時間はかかります。当店のサービスや履き心地にご満足いただいたお客さまは、遠方でもリピーターとなって何度も足を運んでくだ
さっています。

正しい靴選びは、健康増進に直結。

 接客されていて感じておられることとは。

中山 皆さんだいたいご自分が思っておられるより、実際はワンサイズ小さいです。既製品を履くには少し大きい方が脱ぎ履きしやすいからです。若いうちはデザインやブランドが優先であっても何の不都合もない
でしょう。しかし年齢を重ね、さまざまな不調が出やすくなる60代くらいの方々は、その誤差が大きな問題になることもあります。
 「外反母趾がつらくて、合う靴が見つからない」、「膝が痛くて病院に通っているけど治らない」という方が来られ、当店でしっかり測定し、かかとに合わせてホールドするジャストフィットの靴を履いていただくと、「症状が改善された」といううれしいお言葉を聞くことがあります。医者ではないので、治療をしているわけではありませんが、このようなお声から、本当にフィットした靴で歩くということが、いかに生活を快適にし、健康増進につながっているかということを再認識しま
す。

大型店の台頭、価格競争。
スポーツ店の存在価値の低下

 県内では大型店が多数進出しています。これまでと現在の経営状況とは。

中山 45年前に父が大津で創業し、体育館の備品やスポーツ用品、学校の体操服やクラブ活動のユニフォームなどを取り扱い、まちのスポーツ店として地域に親しまれてきました。現在も入札に参加し、20校ほどの体操服等を取り扱っています。
 しかし近年は全国的に大型量販店やアウトレットショップが台頭し、さらにはネット通販の普及などにより、スポーツグッズのディスカウント商戦が繰り広げられ、熾烈な価格競争に陥っています。総じて小規模店は厳しい経営状況に立たされていると言わざるをえません。
 当店でもこの本店のほかに5年前から浜大津に出店していましたが、経営効率を見直して本店に統合し、今年の11月にリニューアルしたばかりです。

スポーツ店は健康産業
専門分野で活路を見出す

中山 欧米では、野球、テニス、バドミントンなどそれぞれのスポーツに特化した専門店があり、スポーツ選手と専門店の提携が選手のパフォーマンス向上に役立っています。
 日本の小規模店舗も、強みのある専門分野で、存在価値を示していくことが今後の道ではないでしょうか。当店が10年ほど前から県内随一の〝ウォーキング専門ショップ〞を目指してきたこともその一環です。
 浜大津店では、ポールを持って歩くノルディックウォーキングの指導員としてウォーキングイベントを開催していました。スポーツショップという枠にとどまらず、「健歩ファクトリー」として、さまざまな団体との提携も視野に地域の皆さまが元気に楽しく歩くためのスポーツコミュニティの仕掛け人として、今後も活動を広げていきたいと思っています。

株式会社 中山スポーツ
大津市千町1丁目25-25 なかやまビル1F
TEL 077-534-2525
http://www.nakaspo.com/

顧客・地域から愛され、貢献し続ける経営実践から学びました~北近江支部12月例会~

滋賀県中小企業家同友会北近江支部12月例会のご報告

と き:12月21日(月)18:30~21:00
ところ:北ビワコホテルグラツィエ
報告テーマ:お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して~行政、全国の同業者も注目!~
報告者:株式会社レークケア 代表取締役 西村 雄一 氏
参加者:23人

