イメージ画像

経営理念研究所の最新情報

滋賀同友会の最新情報

「経営理念研究所」の開設にあたって

青木画像

中小企業家同友会は、企業経営における明確な経営理念の確立と、その理念を実現するための「中期経営方針(経営戦略)」「経営計画(年度計画)」を総称した「経営指針」の策定および実践を中心課題として、取り組んできました。そのために6カ月にわたる「経営指針を創る会」(創る会)のおよそ年2回開催に継続して取り組んでいます。

滋賀県中小企業家同友会(滋賀同友会)では、「創る会」の開催も既に33期を数え(2013年7月現在)、卒業生は、真剣に「指針経営」の実践に取り組み、目標である「滋賀で一番たいせつにしたい会社」(滋賀いち企業)認定に向けて日々努力を積み重ねています。既に7社が「滋賀いち」認定を受け(2013年7月現在)、さらに高いレベルの会社作りに励んでいます。滋賀同友会では、これまでの「創る会」での論議、300社以上におよぶ「経営指針」作りの実践を通じて蓄積された「経営理念」に関する知見、中小企業らしい「経営戦略」の事例をまとめ、これから「経営理念」「経営指針」を作成しようとする経営者に役立ててもらえるようにするため、今回「経営理念研究所」「経営戦略研究所」を設置することになりました。

私自身、滋賀同友会との10年を超える関わりは「創る会」を中心にあります。地域に根ざした中小企業が力強く存続・発展できるようになることが重要です。そしてそのことが滋賀県という地域社会もよりよいところになっていくことにつながると考えます。こうしたことも踏まえ、「創る会」での真剣な学びと議論から様々なことを集大成し、さらなる滋賀県の中小企業の健全な発展に、当研究所が多少なりとも役立てることができれば大変嬉しいことです。

 会員各位の一層の健闘と、研究へのご協力を心よりお願いいたします。

2013年8月吉日

経営理念研究所 所長

青木雅生

このページの先頭へ