甲賀支部 2016方針と総括

1.スローガン

「甲賀らしい!」学びと行動でよりよい会社づくり、地域づくりをめざします。
(地域と共に!夢と理想に向かって課題や悩みを相談、支援しあえる親身な支部づくり)

2.基本方針

①指針経営の実践を推進します。 
②支部を活性化します。
③地域に会員企業各社と同友会をひろめます。

3.活動計画

①指針経営の実践を推進します
・経営指針を創る会の受講2名、OB団参加2名の参加を募ります
  (現在支部会員受講率 19名/52名 36%)
・指針経営実践のために運営委員を中心に県委員会、部会活動への参加を推進します。
   ⇒経営労働委員会 2名、共育委員会 1名 
    ユニバーサル 1名 、青年部 1名
・実践学習会=受講者、受講希望者
   ⇒経営指針を創る会開催月に行う。

②支部を活性化します
・運営委員会の活性化
   ⇒参加率70%と役割を分担して組織運営力を向上します。
   ⇒学習会「同友会運動発展のために」と経営情報交換に役立てます。
・参加したい例会づくり。
   ⇒身近な会員の経営体験報告とグループ討論から成果、悩み、課題解決などを学びます
   ⇒情勢把握や専門知識などの報告から経営力の向上に役立てます。
・他支部会例会や全国行事に参加して実践を学びます。2回/年
   ⇒中同協定時総会(7月in大阪)     5名
・会員相互の交流を促進します。 知り合う
   ⇒交流ランチ1回/毎月 場所巡回 = 会員訪問 3社以上/回 
   ⇒研究会、イベント、スポーツ…  ゴルフ2回/年
・例会への例会参加率   25%以上/毎回
ゲスト参加者  1名以上/毎回
・会員参加率    30%以上
③地域に同友会をひろめます。
・会員の周辺企業に例会や行事などの案内をします。    ⇒未会員企業へ見学会の実施 ⇒例会や行事のお誘いをする⇒入会
・団体や行政、学校や金融機関などとの協力関係をつくります。
   ⇒活動計画…ビジネススタディカフェへの講師協力
     ⇒金融機関支店長の例会報告や、行政や商工団体への表敬訪問・懇談会の実施。
・広報活動
   ⇒例会や行事案内を常に携帯して出会う経営者に見せます=参加お誘い⇒入会(増強)

《指標目標》
会員目標  60名
入会者数  10名
例会参加率 25%
会員参加率 30%

4)会勢目標

会勢目標 60名


前期の活動報告

1.スローガン
「甲賀らしい!」
愛のある支部づくり・企業づくり・地域づくりをめざします。
~知りあい、学びあい、交流しあう~
2.基本方針

①会員相互のつながり強化と一人一人が主人公になります。
②実践する企業づくりへの取り組みを推進します。
③地元に同友会の存在感を高めます。

3.活動計画

①日常的な会員相互の交流を促進します。 
・会員マップを作成し相互の親交、交流に役立てます。
マップ作成5月⇒作成には至りませんでした。
・情報交換会を実施し理解と支援を促進します。⇒交流ランチ1回/月を開催しました
・各委員会への所属と研究会などをつくります。⇒15年度は開催できませんでした。
②企業づくり、仕事づくりを推進します。
・例会は会員の経営実践報告を基本にします。=会員参加率を30%以上にします。
   ⇒他支部会例会や全国大会に参加して実践を学びます。
支部から、障害者問題全国交流会や共同求人交流会に参加しました
・経営指針づくりの推進と実践を支援しあいます。
     ⇒経営指針を創る会、経営労働委員会、共育委員会に参加しました
⇒経営指針を創る会 
37期の受講はありませんでしたが、38期に向けて呼びかけを行いました。
・積極的な経済交流で鍛えあいます。⇒交流ランチや会員訪問でビジネス交流を促しました。
③支部づくり地域づくり
・地域を知る、地域に同友会をPRする見学例会や遠足等を開催します。
⇒15年度は開催できませんでした。
・他団体との交流を積極的に行います。
 ロータアクトクラブのビジネススタディクラスin水口高校、石部高校に参加しました
・運営委員会で学習します。 19:30~20:30「同友会運動の発展のために」の学習会を開催しまし
た。 次年度以降も運営委員の常備書籍にして来期は少人数でも行います。
④組織
2015年度は役割分担を明確にし、支部3役体制を確立します。支部内外に対して支部運営委員が対応できるよう活動します。⇒運営委員会の組織的活動は課題を残しました。

4)会勢目標
①入会者数     2名
②退会者数     6名
③増減   ▲4名
④例会参加率 19.7%
⑤会員参加率 27.5%

このページの先頭へ