ファイル 1542-1.jpg
 北近江支部12月例会では、株式会社レークケア 代表取締役西村 雄一様に「お客様とともに歩む「地域見守りネットワーク」を目指して」というテーマでご報告いただきました。
 報告は、まず西村さんの自己紹介から始まりました。
 今から14~15年前、当時勤務されていた㈱レークメディカルの藤岡社長と西村さんがお話された時、「甲賀地域に医療モールを作りたい」地域の人が住み慣れた場所で健康に暮らせるようにしたい」と強い思いを持ちます。
ファイル 1542-2.jpg
 西村さんは、その思いを実現するために㈱レークケアを2013年に設立されました。
 現在は、薬局3店舗を経営され、昨年には、通所介護「懐かし処いろり家」を開設され、将来的にはグループホームやサービス付高齢者住宅、また配置薬の認可も取得し、着実に「地域見守りネットワーク」を実現されています。
 また、「全国実力薬局100選」を3年連続で受賞され、薬局内では60ものカルチャー教室を開催し、夏祭りやグランドゴルフ、お客様との国内外旅行など。薬局の領域を超え、地域に根差した事業、社会貢献を従業員のみなさんとともに実践されています。
 西村さんは、医療モール構築にあたり、様々な機関、企業を誘致されていますが、自ら行動され、時には地域の皆さんのことを考えるあまりに、熱くなりすぎて相手の方に不愉快な思いをさせてしまったこともあったようです。これも地域と真剣に向き合い、地域の人が安心して暮らせるようにしたいと言う思いがそうさせたのではないかと思います。
 結果として、西村さんの思いが伝わり医療機関や居宅介護支援事業所を誘致されています。
ファイル 1542-3.jpg
 グループ討論では、「あなたの会社にとって地域へのお役立ちは何ですか?」「この先地域の為にできることは?」をテーマに活発な議論が交わされました。経営者は、どちらかと言うと普段は自社の事業の事を考えることが多いかと思いますが、地域について考え、討論できる良い機会だったとの意見もありました。
ファイル 1542-4.jpg
 地域に根差した西村さんの報告は、地域の経営者として、地域の住民として、考えさせられ、参加者のみなさんは多くの気づきが得られたのではないかと思います。(クローバー澤田記)
ファイル 1542-5.jpg

株式会社金壽堂様の企業訪問行いました

12月21日(月)「第37期経営指針を創る会」受講中の株式会社金壽堂様の企業訪問に参加させて頂きました。
ファイル 1539-1.jpg
 今まで数々の会社見学に参加させて頂いて参りましたが、今回の見学、驚きと感動の連続であっと言う間に3時間が過ぎてしまいました。
 
 歴史を感じさせる工場の横には文化財に指定されていても不思議ではない「洋館」が併設されており歴史と共に歩んできた鋳物師の当時の生活がしのばれます。
 ファイル 1539-2.jpg
  ファイル 1539-3.jpg
黄地社長に会社内を丁寧にご説明頂きました。社内には不思議なものばかり、同じ製品・機械が並んでいる一般的な工場ではなく、一つ一つを手作りしている職人の技術・伝統を感じ取る工場でした。

本日「鋳込み」を予定している梵鐘の鋳型を前に、黄地社長がお経を上げられています。これから始まる火入れに我々も緊張が高まります。
ファイル 1539-4.jpg
 溶鉱炉の温度が1300度に達するといよいよ「鋳込み」です。黄地社長がお酒で鋳型を清めた後、鋳物師の皆さんが鋳型に向かい「合唱」緊張の瞬間です。
炉から運び1000度まで冷えた銅を一気に鋳型に流し込みます。
これから朝までゆっくり冷えるのを待ち、明日は鋳型を外し土でつくられた型を壊し梵鐘を取り出すとの事でした。
ファイル 1539-5.jpg
 今回の見学を終え参加者全員が「良いもの見せてもろた。」と言って帰路に付きました。私は鋳物製造工程を見たのが初めてで大変勉強になりました。と同時に日本の梵鐘づくりがこの滋賀の地で脈々と引き継がれている事に感動しました。
 お忙しい中、黄地社長にはご対応頂きました事感謝申し上げます。
そして興奮して写真を撮り続けクライマックス「鋳込み」でカメラのバッテリー切れにて写真が取れなくなった私に画像を提供して下さった田井様。有難うございました。

川崎 睦

大津支部12月望年例会 ~加賀山さんの報告を聞き、明日の経営を語り合う!!~

大津支部12月望年例会が12月16日水曜日の18時からびわ湖花街道で27名の参加者の中行われました。

ファイル 1544-1.jpg

報告者は加賀山 望氏 (安心コンサル㈲ 代表取締役)「なぜ私は指針経営を続けているのか?」~後継者から経営者として新たな展開へ向けて~というテーマで報告していただきました。

