湖南支部 2016方針と総括

1.スローガン

『実効』〜主体的に行動し結果を出す経営者の学びの場とネットワーク作り〜

2.基本方針

①役員会・運営委員会・各委員会を活性化する。
②例会・研究G会・同友会行事・経営指針を創る会の参加者を増やす。
③退会を減らし、入会を増やす仕組みを作り、200名の組織を実現する。

3.活動計画


①役員会・運営委員会・各委員会を活性化する。
1.役員会・運営委員会・各委員会の役割を見直し、共有します。
      ⇒ 委員長会議を年度初めに開き、意見を集約し、実効します。
2.熱い議論が出来る委員会にする。
      ⇒ 事前の議題共有を徹底します。
3.女性・新入運営委員の発想とパワーを活かします。       ⇒ 女性役員(委員長・副委員長)を増やします。

②例会・研究G会・同友会行事の参加者を増やす。
1.既存会員の参加者を増やします。
      ⇒ SNSを使った情報発信、参加が遠のいている方への訪問をします。
2.研究G会の参加者を増やします。
      ⇒ 気軽に参加出来る研究G会にし、ゲストにも気軽に参加頂きます。
3.同友会行事・経営指針を創る会の参加者を増やします。
      ⇒ 運営委員が同友会行事に積極的に参加したくなるよう、働きかけます。

③退会を減らし、入会を増やす仕組みを作り、200名の組織を実現する。
1.組織活性化委員会を中心に、退会を減らす為の活動を行います。
      ⇒ 例会参加0〜1回の休眠会員様への訪問を毎月定期的に行います。
2.例会・研究G会、同友会の魅力をより多く発信します。
      ⇒ 広報委員会を中心に、SNSなどへの情報発信を増やします。
3.知り合いの対象者を例会・研究G会・同友会行事に積極的にお誘いする。
      ⇒ 役員一丸となってゲスト作り、ゲスト満足度アップに努めます。

4)会勢目標

湖南支部 会勢 200名へ


<2年後の湖南支部> 1.会員数200社のビッグ支部が誕生!
2.役員会・運営委員会が活性化している(参加率70%)
3.例会が活性化している、懇親会参加率も大幅アップ(例会参加率40%、懇親会50%)
4.女性会員が増えている(新規5社以上)
5.「滋賀でいちばん大切にしたい会社」に選ばれる企業が増え(2社)、活気ある企業が増える。
研究会がそれぞれ活性化し、同友会の枠を超えて学びの場となっている。(増強の場になる)
会員同士が気軽に相談、助け合う風土が確立されている。


前期の活動報告

1)スローガン
勇気を出してチャレンジ!〜相互理解を深め、熱い議論が出来る、同友会会員の輪を広げよう〜
   → 現状)未達。運営委員会後の懇親会では、内容が深められなかった。
   → 課題)具体的に経営のディスカッションができる場を持つ。
   → 対策)決算書や経営計画を元に議論をする「研究G会」を立ち上げます。(北野主催)


2)基本方針
① 役員会・運営委員会・各委員会を活性化する。
   → 現状)未達。懇親会参加人数も徐々に減り…活性化とは言えない。
   → 課題)何のため運営委員会・役員・委員会活動をするのか…。共通の目的が持てていない。
   → 対策)先ず私自身が活性化する。
        役を受ける事におけるメリット、優先順位を上げて頂けるようお願いします。

  ② 例会・研究G会・同友会行事・経営指針を創る会の参加者を増やす。
   → 現状)例会◯・創る会◯、研究G会☓・同友会行事☓
   → 課題)それぞれの会の魅力が伝えられていない。
   → 対策)例会において会長あいさつなどで、魅力をお伝えする。

  ③ 増強の仕組みを整えて、実増5%の活気ある支部を継続し、来期に繋げる。
   → 現状)△純増はするが、当初の目標に対しては厳しい状態。
   → 課題)退会が多い。
   → 対策)休眠会員様へのご訪問を期首からやり続ける。例会へゲストに参加頂く。


3)指標結果
①入会者数    16名
②退会者数    17名
③増減      ▲1名
④例会参加率   25%
⑤会員参加率 32.1%

このページの先頭へ