ファイル 1544-2.jpg

ファイル 1544-3.jpg

ファイル 1544-4.jpg

講演内容は、加賀山様、また安心コンサルの紹介、そして経営指針を創る会で学んだこと、衝撃を受けたことなどをお話、経営指針経営がもたらせた5つの変化をお話いただきました。
なかでも印象深かったのは、今まで保険販売のみであった事業が、経営指針を創る会で自らの中に落ち込んだ「安心」というキーワードを軸足にすると、保険販売だけでなく、様々な事業が行えるようになり、保険という商材を販売するだけでなく、「安心」を買っていただくという方向にシフト出来たということでした。

報告後は大津支部望年会を行い、参加者の皆さんと明日の経営を語り合いながら、皆様の親睦を深めておられました。

ファイル 1544-5.jpg

記(M,H)

東近江支部 12月例会 「地域から愛される企業づくり」開催しました

12月例会が、12月16日水曜日、18時30分よりホテルニューオウミで開催され、113名が参加しました。

 今回の報告者は、東近江支部会員のJJF社長、志村保秀氏で「営業が苦手なのにお客が増える!~紹介とリピート客が9割!!驚きの経営手法~」をテーマに、笑いあり、涙ありの講演を90分間の講演をいただきました。
ファイル 1545-1.jpg
 
ファイル 1545-2.jpg

ファイル 1545-3.jpg

甲賀支部12月例会 「コンビニエンスファクトリーをめざす」

「コンビニエンスファクトリーをめざす」

 甲賀支部例会が、サントピア水口共同福祉施設、視聴覚室で開催され、会員・社員15名が参加しました。

 報告者は、李川 剛隆氏(㈱八代製作所社長)、「価値あるものを価値あるタイミングでお届けする!!」~ コンビニエンスファクトリーをめざす ~をテーマに経営実践報告をいただきました。

 創業者である父からそろそろ会社に帰ってこないかと言われ、会社を引き継いだのが、バブル崩壊後の製造業にとって大変厳しい中でした。とはいえ受注があったので、そんなに問題はないだろうと思っていましたが、下請け中小企業の典型で苦しい経営状態でした。

 社内の情報や受発注管理を一手に引き受け、会社の近代化に取り組まれます。多くの取引先があり、技術の蓄積を系統的に行い、お客様の細かな要望と納期に応えていくことで信頼と技術で高品質な小ロットのモノづくりで企業イメージを変えてこられました。

 それには、技術・品質管理を維持する社員の方の積極的な働き方でした。李川氏はパート、アルバイトや派遣などを全員正規雇用に切り替え、「家族の生活を一番に考える」と“家族主義”の経営方針に切り替え、定年まで働ける企業づくりでの技術やノウハウの蓄積こそわが社の強みと報告されました。

湖南支部 12月例会開催 三日月知事『すべての人に居場所と出番のある社会の実現に向けて』

湖南支部12月例会は、滋賀県知事 三日月大造様を報告者にお迎えし、BIG例会として開催致し、会員ゲスト他、81名が参加しました。
ファイル 1541-1.jpg
 知事が一団体のそれも支部でご講演頂けるとは、大変光栄なことです。これまでの同友会活動に対してご理解いただき、また周囲の批判の可能性を恐れずご参加頂いたこと、本当にありがとういました。
ファイル 1541-2.jpg
 ご報告は『すべての人に居場所と出番のある社会の実現に向けて』というタイトルです。
人口減少に伴う労働人口の減少は、地域経済に大きな影響を与えるとともに、地域社会の崩壊にもつながりません。
今年度、滋賀県も人口減少に転じます。13の市町村では既に人口減少が進んでいます。
三日月知事は、この人口減少を前向き捉えられ、人口が減少するからこそ、自然豊かな滋賀県の風土を生かす良い機会だと言われます。語弊の無いように、人口減少を望まれているわけではありませんし、少子化対策にも力を入れられています。
人が人として自然長調和して暮らして行ける社会を共に目指して行きたいと思います。

 具体的な施策としては、『人』にフォーカスした内容が中心になります。
 2024年の滋賀国体(彦根をメイン会場)に向け、ハードの整備と共に、様々のスポーツにもファーカスした『人』の育成を目指されています。例会当日もこれまでマイナーとされていすスポーツ選手を県庁に招かれ、メディアにPRされていたとのことです。スポーツと文化で滋賀県をもっと盛り上げて行くとのことです。
ファイル 1541-3.jpg
 働きづらさを抱えた人の働きたいを実現するための施策を5項目挙げられています。
その一つは、女性活躍の推進、一人親家庭の就労支援、若者の就労支援、中高年の就労支援、犯罪歴のある方の就労支援。
女性活躍の推進では『イクボス』制度の活用で企業にも育児への配慮を促す制度が動いています。母家庭の労働世代の就労希望と実就労との乖離が少なくなることを期待しています。専門知識が必要な営業の仕事ですが、当社もそんな方が働ける環境を作っていきたいと思います。

 少年犯罪歴のある子供たちの多くは、家庭環境に問題を多く抱えており、まず『住む所が無い』そして『仕事が無い』だから『出番が無い』。里親の充実や県庁での就労(期間社員)として就労させ、社会と共に生きる力を学ぶ場として提供されています。
ファイル 1541-4.jpg
就労人口の低下の対応としては、働きづらさを抱えた人の活躍が必要です。2019年秋には、働きづらさを抱えた人の就労を考える『全国障がい者問題交流会』を開催致します。
それまでに、三日月知事の重要政策の実現に向け、率先して取り組んで行きたいと思います。

湖南支部 運営委員 ユニバーサル委員会委員長 田井 勝実

来年(2016年度)はインドの視察か!~海外ビジネス研究会忘年会~

 滋賀県中小企業家同友会新産業創造委員会の海外ビジネス研究会が12月14日(月)午後5時から京都先斗町のお食事処「山とみ」で行われ、17人が参加しました。
 小林清会長より「2015年は北京からシベリア鉄道でモンゴルを訪問するという、鉄道マニアの私にとって人生最大の想い出となる研修会を行えました。対年度は記念すべき第5回目のアジア視察研修会を開催することになります。良い年を迎えることができるように、今日は大いに語り合いましょう」と挨拶。
 廣瀬専務理事からは「これまで訪問した国は、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、モンゴルです。訪問を通じてベトナムからの研修生受入が始まり、ミャンマーからも研修生を来年から受け入れることができそうです。また、ミャンマーで耳の不自由な女性の自立支援に乗り出す仲間もでてきました。過去4回の訪問で培った繋がりを、個々の企業や同友会として財産にしてゆきたいものです。知らないことを知り、感じ、学び、グローバルな感性を磨くことが、私たちのテーマ。パッケージ化された海外訪問では学べないローカルの暮らしや情報を掴めるのも、この研究会の活動です。2016年度は第5回めの視察を行うことになります。集大成となる視察研修のご討議を」と問題提起があって意見交換いたしました。
 そして、最終的な方向として、誰もが一度は訪問すべき国として「インド」に照準を合わせて、情報を集めることになりました。
 来年2月には、インド視察情報を集めて研究会を開催し、スケジュール化してゆきます。
ファイル 1538-1.jpg
 このあと、忘年会では鴨川の風景を窓越しに眺めながら、料理とお酒をいただき、良いあんばいのひとときを過ごしました。
ファイル 1538-2.jpg

ファイル 1538-3.jpg 

第37期経営指針を創る会 第3講「自社の歴史に学び、外部、内部環境の分析をする」開催しました

 37期経営指針を創る会 第3講が同友会事務局 及び京都エレベーター滋賀営業所会議室にて開催され、23名が参加しました。
ファイル 1548-1.jpg
 第3講のテーマは、「自社の歴史に学び、外部、内部環境の分析をする」です。
 受講生より提出された課題、SWOT分析表及び、現在と5年後の動向分析など、各班に分かれて議論しました。
 掲げた経営理念から方針を作成するにあたり、わが社はどの土俵で生きていくか、つまり事業ドメインを設定する重要な議論でした。
ファイル 1548-2.jpg
 自社の強みやなぜお客様はいま自社を支持して頂けるのか。人もの金、情報、また歴史や立地など様々な角度から検討しました。
 もちろん、事業ドメインを定義してしまうのは勇気がいりますが、理念の実現と同時にあらゆる可能性を検討しながら方針作成となるベースを作り上げられました。
ファイル 1548-3.jpg
 班による分科会終了後、第4講課題のプレゼン等が行われました。